いだてんおさらい

いだてん|ラザロの死!四三は悲しみを乗り越えオリンピックは4年後へ!第13話のおさらい

投稿日:2019年3月31日 更新日:

大河ドラマ「いだてん」
第13話「復活」おさらい

この記事では大河ドラマ「いだてん」の第13話「復活」のおさらいと感想を書いています。

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

ラザロの死とオリンピック

大河ドラマ「いだてん」の第13話「復活」どうでしたか?

金栗四三が棄権に至った経緯が明らかになってスッキリする回でしたが、ラザロの死のインパクトが強すぎて(泣)

では、第13話のおさらいと感想です。

 

前回、レース中に行方不明になり、記憶を失くしてしまった金栗四三。

通訳のダニエルと共にコースを歩くと記憶が徐々に蘇ってきます。

結局、四三は17マイル地点、いつも練習で道を間違えていたところで、幼い自分の幻覚を見てコースを離脱。

意識朦朧のまま、ペトレ家のお茶会に乱入して命を助けられていました。

ちなみに、この四三を助けたペトロ家の人々、その後も四三と交流があって、現在でも金栗四三の子孫との絆は続いているそうですよ。

マラソンは残念な結果に終わりましたが、素敵な話だと思います。

やっぱり、スポーツは競技内だけでなく、他でも色んなドラマを生むものなんですね。

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

さて、全てを思い出した金栗四三。

宿舎に戻ると、三島弥彦から驚愕の事実を聞かされます。

それは四三が足袋をプレゼントし、レースではデッドヒートを繰り広げていたポルトガル代表のラザロ選手が亡くなったこと。

四三は17マイル地点でコースを間違えた時、ラザロは必死で「NO!」と正しいコースを示していました。

あんな優しいラザロが亡くなってしまうなんて・・・

四三もあの時、幻覚を見ていなかったら死んでいたのでしょう。

あのコースの間違いが生死を分けることになろうとは。

 

ラザロ選手|いだてん|実在したラザロの死因とは?金栗四三と共に語り継がれる悲劇のランナー
大河ドラマ「いだてん」 フランシスコ・ラザロ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で日本初のオリンピック選手としてストックホルム・オリンピックの

スポンサーリンク

 

 

ラザロの死を聞いて、四三はその方が良かった的な発言をしましたが、弥彦から「死んだらもう走れないんだよ!」とピシャリ。

日本にいた時はただのパーリーピーポーだった弥彦が、オリンピックでホントに大人になっていることにビックリです。

このストックホルムで一番成長したのは明らかに三島弥彦ですよね。

 

一方、監督として責任を感じていた大森兵蔵は病床で失意の内にあった。

そして4年後は自分はこの世にいない的な発言をする。

何もできなかったと自分を責める兵蔵に、嘉納治五郎は「オリンピック式陸上運動競技法」を記したことが一番の遺産だよと言ってくれる。

「遺産」って(笑)

こんなあからさまに死亡フラグ立ちますか?(笑)

完全に治五郎先生、この人死ぬって思って話してますやん。

あ~かわいそう・・・安仁子の寂しそうなまなざしが実に悲しい・・・・

大森兵蔵が残した「50年後の若者のために」の言葉、いまの日本人のスポーツでの躍進はこういう人が地道に積み重ねてきたからあるんですね。

選手だけが日本のスポーツ史を作ってきたわけではないと、兵蔵を見て改めて実感しました。

 

大森兵蔵と大森安仁子のその後とは?

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

さて、その頃日本では美濃部孝蔵(三遊亭朝太)の初高座が近づいていた。

で、孝蔵が何したかったっていうと、清さんからもらったせっかくの着物を質に入れ、晴れの舞台に酒を飲んで上がり、途中でバタリと倒れて噺は終了。

はい。クズです。この人。

正直・・この話どうでもよくね?

清さんなんかは四三とちょっと絡んでましたが、肝心の孝蔵がここまできても四三と絡んでこないので、全く違うドラマを間に差し込まれている感じがする。

落語ファンにはいいかもしれませんが、興味のない人には落語の押し売りって感じがする。

「富久」とか言われても知らんし。

唯一、興味持ったのは美川秀信と小梅がいつのまにかくっついっていたことぐらい。

グダグダの落語パートより、こっちの話の方が気になるわ。

 

美濃部孝蔵(森山未來)とは

橘家円喬(松尾スズキ)とは

清さん(峯田和伸)とは

小梅(橋本愛)とは

美川秀信(勝地涼)とは

 

 

その後、舞台は再びストックホルムへ。

嘉納治五郎はオリンピック初の死者を出したことで4年後の心配をしていたが、IOC総会で「ラザロのためにも4年後もオリンピックを開催する」との決定を聞く。

そして金栗四三はラザロの亡くなった場所に花をたむけ、他国の選手から「4年後に」との再会を約束する言葉を聞く。

ラザロの悲劇がオリンピックをさらに結束の固いものにするという素晴らしい光景には感動しかありません。

志半ばで亡くなったラザロも、きっと天国で微笑んでくれてることでしょう。

で、気になったんだけど四三の渡した足袋はポルトガルの遺族に送られるのかな?

