いだてんおさらい

いだてん|伏線の回収が見事!新しい「世界」へ走り出した四三と孝蔵たちの第5話をおさらい

投稿日:2019年2月3日 更新日:

大河ドラマ「いだてん」
第5話「雨ニモ負ケズ」おさらい

この記事では大河ドラマ「いだてん」の第5話「雨ニモ負ケズ」のおさらいをしています。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

新しい「世界」へ走り出した四三と孝蔵

大河ドラマ「いだてん」の第5話「雨ニモ負ケズ」どうでしたか?

今回は初回で放送された金栗四三のマラソン優勝を補足するような回となっていましたが、古今亭志ん生の物語や落語「芝浜」が上手く絡まっていたとても面白い回だったと思います。

さすが、ここらへんの伏線の回収のうまさは宮藤官九郎といったところでしょうか。

それでは第5話のおさらいと感想です。

 

羽田運動場で開催されたオリンピック予選会では、審判を務めていた三島弥彦が居ても立ってもおられず、「いっちょやりますかー!と短距離走に飛び入り参加。

スーツ姿なのに足元はスパイクを履いているなど、弥彦は最初からやる気満々だった模様(笑)。

そしてぶっちぎりの優勝をかっさらい天狗倶楽部はいつものように大盛り上がりする。

天狗倶楽部が脱ぐと、視聴者がザワザワするというこの大河ドラマの定番パターンですが、今回は裸がなかったので残念でした~。

 

さて、その後マラソン競技の予選が開催され、主人公・金栗四三が出場。

基本的にマラソンって走ってるだけだから、、見てる方はヒマなんだけど、そこはやっぱりドラマ。

嘉納治五郎は「ヒマだー」とぼやき、四三の後輩・野口源三郎は盗み食いするなど笑いを織り交ぜてくる。

この野口源三郎の盗み食いの話は実話らしいのだが。

 

ハラペコ野郎・野口源三郎(永山絢斗)とは?

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

走っている四三も途中で、橋本だっけ?1位だった選手と途中で意味不明のにらみ合いをするなど地味なマラソンを盛り上げてくれました。

そしてトップで運動場に帰ってきた金栗四三。

「世界記録だー!」とテンションMaxの嘉納治五郎に抱きしめられ、四三の幼い頃の夢であった「嘉納治五郎に抱っこ」が達成されます。

2話~4話ぐらいまでで描かれてきた四三の嘉納治五郎への想いが溢れて、とってもいいシーンでした。

でも、こんな感動的なシーンでも笑いを忘れないのが今回の大河ドラマ。

ずーと邪魔くさいとまで思っていた古今亭志ん生(ビートたけし)の落語がここで突然絡んできます。

マラソン優勝後、水を飲むことを勧められ、「いらない。夢になるといけないから」と話した金栗四三。

ダラダラと古今亭志ん生の話、酒を飲んだ瞬間に夢になってしまうという落語「芝浜」を仕込んでいたのは、この時のためだったのかと思わずうなってしまった。

爆笑とはならないけど、ホントにうまい絡め方だった。

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

そして、そんな古今亭志ん生の昔の姿・美濃部孝蔵も今回は走り出す。

マラソンに学歴詐称で出場した清さんの代わりに人力車を任された孝蔵は、尊敬する噺家・橘家円喬を乗せたことで弟子入りが決定。

オリンピックに向け、「世界」を意識させられる金栗四三と共に、孝蔵も新しい「世界」が開けました。

この大河ドラマは話が時間軸があちこちしていて分かりにくいとの批判も多いようですが、今回ばっかりは話の作り方は素晴らしかった。

ここまで我慢wして見てきて良かったよ。マジでww

 

美濃部孝蔵(森山未來)とは?

孝蔵の師匠・橘家円喬(松尾スズキ)とは?

