いだてん13話あらすじネタバレ関連記事「ラザロと大森兵蔵の死因」についての記事で話を深く知ろう!

   

大河ドラマ「いだてん」第13
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ「いだてん」を楽しんでもらうため、いだてん第13話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

いだてんの予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

13話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

いだてん第13話あらすじネタバレ|クズすぎる孝蔵!ラザロのためにオリンピックを!これこそ五輪の精神!
大河ドラマ「いだてん」 第13話「復活」あらすじネタバレ ここでは、平成31年大河ドラマ「いだてん」第13話「復活」のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。詳細なネ

スポンサーリンク

 

ラザロの死因」と「金栗四三

大河ドラマ「いだてん」の第13話では、レースの記憶を失くしていた金栗四三がマラソンコースを歩いて当時の記憶をたどっていきました。

猛烈な暑さの中でポルトガル代表ラザロ選手とのデッドヒートのあと、意識朦朧となって森の中をさまよって保護されたことを何とか思い出した金栗四三ですが、ホテルに戻ると一つの悲報がもたらされました。

その悲報はラザロ選手が亡くなったというもの。

下の記事では、共に厳しい暑さの中で名勝負を繰り広げた「ラザロの死因」と、オリンピック史に名を残すことになった「金栗四三」の途中棄権について紹介しています。

下の記事ではについて紹介しています。

ラザロ選手|いだてん|実在したラザロの死因とは?金栗四三と共に語り継がれる悲劇のランナー
大河ドラマ「いだてん」 フランシスコ・ラザロ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で日本初のオリンピック選手としてストックホルム・オリンピックの
いだてん|金栗四三(かなくりしそう)とは?大河ドラマで中村貫九郎が演じる日本初のオリムピック選手
大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公の1人を務めるのは、中村貫九郎が演じる『金栗四三(か

 

大森兵蔵」と「大森安仁子

大河ドラマ「いだてん」の第13話では、マラソンを含むストックホルム・オリンピックの全ての競技が終了し、閉会式を残すだけとなりました。

マラソンを途中棄権していた金栗四三は、閉会式を待たずしてストックホルムを去ることにするのですが、最後に体調を崩していた監督・大森兵蔵には別れの挨拶をしようと考えました。

しかし、部屋を訪ねてみると兵蔵の妻・大森安仁子から面会を断られ、涙ながらに「察して下さい」と言われてしまいます。

下の記事では、その後まもなく亡くなってしまう「大森兵蔵」とその妻「大森安仁子」の生涯、そして「二人のその後」について紹介しています。

大森兵蔵と安仁子のその後|いだてん|大森夫妻のオリンピック後はどうなった?知れば知るほど引き込まれるスゴイ人!
大河ドラマ「いだてん」 大森兵蔵と安仁子のその後 大河ドラマ「いだてん」の第13話、マラソンを途中棄権し帰国することになった金栗四三は、病状が悪化し静養してから帰るとい
いだてん|大森兵蔵(おおもりひょうぞう)とは?大河ドラマで竹野内豊が演じる悲劇の日本選手団監督
大河ドラマいだてん ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で主人公・金栗四三(かなくりしそう)たち日本選手団の監督として登
いだてん|アニー(大森安仁子)大河ドラマでシャーロットが演じる大森兵蔵を愛した純愛と社会福祉の女傑
大河ドラマいだてん ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で大森兵蔵(おおもりひょうぞう)の妻として登場するのがシャーロッ

 

スポンサーリンク

 

清さん」と「美濃部孝蔵

大河ドラマ「いだてん」の第13話では、美濃部孝蔵(三遊亭朝太)がついに初高座にあがり、客の前で落語「富久」を披露することになります。

友人の清さんは孝蔵の晴れ舞台のために事前に着物と足袋を送って楽しみに高座に向かいましたが、そこには赤ら顔でヨレヨレの着物を着た孝蔵の姿がありました。

あろうことか、孝蔵は清さんからもらった着物を質に入れ、酒を飲んでいたのです。

下の記事では、大河ドラマ「いだてん」の影の主人公ともいえる「美濃部孝蔵(のちの古今亭志ん生)」の破天荒な生涯と、オリジナルキャラクター「清さん」について紹介しています。

いだてん|清さん(せいさん)大河ドラマで峯田和伸が演じる四三と孝蔵を結び付ける人力車夫
大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」では、金栗四三の話だけでなく、落語家・古今亭志ん生(ビートた
いだてん|播磨屋・黒坂辛作とは?大河ドラマでピエール瀧から三宅弘城に交代!「金栗足袋」と「カナグリ・シューズ」の生みの親
大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公・金栗四三(かなくりしそう)の足元を支えていくのがピ

 

美川秀信」と「小梅

大河ドラマ「いだてん」の第13話では、美濃部孝蔵(三遊亭朝太)の初高座の客席に金栗四三の同郷の友人・美川秀信の姿が見えます。

美川秀信は四三の兄・実次を東京案内した際、遊女の小梅を追いかけていった時以来の久しぶりの登場となりますが、この時には美川秀信は小梅と仲睦まじい関係になっていました。

その後、美川秀信と小梅は周りを巻き込む事件を起こすことになっていくのですが、下の記事では史実の「美川秀信」とオリジナルキャラクター「小梅」について紹介しています。

いだてん|美川秀信(みかわひでのぶ)とは?大河ドラマで勝地涼が演じる金栗四三の親友
大河ドラマいだてん ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公・金栗四三(かなくりしそう)の親友として登場するのが勝地
いだてん|小梅(橋本愛)は実在の人物?花魁・遊女の小梅と美川秀信の気になる恋愛
大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公・金栗四三は上京することになり、様々な人物と関わって

 

スポンサーリンク

 

「いだてん」あらすじ

大河ドラマいだてん全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「いだてん」 ~東京オリムピック噺~ 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺

 

「いだてん」記事まとめ

2019大河ドラマ【いだてん】人物・キャスト・関連記事|金栗四三と田畑政治の物語を予習、復習して楽しもう!
大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ この記事では、大河ドラマ「いだてん」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワードを

 

スポンサーリンク

 

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

 

スポンサーリンク

 - いだてんあらすじ