いだてん初回1話あらすじネタバレ|いだてん金栗四三、田畑政治、嘉納治五郎が登場!いよいよ始まる日本のスポーツの夜明け!

      2019/01/06

大河ドラマ「いだてん
初回あらすじネタバレ

ここでは、平成31年大河ドラマ「いだてん」初回のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】はご遠慮下さい。たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありもすが、決して本編の大河ドラマ「いだてん」ではそのようなことはありません。なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「いだてん」
初回
NHK公式 あらすじ

1959年、五輪招致目前の東京。大渋滞の日本橋を通りかかった落語家の古今亭志ん生(ビートたけし)は寄席に向かっていた。その日、高座で志ん生が語り出したのは、50年前の日本のオリンピック初参加にまつわる噺(はなし)。1909年、柔道の創始者、嘉納治五郎(役所広司)はストックホルム大会を目指して悪戦苦闘していた。スポーツという言葉すら知られていない時代。初めての派遣選手をどう選ぶか。日本オリンピック史の1ページ目を飾る物語。
 

スポンサーリンク

大河ドラマ「いだてん」
初回
あらすじ【ネタバレ注意】

 

東京オリンピック決定へ

昭和34年(1959)年5月、オリンピック招致を目指していた東京では急ピッチで建設工事が行われ、交通渋滞が頻発していた。

そんな中、落語家の古今亭志ん生はタクシーの中で居眠りしながら浅草の寄席を目指していた。

マネージャーでもある娘・美津子は志ん生が遅刻するのではないかとイラだっている。

目が覚めた志ん生は窓の外を見つめると、男が駆けていく姿を見た。

志ん生は落語にある江戸を駆け回る噺「富久」にかこつけ冗談を言っている間に、タクシーは寄席に到着。

その後、志ん生は高座で「富久」を熱演した。

 

一方、東京のオリンピック招致の成否に関わる国際オリンピック委員会(IOC)総会においてスピーチをする予定の外交官・北原秀雄は運動会で転び、全治三か月のけがを負っていた。

このため、東京都知事・東龍太郎は執務室に日本オリンピック委員会(JOC)総務主事の田畑政治、JOC常任委員の岩田幸彰を呼んで対策を練る。

焦る田畑政治に、岩田はケガをした北原が「自分の代役にはNHKの解説委員・平沢和重が適任だ」と言っていると伝言する。

平沢は英語もでき、スピーチもうまいが東京オリンピック招致には反対の人物だった。

田畑政治は不安を覚えたが、東は平沢ならば勝算があると考えていた。

 

そして迎えたIOC総会当日。

ミュンヘンの会場で東と平沢が登壇そしてする中、田畑政治は緊張の面持ちで様子を見つめる。

「ただいま登壇した平沢和重氏は、かの嘉納治五郎先生の最期を看取った人物です!」

東が声高らかに言うと、各国の委員たちは一斉に平沢に注目した。

そして平沢は英語でスピーチする。

「東京は極東に位置していますが、航空機の発達により“極”という文字は抹消されました。しかし、国際的な理解や人間関係については、この距離感は解消されておりません。IOC委員会の皆様、今こそオリンピック大会をこの五輪の紋章の意味する第五の大陸、アジアに導くべきでは?」

すると会場内は拍手が巻き起こり、田畑政治たちは勝利を確信した。

 

そして昭和35年(1960年)、日本では四年後の東京オリンピックの話題で盛り上がる中、志ん生は高座に上がり昔話を話し始めた。

 

 

スポンサーリンク

 

 

嘉納治五郎

明治42年(1909年)、まだまだ有名になる前の志ん生、本名・美濃部孝蔵は仲間の遊女・小梅から叱咤されていた。

そして孝蔵と親しい人力車の車夫・清さんは世界でも知られる嘉納治五郎を乗せフランス大使館に向かっていた。

嘉納治五郎が会ったフランス大使・ジェラールは、3年後のストックホルム・オリンピックを世界規模の平和の祭典にするため、アジア代表して日本に参加して欲しいと考えていた。

このため、ジェラールは日本の強さの象徴である柔道の創始者・嘉納治五郎こそ、話相手にふさわしいと思ったのだった。

嘉納治五郎はジェラールの話に感銘を受け、校長を務める東京高等師範学校へ戻ると、教授の永井道明、助教授の可児徳にオリンピックの話をした。

永井は文部省からの命で「学校体育」を学ぶためスウェーデンに派遣され、帰国したばかりだった。

ロンドンでオリンピックを観戦していた永井は、欧米人に比べて肉体的に劣る日本人の参加を「まだ早い」と一蹴。

しかし、諦めきれない嘉納治五郎は「日本体育会」から国費でオリンピックに参加したいと掛け合おうとするも、文部省からも日本体育会からも断られてしまった。

 

