いだてん第43話あらすじネタバレ|川島正次郎(浅野忠信)の策略!ジャカルタ大会は参加すべきか?田畑政治が悩む第43話

      2019/10/02

大河ドラマ「いだてん
第43話あらすじネタバレ

ここでは大河ドラマ「いだてん」第43話のザックリしたあらすじ・ネタバレについて紹介していきます。先の展開を知りたくない方はご遠慮下さい。

第43話のポイントは、浅野忠信が演じるオリンピック担当大臣の川島正次郎という悪役の立ち回り。川島正次郎があらゆる策略を用いて田畑政治たちを追い詰めようとするこれまでの「いだてん」にないドキドキした展開が繰り広げられます。

では、「いだてん」第43話あらすじ・ネタバレをどうぞ!

 

前回 大河ドラマ「いだてん」のあらすじ

いだてん第42話あらすじネタバレ|池田首相と利用するのは田畑か川島正次郎か、ドロドロの展開が待ち受ける第42話
大河ドラマ「いだてん」 第42話あらすじネタバレ ここでは大河ドラマ「いだてん」第42話のあらすじ・ネタバレにサラッと紹介します。先の展開を知りたくない方ははご注意下さ

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「いだてん」
第43話
NHK公式 あらすじ

公式HP発表後、抜粋致します。

スポンサーリンク

大河ドラマ「いだてん」
第43話
あらすじ【ネタバレ注意】

 

川島正次郎の策略

東京オリンピック組織委員会では、五りんが田畑政治に招かれてオリンピック噺を演じていた。

田畑はストックホルムでの金栗四三の話を盛り込んだ内容に大満足し、その場で五りんをオリンピック宣伝部長にすることを決めた。

一方、ハリマヤではローマオリンピックの金メダリスト・アベベのために足袋を作ろうと、本人を招いて足型を取っていた。

そしてアベベは東京オリンピックでは金栗足袋を履いて出場すると語り、金栗四三もその言葉を聞いて聖火ランナーへ立候補することを決めた。

そんな中、組織委員会では聖火リレーの方法も決まり、さまざまところで東京オリンピック開催に向けて機運が盛り上がりつつあった。

 

ある日、農林大臣になった河野一郎が組織委員会乗り込んできた。

河野は部屋に入るやいなや、組織委員会会長の津島寿一を辞めさそうとしているのではないかと怒鳴りつける。

オリンピック担当大臣・川島正次郎からは河野が津島を辞めさせようとしている聞いていた田畑はサッパリ意味が分からない。

お互いの話が食い違う中、河野が田畑の強引なやり方を批判すると、田畑は「政治家の顔色を伺うつもりはない」と返した。

田畑にとってはオリンピックを私物化しようとする川島のような政治家のやり方が気に入らなかったのだ。

その後、田畑は河野から川島の怪しい動きを聞いた。

どうやら川島は、津島降ろし首謀者として田畑を祭り上げ、津島を慕う者たちの反感を田畑に集中させているというものだった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

揉めるジャカルタ大会参加

やがてインドネシアのジャカルタでアジア大会が開かれることとなった。

東京オリンピックの前哨戦ともいうべきこの大会には、多くの国の選手が参加し、日本も252人もの選手を送り込もうとしていた。

しかし、一方で中国やアラブ諸国と親密な関係を築いていたインドネシアのスカルノ大統領は、参加資格を持つはずの台湾とイスラエルに招待状すら出していないことが報道が流れた。

不安に思った岩田幸彰は連盟に問い合わせたが、報道は事実無根であると回答されたため、安心して日本選手団を向かわせることとなった。

しかし、この台湾、イスラエルの問題は日本選手団や田畑政治、津島寿一らがジャカルタ入りした頃に燃え上がり、国際陸上連盟は参加した選手は処罰することまで決定してしまう。

岩田は田畑に知らせようと電話をかけたが、どうしても連絡が取れなかった。

 

ジャカルタでは各国から台湾、イスラエルの参加要求が出されたが、インドネシア政府は消極的。

田畑たち日本選手団は出場か、欠場かで悩んでいた。

日本選手252人が不参加となれば大会の中止は免れない。

IOCがこの大会を正式な大会ではないとの通知を出し、日本が参加すれば東京オリンピックを取り上げられる可能性もある。

日本国内ではボイコットすべきとの声が高まっていたが、田畑はここまで準備してきたインドネシアの人々の気持ち、選手たちの気持ちを考えると簡単には決断できなかった。

そしてボイコットを主張した津島と田畑が口論となっていると、川島が現れた。

「どっちでもいいけど、決断できないのが一番の問題ですよ」

川島の言葉に田畑が噛みつく。

「だったら出ない。と言って困るのは、スカルノ大統領とズブズブのあんたなんじゃないのか?」

 

 

スポンサーリンク

 

 

次回 大河ドラマ「いだてん」第44話あらすじ

いだてん第44話あらすじネタバレ|川島正次郎によって追い詰められた田畑政治!ついに事務総長解任へ
大河ドラマ「いだてん」 第44話あらすじネタバレ ここでは大河ドラマ「いだてん」第44話のあらすじ・ネタバレについてサラッと紹介していきます。あまり先の展開を知りたくな

大河ドラマいだてん全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「いだてん」 ~東京オリムピック噺~ 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺

大河ドラマ「いだてん」
放送後の感想について

スポンサーリンク

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事


スポンサーリンク

 - いだてんあらすじ