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

さて、マラソン優勝、世界記録更新で一躍ヒーローとなった金栗四三は競技中に破れてしまった足袋の改良を求めて播磨屋へ。

自分の店の足袋で世界記録が出されたことに上機嫌だった播磨屋の店主・黒坂辛作でしたが、四三の「走りにくい」との一言で黒坂の表情は一変。

そんなことも無視して足袋への不満をぶちまける四三に、ついに黒坂もブチギレして四三を追い出してしまう。

しかし、黒坂にも「プライド」というものがあるのだろうか、破れた足袋を見つめて考え始めた。

この黒坂辛作も今回の一件で新しい「世界」が開けて、マラソン用の足袋「金栗足袋」が開発されていくわけね。

ホント、よくできたお話だわ。

 

播磨屋・黒坂辛作(ピエール瀧)とは?

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

そして新しい「世界」が開けそうなのがもう一人。

それが三島家の女中・シマ(杉咲花)。

弥彦の短距離優勝に全く関心のない三島家の連中に対して不満をブチまけるシマに対し、弥彦はいずれ日本にも女子スポーツが盛んになる日が来るかもしれないと話す。

NHK公式のキャラ設定を見ると、どうやらシマは四三と共に女子スポーツの先駆者になっていくようなので、このシマの人生の転機になる回になっているんだろう。

 

三島家の人物一覧

シマ(杉咲花)とは?

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

この大河ドラマは細かい話を散りばめて後から繋げていくというドラマなのね。

一見すると意味不明なような話も後から回収されるだろうから、しっかり見ておかなきゃいけないってことだな。

前回まであまり面白い印象がなかったけど、これからちょっと面白くなりそうだ。

 

最後に四三の世界記録更新後、嘉納治五郎たちはちょっと揉めてましたけど、どうやらこの記録には不正というか秘密があるみたい。

興味のある方は是非こちらへ↓

 

いだてん天狗倶楽部裏話|金栗四三の世界記録更新の疑惑を解明!犯人は誰?不正を徹底追及!
大河ドラマ「いだてん」 金栗四三の世界記録更新の秘密 大河ドラマ「いだてん」の初回と第5回において主人公である金栗四三がマラソンの世界記録を更新する場面が描かれています

スポンサーリンク

 

第5話「雨ニモ負ケズ」
深堀り記事
 

 

スポンサーリンク

次回 第6話「お江戸日本橋」
【あらすじ】と【期待度】について

 

スポンサーリンク

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

スポンサーリンク

 

-いだてんおさらい

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

いだてん|美川秀信(勝地涼)が面白い!三島和歌子が怖い!主人公の物語が薄っぺらい第3話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第3話「冒険世界」おさらい この記事では大河ドラマ「いだてん」の第3話「冒険世界」をおさらいしていきます。   出典:https://www.instagram.com/ 特集 …

いだてん|マダムキラー平沢(星野源)の策!コンゴの金栗四三と三島弥彦が感動を呼ぶ第46話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第46話「炎のランナー」おさらい 関連記事 平沢和重(星野源) 岩田幸彰(松坂桃李) 河野一郎(桐谷健太) 大河ドラマ「いだてん」第46話あらすじ 大河ドラマ「いだてん」全話あ …

いだてん|ウザい美川秀信が再登場!杉村陽太郎と奔走と嘉納治五郎の存在感!ラトゥールから失望されてしまう第33話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第33話「仁義なき戦い」【感想】 今回の関連記事 ・杉村陽太郎(加藤雅也) ・副島道正(塚本晋也) ・ムッソリーニ ・嘉納治五郎(役所広司) ・東龍太郎(松重豊) ・美川秀信( …

いだてん|226事件を食った大竹しのぶの演技が圧巻!清さんの人力車でラトゥールがご機嫌になった第34話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第34話「226」【感想】 この記事では大河ドラマ「いだてん」の第34話「226」の感想と、勝手にMVPを決めています。   いだてん今回のあらすじ 大河ドラマ「いだ …

いだてん|感動!四三の地図と東洋の魔女の再始動!徳井の名演技で青春スポ根ドラマと化した第45話おさらい

大河ドラマ「いだてん」 第45話「火の鳥」おさらい 関連記事 田畑政治(阿部サダヲ) 金栗四三(中村勘九郎) 岩田幸彰(松坂桃李) 人見絹枝(菅原小春) 前畑秀子(上白石萌歌) 大河ドラマ「いだてん」 …

スポンサーリンク