その後、嘉納治五郎は可児と共に横浜正金銀行副頭取・三島弥太郎邸でのパーティーに参加し、同じく参加していた大隈重信にオリンピック参加の意義を訴えた。

大隈は三島弥太郎に嘉納治太郎を紹介し参加資金の援助を頼もうとしたが、すでに嘉納治五郎は横浜正金銀行から借金をしていた。

話が進まない中、突然、三島邸の女中・シマが「危ないっ」と叫ぶと、野球のボールを追って弥太郎の弟・弥彦が走ってくる。

そのまま弥彦は可児にぶつかって花瓶が割れ、嘉納治五郎はズブ濡れになった。

そこに揃いのユニフォームを着た「天狗倶楽部」の若者たちが集まって大騒ぎ。

そして弥彦たち「天狗倶楽部」は嘉納治五郎が日本のオリンピック参加を目指していると知ると、さらにはしゃぎさらに出し、嘉納治五郎を胴上げして周囲を呆れさせるのであった。

 

後日、嘉納治五郎は三島弥太郎から正式に融資を断られたため、すぐにオリンピック参加の辞退を伝えようとフランス大使館へ向かった。

するとジェラールはオリンピックのメインスタジアム完成予想図と、ポスターの原案を見せてきた。

ポスターには日の丸も描かれていることに感激した嘉納治五郎は、思わずその場で「日本を代表して、謹んでお受けします!」と言ってしまった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

いだてん金栗四三

明治43(1910)年10月、アジア人初のIOC委員となった嘉納治五郎は、数々の競技会の短距離で優勝している弥彦を東京高師師範学校に呼んでオリンピック出場を勧めた。

この時、嘉納治五郎は日本体育会には協力は求めず、新しい団体を設立しようと決意していた。

永井と日本体育会会長・加納久宣は当然猛反対したが、嘉納治五郎は「平和のための真剣勝負!それがオリンピックの精神であり、日本の武道の精神だ!」と言い、頑として譲らない。

加納は「日本に世界レベルの選手などいない」と断言しても、嘉納治五郎は「おります。どこかに、必ず、韋駄天が!」と言い切るのであった。

 

やがて嘉納治五郎は「大日本体育協会」を設立し、「天狗倶楽部」のメンバーと話し合ってオリンピック予選会を開催することを決めた。

競技は陸上の100m、200m、400mとマラソン。

費用については、嘉納治五郎は自宅を担保に借金し用立てることとなった。

 

明治44年(1911年)11月19日、羽田運動場で開かれた予選会ではマラソンに19人が参加し、車夫の清さんも紛れ込んでいた。

どしゃ降りの中、スタートが切られると、13人が途中棄権。

すると主賓席にいた永井は「こんな長距離は日本人には無理だ」と嘉納治五郎を責めた。

そのとき、嘉納治五郎は豪雨の中を走ってくる男を見て言った。

「見ろ、彼こそ韋駄天だ!」

この男こそ、東京高師師範学校の生徒・金栗四三だった。

そして嘉納治五郎は、そのタイムを確認して驚く。

「2時間32分・・・」

当時の世界記録を更新していた。

 

 

スポンサーリンク

 

 

次回 大河ドラマ「いだてん」第2話「坊っちゃん」あらすじ

いだてん第2話あらすじネタバレ|春野スヤ(綾瀬はるか)と金栗四三の運命の出会い!自転車の歌に注目!
大河ドラマ「いだてん」 第2話あらすじネタバレ ここでは、平成31年大河ドラマ「いだてん」第2話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。詳細なネタバレもあるので先の

大河ドラマいだてん全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「いだてん」 ~東京オリムピック噺~ 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺

大河ドラマ「いだてん」
放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

大河ドラマ「いだてん」第1話(初回)【感想】

スポンサーリンク

 

特集‼

いだてん天狗倶楽部裏話|金栗四三の世界記録更新の疑惑を解明!犯人は誰?不正を徹底追及!
大河ドラマ「いだてん」 金栗四三の世界記録更新の秘密 大河ドラマ「いだてん」の初回と第5回において主人公である金栗四三がマラソンの世界記録を更新する場面が描かれています

 

 

 


スポンサーリンク

 - いだてんあらすじ