いだてん第34話あらすじネタバレ|二・二六事件とラトゥール視察!清さんの日の丸弁当に感動するラトゥール

   

大河ドラマ「いだてん
第34話あらすじネタバレ

ここでは、平成31年~令和元年大河ドラマ「いだてん」第34話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】はご遠慮下さい。たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありもすが、決して本編の大河ドラマ「いだてん」ではそのようなことはありません。なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

前回 大河ドラマ「いだてん」のあらすじ

いだてん第33話あらすじネタバレ|ムッソリーニと対面!偉大なサムライ嘉納治五郎の人望と金栗四三の家出
大河ドラマ「いだてん」 第33話あらすじネタバレ ここでは、平成31年~令和元年大河ドラマ「いだてん」第33話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。詳細なネタバレ

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「いだてん」
第34話
NHK公式 あらすじ

公式HP発表後、抜粋致します。

スポンサーリンク

大河ドラマ「いだてん」
第34話
あらすじ【ネタバレ注意】

 

二・二六事件と四三の家出事件

昭和11年(1936年)2月26日の早朝、陸軍の青年将校が「昭和維新」を掲げた「二・二六事件」が勃発した。

高橋是清邸も襲撃され、高橋是清は中橋中尉によって撃たれた。

警視庁も占拠されて大混乱となる中、田畑政治のいる朝日新聞社では事件の号外の準備に取りかかっていた。

すると、そこに内務省から記事の差し止めの連絡が入る。

午前9時、朝日新聞社には将校たちがなだれ込み、「国賊新聞をたたき潰す」と言って暴れていく。

政治はロサンゼルス・オリンピックの記念写真をたたきつけられ、思わずつかみかかり殴られてしまった。

 

その頃、金栗四三は小松勝とともに「カフェ・ニューミカワ」にいた。

早朝に家出を決行したものの、駅に着けば東京は大暴動が起こっていると聞かされ困った四三たち。

「家出は中止」

しかし、四三は最近すっかり手厳しくなったスヤを心配させてやろうとすぐに帰ろうとはしなかった。

夜になって四三は家に帰ったが、スヤも幾江もラジオの緊急ニュースに夢中で、家出のことは全く気づいてもらえてなかった。

 

翌日から戒厳令が敷かれ、反乱軍が投降するまでの3日間は東京はものものしい雰囲気だった。

そんな中、山本忠興が政治の家を訪れた。

どうやらラトゥールが2週間後に来るらしい。

そして山本は嘉納治五郎の意志を伝えた。

「『こんなとき』だからこそオリンピックを」

 

 

スポンサーリンク

 

 

嘉納治五郎の覚悟

山本が帰り、政治は妻の菊枝に本心を話した。

「俺も怖い。是清さんも犬養さんも皆殺された。記者じゃなければもっと能天気にいられたかもしれない。『こんなとき』がどんどん悲惨になっているのを記者の田畑政治は見過ごせない。」

すると、菊枝は記者かオリンピックのどちらかをやめて夫婦の時間を作るように言った。

「冗談じゃない!オリンピックは今しかない!今やらなければ日本の言論の自由は武力でねじ伏せられる!」

菊枝の言葉に奮起した政治はそのままオリンピック招致委員会が開かれる東京市庁へ向かって行った。

 

市庁舎にはすでに治五郎、牛塚虎太郎、副島道正、山本忠興が揃っていた。

治五郎はラトゥールが来ることが決まって、もう興奮している。

そんな治五郎に政治が痛烈に言い放った。

「反乱軍と鎮圧軍の戦が始まるかもしれない。民間人も巻き込まれるかもしれない。あんた本気で今、日本でオリンピックやれると思ってるのか?」

すると治五郎は言う。

「やれるとか、やりたいとかじゃない!やるんだよ!そのためにはいかなる努力も惜しまん!」

治五郎の本気に政治は「それなら自分もついていく」と覚悟を決めるのであった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

清さんの日の丸弁当

3月19日、ラトゥールが東京に到着し、万歳で迎える大人、「走れ大地を」を歌う子供たちが盛大に迎えた。

治五郎の案で、移動手段には清さんの人力車が選ばれ、政治も写真集「日本」を片手に同行。

そしてラトゥールの人力車は神宮競技場に止まった。

ここで治五郎は関東大震災の際に競技場が避難所として開放されたことを伝え、13年かけて立ち直ったこの場所でオリンピックをやりたいと語った。

その後、ラトゥールの希望で岸清一の墓参りをし、プールで選手たちを激励したあと、寄席で孝蔵の落語を聞いて、講道館に連れていった。

治五郎は柔道の稽古をつけながら、東京招致のためムッソリーニを説得させようとしたことをラトゥールに謝った。

「正攻法では間に合わんと思い、禁じ手を使った。すまん。でも、もし東京でオリンピックをやってくれたら最高のアジア初の歴史に残る平和の祭典にしてみせる!」

 

ラトゥールの視察が新聞の載る頃、池部家では四三が治五郎からの手紙をスヤと幾江に見せていた。

「東京にオリンピックば呼ぶため、力になってくれって」

幾江は近頃落ち着きを失くしていた四三を見て、何かあるだろうと予感はしていた。

「そぎゃん行きたかったら、行ったらよか。そん代わり、立派に成し遂げてこい。国ば挙げてのお祭りだけん。」

嬉しそうに四三は言う。

「よかった。4年後の大会を見届けたら帰ります。俺なんかおらんでも寂しくないでしょうが。」

すると幾江が怒り出す。

「働かん。走ってばっかりの息子でも、4年もおらんだら寂しか。それが親じゃ。こんアホが!」

思いがけない幾江の言葉に、四三は感激し抱きつく。

「すいまっせん。お母さん。今度が最後。もう行かん!」

 

 

その後、ラトゥールはウナギを食べるため、清さんの人力車に乗っていた。

清さんが近道だというので諏訪神社の脇道を通ると、子供たちがゴム跳びや竹馬で遊んでいる。

ラトゥールは思わず清さんの足を止めさせ、子供たちを見ていた。

すると、女の子は花輪を作り、勝った子供の頭に乗せている光景を見てラトゥールは感動する。

さらに空腹が限界だというラトゥールに、清さんが自分の弁当箱を差し出すと中身はただの「日の丸弁当」だった。

 

9日間の滞在を終え、ラトゥールは記者会見を開いた。

「この国は子供でさえオリンピックを知っている。戒厳令の町で子供たちがスポーツに熱中している。日本の隅々まで、弁当箱の中にまでオリンピック精神が満ち溢れている。そのことを夏のベルリン総会で力説させてもらうよ!」

 

 

スポンサーリンク

 

 

次回 大河ドラマ「いだてん」第35話あらすじ

いだてん第35話あらすじネタバレ|東京オリンピック決定とハリマヤの金メダル!差別のベルリン・オリンピック
大河ドラマ「いだてん」 第35話あらすじネタバレ ここでは、平成31年~令和元年大河ドラマ「いだてん」第35話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。詳細なネタバレ

大河ドラマいだてん全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「いだてん」 ~東京オリムピック噺~ 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺

大河ドラマ「いだてん」
放送後の感想について

スポンサーリンク

 

 


スポンサーリンク

 - いだてんあらすじ