いだてん第45話あらすじネタバレ|徳井義実の大松監督の演技は大丈夫か?東洋の魔女と裏の組織委員会が描かれる第45話

      2019/10/02

大河ドラマ「いだてん
第45話あらすじネタバレ

ここでは「いだてん」第45話のサラッとしたあらすじ・ネタバレについて紹介しています。詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方はご遠慮下さい。

第45話のポイントは、なんといっても「東洋の魔女」と呼ばれた女子バレーを率いる大松監督役の徳井義実の演技でしょう。大松監督は関西弁なので違和感はないとは思うのですが、たまに徳井さんでわざとらしい関西弁になるのでコントっぽくならないからホントに心配。最終盤でプレッシャーかかる中、大丈夫かな~?

では、「いだてん」第45話のあらすじ・ネタバレどうぞ~

 

前回 大河ドラマ「いだてん」のあらすじ

いだてん第44話あらすじネタバレ|川島正次郎によって追い詰められた田畑政治!ついに事務総長解任へ
大河ドラマ「いだてん」 第44話あらすじネタバレ ここでは大河ドラマ「いだてん」第44話のあらすじ・ネタバレについてサラッと紹介していきます。あまり先の展開を知りたくな

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「いだてん」
第45話
NHK公式 あらすじ

公式HP発表後、抜粋致します。

スポンサーリンク

大河ドラマ「いだてん」
第45話
あらすじ【ネタバレ注意】

 

裏の組織委員会

昭和37年(1962)、東京オリンピックを2年後に控えたこの年、田畑政治は組織委員会事務総長を解任された。

新しい事務総長には与謝野晶子の次男・与謝野茂が就任したが、黒澤明はオリンピック記録映画の監督を降りることとなった。

落ち込む田畑のもとを訪れた岩田幸彰は、自分も渉外部長を辞めると言い出した。

しかし、田畑はこれを許さなかった。

すると、おもむろに岩田が田畑のストップウォッチを取り出して言う。

「じゃあ、これまだ持ってていいですか?」

失くしたと思い探していた田畑は驚き、すぐに取り返そうとしたが、途中で手を止めて言った。

「いや、いいわ」

すっかり元気のなくなった夫を心配していた菊枝は、帰り際の岩田たちに声をかけ、また来て欲しいとお願いした。

岩田たちは「まるで裏の組織委員会ですね」と笑ってうなずいた。

 

 

スポンサーリンク

 

 

金栗四三

その後、田畑家では「裏」の組織委員会が開かれるようになった。

この「裏」では「表」の組織委員会の情報も筒抜けだった。

ある時、「表」で活動していた岩田幸彰は「コンパニオンを募集したところ、変な老人がやってきて『聖火ランナーになりたい』と言い、日本地図を渡してきた」という話をした。

岩田が言うには老人は『黎明の鐘を鳴らした者』と名乗り、足袋を履いていたという。

田畑政治はすぐにこれが金栗四三だと分かり、岩田が持っていた四三の日本地図を見て、聖火ランナーを日本中に走らせる案を思いついた。

その後、この田畑の案は岩田によって「表」の組織委員会で協議された。

沖縄から東京を目指す聖火リレーは「表」でも承認され、最終ランナーの候補には金栗四三の名が挙がる。

しかし、田畑は四三よりも未来ある若者の方がいいと思っていた。

 

 

スポンサーリンク

 

 

東洋の魔女

「東洋の魔女」との異名をとった女子バレーボールが年内で引退するとの爆弾発表があった。

大松監督は慌てて駆けつけてきた田畑政治に向かって言う。

「青春を犠牲にして婚期を遅らせるのはよくないと思いまして」

田畑はオリンピックまで待って欲しいと頼んだが、大松監督は頑として譲ろうとしなかった。

 

しばらくして、田畑は再び大松監督のもとを訪ねたが、今度は妻の菊枝を連れていった。

一方、このとき大松監督の方もたまたま妻を連れていた。

引退発表後、大松監督のもとには賛成と反対、両方の手紙が多数届いたらしい。

大松監督はあと2年も続けたら選手たちに青春を犠牲にさせるだけでなく、自分も家に帰ることができず、家庭も崩壊してしまうと苦しい胸の内を明かした。

すると突然、菊枝が「やるべきことをやらずに帰って来てもうれしくありません!」と叫ぶと、大松監督の妻もこれにうなずいた。

さらに選手たちからも「バレーが青春!俺についてこいって言ってください!」との声が上がる。

これには大松監督も折れるしかなく、「東洋の魔女」たちは東京オリンピックに向かって突き進んでいくことになった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

次回 大河ドラマ「いだてん」第46話あらすじ

いだてん第46話あらすじネタバレ|平沢和重(星野源)の策とは?当たらないママの占いの結果は?
大河ドラマ「いだてん」 第46話あらすじネタバレ ここでは、平成31年~令和元年大河ドラマ「いだてん」第46話のあらすじ・ネタバレについてサラッと紹介していきます。詳細

大河ドラマいだてん全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「いだてん」 ~東京オリムピック噺~ 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺

大河ドラマ「いだてん」
放送後の感想について

スポンサーリンク

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事


スポンサーリンク

 - いだてんあらすじ