いだてんおさらい

いだてん|序盤の神回?勝海舟の背広と三島弥彦の苦悩!四三は何のために走る?第7回のおさらい

投稿日:2019年2月17日 更新日:

大河ドラマ「いだてん」
第7話「おかしな二人」おさらい

この記事では大河ドラマ「いだてん」の第7話「おかしな二人」をおさらいしています。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

金栗四三と三島弥彦の苦悩

大河ドラマ「いだてん」の第7話「おかしな二人」どうでしたか?

今回は感動したり、笑わせてもらったりと、なかなか見どころのある回だったと思います。

個人的には、ミスタークラブ(可児さん)のおとぼけ感が大好きでしたが、三島家でのドタバタも面白いし、弥彦の悲しげな感じもグッとくるものがありました。

では、第7話のおさらいと感想です。

 

自費でオリンピックに行くことになった金栗四三。

一方、三島弥彦は家族の反対からオリンピックへの出場を辞退していました。

しかし、嘉納治五郎に煽られ、その負けん気からか密かに出場への情熱をたぎらせ、出場を決意。

 

うまかったですよね。嘉納先生の煽り方。

「あの記録ってまぐれなんじゃね?どうせ行っても負けるかな~」みたいな。

そもそも負けず嫌いの集団ともいえる「天狗倶楽部」に所属している三島弥彦を煽るには一番の文句だった。

前回の口車に乗せて四三の自費参加を決めたことといい、今回の弥彦への煽りといい、嘉納先生はホント食えない人だわ。

でも、そんなずる賢さを持っていても、手を差し伸べてくれる優しさも持ってる。

ここにきて嘉納治五郎の魅力がドンドン引き出されてきた気がします。

 

三島弥彦(生田斗真)とは

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

その後、四三は金の工面は実家の兄・実次にまかせて、三島家で安仁子から英会話と食事のマナーレッスンを受ける。

「フォーティースリー」というあだ名まで付けられ、マナーがなっていないと頭をこつかれ、散々な目にあう四三くん。

 

三島和歌子には強烈な目で睨まれ、便所では日露戦争の英雄・乃木希典に会い、金に不自由してない三島家と金の工面に困る金栗家の格差社会を嫌というほど感じたでしょうね。

ところで、三島家は弥彦をオリンピックに行かせたくないなら、金栗四三ともう一人の代表を選考してもらって金を全額出してあげればよかったのに。

そしたら金に困ってる嘉納先生たちは食いついてきたと思うんだけどな(笑)。

 

さて、貧富の差を感じ、三島和歌子と安仁子の圧力から食事が喉を通らなかった四三。

帰りがけに三島家の女中・シマから弁当を渡され、「なんで走るの?」と問われる。

お金もかかるのに、走って疲れた先に何があるのか。

明確な答えは四三自身にもわかっていない。

ただ、四三を見て何かを感じとろうとするシマの表情が際立っていた。

 

杉咲花ってホントにイイ女優さんになりましたね。

カワイイとか、声がいいとか色々あるけど、今回のシマの役柄はすごく好感持てる。

これからもっと大ブレイクしていきそうな気がする。

 

三島和歌子(白石加代子)とは

三島弥太郎(小澤征悦)とは

シマ(杉咲花)とは

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

一方、熊本で四三の渡航費を工面することになった兄・実次さん。

あんなに走ることを嫌っていたのに、新聞に載ったことが嬉しかったのか、四三を「家の誇り」とまで言って協力を惜しまない。

こんな貧乏家庭から全国に名が知られる存在になった弟を誇りに思うのは無理ないな。

借金の申し出に春野家を訪れた時、父の形見の刀を「魔除けの刀」といって渡そうとしたけど、春野先生に「それ効き目ないよね。お父さん死んだじゃん」って発言がバカ面白かった。

春野先生もそんなこと言わなくていいでしょうよ。かわいそうに。

今の時代、そんなこと言ったら間違いなくマスコミに叩かれますよ。

 

実家から金の確保ができたとの連絡がなかなかこない金栗四三は、美川秀信に「先生に騙されてるから抗議した方がいい」と言われて校長室へ。

しかし、抗議の言葉を言い出せない内に四三は嘉納先生に連れられて質屋へGO。

すると、ここで嘉納先生は自分が大事にしていた「勝海舟」からもらった背広を金に換えて、四三の洋服を作る費用にしてあげる。

「勝海舟」ですよ!そんな貴重な物いいんすか?嘉納先生?