だとしたら、ラザロの家族は「ナニコレ?」状態だろうな(笑)

 

オリンピックで亡くなる「ラザロ選手」とは?

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

そして閉会式を待たずに帰国する四三たちは、大森夫妻の部屋に立ち寄り、兵蔵の最後の出番が。

起き上がることもなく、ただ手だけをグッとあげる兵蔵。

四三たちが去ったあと、涙を流す安仁子。

さようなら大森兵蔵。

安仁子との掛け合いとかが面白くて楽しみだったから本当に残念・・・。

せめて安仁子の方はこのあとも引き続き登場させて欲しいな~。

「フォーティースリー!久しぶり!」って感動の再会とかして欲しいよ。

シャーロットさん、かわいいし(笑)

 

大森兵蔵と大森安仁子のその後とは?

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

これで「いだてん」金栗四三編の前半「オリンピック編」が終了し、来週は一週お休みして再来週から後半の「女子スポーツ」編ですか。

今回は豪華なキャストを次から次へと出してくるから、それはそれで楽しみだけど、まだまだ年末までには時間があるから、どうか播磨屋の二の舞だけはやめてね(笑)。

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

第13話「復活」
深堀り記事
いだてん13話あらすじネタバレ関連記事「ラザロと大森兵蔵の死因」についての記事で話を深く知ろう!
大河ドラマ「いだてん」第13話 あらすじ・ネタバレ・関連記事 ここでは、より大河ドラマ「いだてん」を楽しんでもらうため、いだてん第13話で登場する人物や歴史用語など深堀

 

オリンピックで亡くなる「ラザロ選手」とは?

大森兵蔵と大森安仁子のその後とは?

 

 

スポンサーリンク

 

第13話「復活」
勝手にMVP

今回はMVPはラザロ選手ね。

ラザロの死があったからこそ、オリンピックの絆は深まり、現在にもつながっている大会となった。

もちろん、ラザロの死を無駄にしないとしたクーベルタンさんとかが必死で努力したこともあるんだろうけど。

本編終了後の「いだてん紀行」では、ラザロを記念したマラソンが今でもポルトガルであるとかちゃんと教えてくれたので、少し救われた気がしました。

 

オリンピックで亡くなる「ラザロ選手」とは?

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

次回 第14話「新世界」
【あらすじ】と【期待度】について

大河ドラマ「いだてん」第14話「新世界」あらすじ

いだてん第41話~第47話(最終回)までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第36話~第40話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第31話~第35話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第26話~第30話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第21話~第25話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第16話~第20話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第11話~第15話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第 6話~第10話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第 1話~第 5話までのあらすじ、期待度まとめ

 

スポンサーリンク

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

スポンサーリンク

 

-いだてんおさらい

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いだてん|五りんの母親は「りく」!シマが関東大震災で行方不明になった涙の23話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第23話「大地」のおさらい 関連記事 大河ドラマいだてん全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】 大河ドラマ「いだてん」 ~東京オリムピック噺~ 全話あ …

いだてん|増野りく(杉咲花)の再登場!小松勝と間に五りんが生まれる?ハリマヤ金メダル獲得の第35話おさらい

大河ドラマ「いだてん」 第35話「民族の祭典」【感想】 第35話「民族の祭典」関連記事 増野りく役で杉咲花が再登場 五りんの父親は小松勝 孫基禎の金メダル 南昇竜の銅メダル 黒坂辛作とハリマヤの金メダ …

いだてん|裸祭り!三島弥彦の自殺未遂を止める四三の言葉に感動した第10話のおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第10話「真夏の夜の夢」 おさらい この記事では大河ドラマ「いだてん」の第10話「真夏の夜の夢」のおさらいと感想を書いています。   いだてん今回のあらすじ 大河ドラ …

いだてん|平沢(星野源)と岩ちん(松坂桃李)の本格登場で最終章へ突入する第40話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第40話「バックトゥザフューチャー」【感想】 関連記事 いだてん|平沢和重とは?大河ドラマで星野源が演じる東京オリンピック誘致を決めたプレゼンテーター 大河ドラマ「いだてん」 …

いだてん|まーちゃん解任!志ん生復活!二人の運命の対比が描かれた第44話おさらい

大河ドラマ「いだてん」 第44話「ぼくたちの失敗」おさらい 関連記事 田畑政治(阿部サダヲ) 高橋是清(萩原健一) 大河ドラマ「いだてん」第44話「ぼくたちの失敗」あらすじ 大河ドラマ「いだてん」全話 …

スポンサーリンク