いだてん|実次の死と前畑秀子の登場!政治のノリツッコミが寂しさを和らげる第27話をおさらい

   

大河ドラマ「いだてん」
第27話「替り目」おさらい

大河ドラマ「いだてん」の第27話「替り目」は、脇役ながら圧倒的な存在感を示していた金栗実次(中村獅童)の死と共に、周りの人たちの人生の転換点が描かれている「寂しい」回でしたね。

この記事では第27話のおさらいして振り返っていこうと思います。

 

いだてん第27話「替り目」孝蔵と政治のキャラ変は落語「替り目」の内容を参考にしているから!
大河ドラマ「いだてん」第27話 「替り目」でのキャラ変の謎 大河ドラマ「いだてん」の第27話「替り目」は、金栗四三の兄・実次(中村獅童)が亡くなり、四三が東京を離れて熊

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

アムステルダム・オリンピックで日本選手が大活躍できたのは、そもそも田畑政治が政府からお金をぶんどってきたおかげ。

このため田畑政治の発言力がこれから増していくことになりそう。

田畑政治はオリンピックでのメダル獲得で満足せず、すでに次のオリンピックを見据えて最強アメリカに勝つため、新たな作戦を次々と打ち出すことに。

めちゃくちゃ口は悪いけど、その分デキルんだよなぁこの人。

体協の岸さんもスッカリ田畑政治を認めちゃってるし。

ちょっと嘉納治五郎が悔しそうな、寂しそうな感じがする。

 

いだてん|高石勝男(斎藤工)の生涯とその後のド派手な葬儀についてご紹介!誰からも愛されたノンプレイングキャプテン
大河ドラマ「いだてん」 高石勝男(斉藤工) 大河ドラマ「いだてん」で斎藤工が演じるのが、日本水泳の第一人者だった高石勝男という人物。 登場当初、高石勝男は田畑政治から

出典:https://www.instagram.com/

 

 

政治が打倒アメリカのために作った神宮プールでは、次代のスター選手候補の前畑秀子(上白石萌歌)が大活躍。

興奮した政治は女子更衣室にまで侵入しちゃうという無茶苦茶な行動もやっちゃう。

今なら完全に犯罪者ですわ。いや、この頃でも犯罪者なんじゃないか?(笑)

しかし、日本女子スポーツって、とんでもないスピードで受け入れられてませんか?

だって、この前まで足出して走るだけで怒られてた時代なのに、今回では水着で人前で泳いでるんですよ。

いつの間に、ここまで進んじゃったんですか?

前回の人見絹枝さんの活躍によって、女子スポーツの未来が開けたのは分かりますけど、とにかくスピード感がハンパない。

だいたい、この回でも前半では「30歳で死ぬ」って言ってる政治も、後半では32歳になってるし。

さすが「いだてん」ってところでしょうか。

 

前畑秀子|いだてん|上白石萌歌が3年A組に続き水泳選手に!平泳ぎで日本女性初の金メダルを獲得した前畑秀子の生涯
大河ドラマ「いだてん」 前畑秀子 大河ドラマ「いだてん」で阿部サダヲが演じる主人公・田畑政治が活躍する後半で登場するのが、水泳選手『前畑秀子』という女性。この記事では『

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

さて、主役の座を田畑政治に渡した金栗四三ですが、今回をもっていよいよ東京を離れて熊本に帰ることに。

その理由は兄・金栗実次の死去でした。

 

死の直前、四三に「そろそろ熊本に帰ってこい」と言葉を残していた実次さん。

危篤の知らせを聞いた四三が熊本に帰ると、そこにはすで亡くなった実次の亡骸が。

父親の時にも間に合わなかったけど、実次の時も間に合わないなんて・・・・。

「いだてん」のくせに(涙)

この実次の通夜の場面では、池部幾江(大竹しのぶ)の言葉が身に沁みます。

「今晩は仏さんのそばにおれ。四三、死ぬまでお前のために頭下げて回った兄上のそばにおれ」

いつも鬼の形相で実次に当たり散らしていた幾江さんがめちゃくちゃ寂しそう・・・。

さらに、母親シエ(宮崎美子)にも我が子に先立たれる悲しさを共感してあげる幾江さん。

この人も口は悪いけど、ホントにイイ人ね。

実次とのコンビが最高だっただけに幾江さんも張り合い無くなってこれからが心配ですわ。

 

いだてん|金栗実次(かなくりさねつぐ)とは?大河ドラマで中村獅童が演じる金栗四三の兄の生涯
大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公・金栗四三(かなくりしそう)の兄として登場するのが中

