いだてんおさらい

いだてん|金栗四三の行方不明がやがて伝説へ!スタート前、道迷いすぎだろ!第12話のおさらい

投稿日:2019年3月24日 更新日:

大河ドラマ「いだてん」
第12話「太陽がいっぱい」おさらい

この記事では大河ドラマ「いだてん」の第12話「太陽がいっぱい」のおさらいと感想を書いています。

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

行方不明になった金栗四三

大河ドラマ「いだてん」第12話どうでしたか?

これまで期待と不安、色々あってやっと始まったマラソンでしたが、蓋を開けてみればあっという間に終わってしまいましたね。

とはいえ、このマラソンが金栗四三のその後の人生を運命づけていくわけですが。

では、第12話「太陽がいっぱい」のおさらいと感想です。

 

マラソン当日、スタジアムまでの道のりを迷ってスタートギリギリにやっと到着する金栗四三。

しかも、今回は病気でヘロヘロ状態の監督・大森兵蔵を背負ってくるというおまけつき。

捉えようによっちゃあ、マラソンで負けた言い訳を大森兵蔵にかぶせているようでちょっとヤな感じ・・・。

 

大森兵蔵(竹野内豊)とは

 

で、気になったんですが、金栗四三たちはこれまで三島弥彦の100m走とかの応援で何回もスタジアム行ってたんじゃないの?

なぜ、マラソン当日に迷うのよ?おかしいでしょ(笑)。

だいたいこの金栗四三くん、これまでもマラソン練習中も道を間違えるなどランナーとして致命的な欠点がある気がするんですが・・・

完全な準備不足というか、レースに臨む前の段階の話じゃない?

 

そりゃ負けて当たり前でしょ・・・

 

金栗四三(中村勘九郎)とは

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

本当にそうだったのかは分かりませんが、日本人らしく正々堂々と戦って負けたことにしてもいいんじゃないの?

描き方にちょっと不満を感じました。

 

さらに今回は他にも不満がありまして・・・。

スヤさん(綾瀬はるか)が故郷で応援している場面がありますが、いきなりマラソン開催当日に鯛を持ってきて「四三さんに届けて欲しい」って。

金栗実次は必死に「2週間もかかるから腐る」って言ってるのに、全然納得してくれない(笑)。

どんだけ、天然なんだよ・・・というか完全に天然通り越してますやん・・・かなりイタイ人になってるよスヤさん。

大河ドラマとか朝ドラとかって、いい意味でいうと「天真爛漫」な女性キャラで描くこと多いですが、このイタさはいただけないな~。

ま、かわいいから結局は許すんですけどね(笑)

 

春野スヤ(綾瀬はるか)とは

四三とスヤを結ぶ歌「自転車節」とは?

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

さて、マラソンの方では過酷な暑さの中、金栗四三は意識朦朧となり幻覚を見ながら走るという状況がひたすら続く。

そして、折り返し地点を過ぎ、足袋をプレゼントしたポルトガルのラザロ選手を追い抜いたところで四三は走ることができなくなる。

一方、スタジアムで待つ嘉納治五郎先生たちは、マラソンが終わっても全然帰ってこない四三を心配し探し回ることに。

なかなか見つからない四三の行方。

しかし、諦めてホテルに戻ると四三は自分の部屋で寝ていた。

必死に謝る四三でしたがマラソンの記憶もなく、通訳のダニエルくんたちに倒れていたところをホテルまで運んでもらった模様。

これまで引っ張りに引っ張ってきた「いだてん」のオリンピック初マラソンは、あっけなく終了してしまいました。

 

オリンピックで亡くなる「ラザロ選手」とは?

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

そんな中でもホテルに勝手に戻っていた四三を笑い飛ばす三島弥彦や、無事だったことに安心したのか涙ぐむ嘉納治五郎の姿には好感が持てる。

特に三島弥彦は素晴らしいよね。

あんな風に笑い飛ばせる弥彦の性格に憧れるわ~。さすが天狗倶楽部だよ。

 

三島弥彦(生田斗真)とは

天狗倶楽部とは

 

さて、来週は四三の意識不明後の行方について描かれるようなので、じっくりと言い訳を聞かせてもらいましょうか(笑)。

 

 

スポンサーリンク

 

第12話「太陽がいっぱい」
深堀り記事

 

 

スポンサーリンク

 

第12話「太陽がいっぱい」
勝手にMVP

今回のMVPは子供時代の金栗四三くん。

大人の金栗四三は、レース中に行方不明だし、大森兵蔵はゲホゲホ言ってるだけだし、嘉納治五郎と三島弥彦たちは待ってるだけだからちょっと違うし、本来なら該当者はいない。

でも、この金栗四三が幻覚で見た子供時代の金栗四三が、命を救ってくれたのかと思えばMVPとしてもいいのではないかと。

丸っこくて可愛いしね(笑)。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

次回 第13話「復活」
【あらすじ】と【期待度】について

大河ドラマ「いだてん」第13話「復活」あらすじ

いだてん第41話~第47話(最終回)までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第36話~第40話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第31話~第35話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第26話~第30話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第21話~第25話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第16話~第20話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第11話~第15話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第 6話~第10話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第 1話~第 5話までのあらすじ、期待度まとめ

 

スポンサーリンク

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

スポンサーリンク

 

-いだてんおさらい

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いだてん|ウザい美川秀信が再登場!杉村陽太郎と奔走と嘉納治五郎の存在感!ラトゥールから失望されてしまう第33話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第33話「仁義なき戦い」【感想】 今回の関連記事 ・杉村陽太郎(加藤雅也) ・副島道正(塚本晋也) ・ムッソリーニ ・嘉納治五郎(役所広司) ・東龍太郎(松重豊) ・美川秀信( …

いだてん|五りん(小松金治)が語る小松勝の出征と東京オリンピック返上の第38話のをおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第38話「長いお別れ」【感想】 関連記事 小松勝(仲野太賀) 副島道正(塚本晋也) 東龍太郎(松重豊) 岩田幸彰(松坂桃李) 幻の1940東京オリンピック①【招致成功編】 幻の …

いだてん|四三敗退、嘉納退任、日本スポーツの一つの区切りがついた第20話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第20話「恋の片道切符」おさらい この記事では大河ドラマ「いだてん」の第20話「恋の片道切符」のおさらいと感想を書いています。   いだてん今回のあらすじ 大河ドラマ …

no image

いだてん|伏線の回収が見事!新しい「世界」へ走り出した四三と孝蔵たちの第5話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第5話「雨ニモ負ケズ」おさらい この記事では大河ドラマ「いだてん」の第5話「雨ニモ負ケズ」のおさらいをしています。   出典:https://www.instagram.com …

いだてん|前畑がんばれ!がんばれ前畑!前畑秀子とゲネンゲルのデッドヒートで国民が熱狂した第36話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第36話「前畑がんばれ」【感想】 第36話「前畑がんばれ」関連記事 前畑秀子(上白石萌歌) ゲネンゲル 河西三省(トータス松本) ヒトラー 盧溝橋事件 幻の1940東京オリンピ …

スポンサーリンク