マジ感動。男前すぎる・・・。

あんなことされたら、誰でも「嘉納先生についていきます!」ってなるよ。

きっとこういう嘉納先生だからこそ、可児や永井も一緒にいるんだろうなぁ。

ずっと借金だらけだけど、全て他人のため、国のため、スポーツ発展のためにお金使った嘉納治五郎。

生きた金の使い方ってこういうことを言うのかもしれない。

 

明治維新後の勝海舟はどうなった?

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

一方、金には不自由していなかった三島弥彦は、家族から応援されていた四三をどこか羨ましそうにしていた。

反対されて、すっかり家族を恨んでいたのかと思いきや、母の写真を見て少し寂しそうな表情を浮かべる弥彦。

「分かって欲しい・・・」

いつも強気な発言が多い弥彦の弱さが垣間見えた気がした。

 

さて、金栗四三と三島弥彦のヨーロッパ行きには、体協から日本代表監督として随行者が選ばれることになっていた今回。

校長室ではミスタークラブ(可児徳)と永井道明が、自分たちが行けるものだと完全に浮足立ち、お互いを牽制する姿がとても面白かった。

優しい顔して可児もなかなかの野心家なんだよね~(笑)

んで、可児の「1名じゃなくて、1~2名って言ってたよね?嘉納先生は。だから俺たち二人なんじゃね?」的な発言で、二人はすっかり行く気マンマンで調子に乗っちゃっいます。

しかし、嘉納先生が選んだ監督は大森兵蔵と大森安仁子でした。

思いがけない人選に二人は不満タラタラで、大森夫妻の文句をいいまくり。

その場に、その2人がいることも知らずに(笑)。

そして可児たちが大森夫妻に気づくと、安仁子が「何も聞こえませんでした(怒)」と一言。

やべ・・・・絶対、聞こえてたよね・・・・

超気まずいんですけどー

つーか、その安仁子さんの顔、怖すぎるんですけどー(笑)

 

大森兵蔵(竹野内豊)とは

大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)とは

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

今回のラストは熊本から金栗実次が上京し、四三に1,800円を渡すところで終了。

どうやって工面したのかは来週のお楽しみ。

そして、予告の大竹しのぶが演じる池部幾江の迫力がかなりヤバそうです。

これは見逃せねぇ!

 

金栗実次(中村獅童)とは

春野スヤ(綾瀬はるか)とは

池部幾江(大竹しのぶ)とは

 

第7話「おかしな二人」
深堀り記事

 

スポンサーリンク

 

次回 第8話「敵は幾万」
【あらすじ】と【期待度】について

大河ドラマ「いだてん」第8話「敵は幾万」あらすじ

いだてん第41話~第47話(最終回)までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第36話~第40話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第31話~第35話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第26話~第30話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第21話~第25話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第16話~第20話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第11話~第15話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第 6話~第10話までのあらすじ、期待度まとめ

いだてん第 1話~第 5話までのあらすじ、期待度まとめ

 

スポンサーリンク

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

スポンサーリンク

 

-いだてんおさらい

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

いだてん|綾瀬はるかがカワイイ!金栗四三の物語がスタートした第2話のおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第2話「坊っちゃん」おさらい この記事では大河ドラマ「いだてん」の第2話「坊っちゃん」のおさらいと自分なりの感想を交えています。   出典:https://www.instag …

いだてん|実次の死と前畑秀子の登場!政治のノリツッコミが寂しさを和らげる第27話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第27話「替り目」おさらい 大河ドラマ「いだてん」の第27話「替り目」は、脇役ながら圧倒的な存在感を示していた金栗実次(中村獅童)の死と共に、周りの人たちの人生の転換点が描かれ …

いだてん|高石、鶴田、宮崎、大横田、日本水泳陣の絆と実感放送!性欲と腹痛に悩む第30話のおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第30話「黄金狂時代」おさらい 関連記事 いだてん|高石勝男(斎藤工)の生涯とその後のド派手な葬儀についてご紹介!誰からも愛されたノンプレイングキャプテン 大河ドラマ「いだてん …

いだてん|寝業師・川島正次郎の離間の計!ジャカルタ大会を利用する田畑政治排斥計画が発動した第43話

大河ドラマ「いだてん」 第43話「ヘルプ!」【感想】 いだてん今回のあらすじ スカルノ大統領 大河ドラマ「いだてん」第43話「ヘルプ!」あらすじ 大河ドラマ「いだてん」全話あらすじ・ネタバレ &nbs …

いだてん|四三敗退、嘉納退任、日本スポーツの一つの区切りがついた第20話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第20話「恋の片道切符」おさらい この記事では大河ドラマ「いだてん」の第20話「恋の片道切符」のおさらいと感想を書いています。   いだてん今回のあらすじ 大河ドラマ …

スポンサーリンク