いだてん|池部幾江とは?大河ドラマで大竹しのぶが演じる春野スヤが大好きな四三の義母
大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で大竹しのぶが演じる『池部幾江(いけべいくえ)』は池部家の跡

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

これで熊本に帰ることを決意した金栗四三。

東京オリンピック誘致に動き出そうとする恩師・嘉納治五郎に別れを告げる。

いよいよ、この師弟関係も見納めかぁ~。

これまで色々あったから、やっぱり寂しいものですね。

私的に一番の思い出は、最初のオリンピック予選で雨の中で抱き合う二人の姿かな。

あれから、この「いだてん」の全てが始まったんですからね。

 

その後、四三は体協の会議室で田畑政治と対談。

3回のオリンピック出場の思い出を聞かれ、「紅茶と甘いお菓子が美味しかった」とすっとぼけた回答をする天然ボケ全開の四三。

政治はあきれながらも、四三がいなくなった会議室でその功績に敬意を払う独り言を言う。

「金栗さんだけには認めないわけにはいかない・・・・って、まだ行かねぇのかい!」

全然、会議室から出て行ってなかった四三への見事なノリツッコミ(笑)。

寂しい気持ちを少し和らげてくれるシーンでした。

 

いだてん第27話「替り目」孝蔵と政治のキャラ変は落語「替り目」の内容を参考にしているから!
大河ドラマ「いだてん」第27話 「替り目」でのキャラ変の謎 大河ドラマ「いだてん」の第27話「替り目」は、金栗四三の兄・実次(中村獅童)が亡くなり、四三が東京を離れて熊

いだてん|金栗四三(かなくりしそう)とは?大河ドラマで中村貫九郎が演じる日本初のオリムピック選手
大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主人公の1人を務めるのは、中村貫九郎が演じる『金栗四三(か

いだてん|田畑政治(たばたまさじ)とは?大河ドラマで阿部サダヲが演じる東京にオリムピックを呼んだ男
大河ドラマいだてん ~東京オリムピック噺~ 2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」後半の主人公を務めるのは、阿部サダヲが演じる『田畑政治(たばたま

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

いだてん|高石勝男(斎藤工)の生涯とその後のド派手な葬儀についてご紹介!誰からも愛されたノンプレイングキャプテン
大河ドラマ「いだてん」 高石勝男(斉藤工) 大河ドラマ「いだてん」で斎藤工が演じるのが、日本水泳の第一人者だった高石勝男という人物。 登場当初、高石勝男は田畑政治から

大河ドラマ「いだてん」
次回 第28話「走れ大地を」
【あらすじ】と【期待度】について

 

スポンサーリンク

【いだてんあらすじ】

【いだてん人物リスト】

水泳選手まとめ

人見絹枝(菅原小春)

前畑秀子(上白石萌歌)

高石勝男(斎藤工)

 

朝日新聞社まとめ

田畑政治(阿部サダヲ)

河野一郎(桐谷健太)

村山龍平

緒方竹虎(リリー・フランキー)

 

1940東京オリンピック招致チーム

嘉納治五郎(役所広司)

田畑政治(阿部サダヲ)

永田秀次郎(イッセー尾形)

杉村陽太郎(加藤雅也)

副島道正(塚本晋也)

 

1964東京オリンピック招致チーム

田畑政治(阿部サダヲ)

岩田幸彰(松坂桃李)

平沢和重(星野源)

東龍太郎(松重豊)

 

体育協会まとめ

嘉納治五郎(役所広司)

金栗四三(中村勘九郎)

野口源三郎(永山絢斗)

二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

可児徳(古舘寛治)

永井道明(杉本哲太)

大森兵蔵(竹野内豊)

大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

 

浅草の人物まとめ

古今亭志ん生(ビートたけし)

美濃部孝蔵(森山未來)

橘家円喬(松尾スズキ)

清さん(峯田和伸)

小梅(橋本愛)

 

金栗家の人物まとめ

金栗四三(中村勘九郎)

金栗実次(中村獅童)

春野スヤ(綾瀬はるか)

池部幾江(大竹しのぶ)

 

政治家まとめ

高橋是清(萩原健一)

犬養毅(塩見三省)

大隈重信(平泉成)

 

その他人物まとめ

美川秀信(勝地涼)

黒坂辛作

本庄(山本美月)

河西三省(トータス松本)

 

三島家の人物まとめ

三島弥彦(生田斗真)

三島和歌子(白石加代子)

三島弥太郎(小澤征悦)

シマ(杉咲花)

 

天狗倶楽部メンバーまとめ

押川春浪(武井壮)

中川臨川(近藤公園)

吉岡信敬(満島真之介)

 

【いだてん関連リスト】


スポンサーリンク

 

 - いだてんおさらい