いだてん最終回あらすじネタバレ|田畑政治、金栗四三それぞれのゴール!そして2020東京オリンピックへ!

      2019/10/02

大河ドラマ「いだてん
最終回あらすじネタバレ

ここでは、平成31年~令和元年大河ドラマ「いだてん」最終回についてサラッとあらすじ・ネタバレについて紹介していきます。先の展開を知りたくない方はご遠慮下さい。

最終回のポイントは何といっても東京オリンピックですが、競技者ではない主人公、登場人物たちがそれぞれのゴールを迎えるという最終回らしい最終回となりそうです。

それでは「いだてん」最終回あらすじ・ネタバレをどうぞ!

 

前回 大河ドラマ「いだてん」のあらすじ

いだてん第46話あらすじネタバレ|平沢和重(星野源)の策とは?当たらないママの占いの結果は?
大河ドラマ「いだてん」 第46話あらすじネタバレ ここでは、平成31年~令和元年大河ドラマ「いだてん」第46話のあらすじ・ネタバレについてサラッと紹介していきます。詳細

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「いだてん」
最終回
NHK公式 あらすじ

公式HP発表後、抜粋致します。

スポンサーリンク

大河ドラマ「いだてん」
最終回
あらすじ【ネタバレ注意】

 

東京オリンピック

昭和39年(1964)10月10日、快晴の中で東京オリンピックが開会式を迎えた。

聖火リレーの最終ランナーを務めたのは坂井義則。

そんな中、スタンドにいた田畑政治のもとに金栗四三がやってくきて、かつてオリンピック聖火ランナーを指名した嘉納治五郎からの手紙を見せてきた。

四三は気にしてないというわりには、スーツ姿に足袋を履いていた。

 

一方、貴賓室では岩田幸彰が開会式で日本語スピーチをするIOC会長・ブランデージに指導をしていた。

岩田の手には嘉納治五郎から田畑政治に手渡され、最後に自分に託されたストップウォッチを持っていた。

それを見てブランテージは「まだ、それが動いているのは彼(嘉納治五郎)は生きているからだよ」と語るのであった。

 

その後、観客たちが押し寄せた国立競技場に各国の選手団が入場した。

二人きりのコンゴ共和国の選手団を見て、ストックホルムを思い出す四三。

三島と二人きりだったストックホルムとは違い、東京での日本選手団は354人になっていた。

 

ブランテージのスピーチ、天皇陛下の開会宣言のあと、坂井による聖火の点火が行われ、1万羽の鳩が飛び出す。

その頃、古今亭志ん生はテレビ寄席で「富久」を演じようとしていた。

ここで志ん生は満州での小松勝との出会い、その子である五りんが自分の弟子になった不思議な縁を語るのであった。

 

一方、五りんは聖火ランナーの伴走者として東京オリンピックに参加したあと、志ん生の出番終わりを待っていた。

すると出番を終えた志ん生は五りんに会うなり、破門の取り消しを伝える。

喜ぶ五りんだったが、そこに「もうすぐ子供が生まれそう」という報が入り、急いで知恵のもとに駆け出していった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

東京オリンピック閉会式

東京オリンピックでは日本勢は様々な競技でメダルを獲得し、連日「君が代」が流れた。

その中には、ソ連を破って金メダルと獲得した女子バレーも含まれていた。

 

10月24日、閉会式。

観客席から眺めていた田畑政治は一人競技場を去ろうとしていた。

するとそこに岩田幸彰がやってきて、「お返しします」と嘉納治五郎のストップウォッチを手渡す。

田畑は涙をこらえることができなかった。

 

「いだてん」のゴール

昭和42年(1967)、熊本の池部家にストックホルムオリンピック委員会から手紙が届いた。

内容は「1912年のマラソンにおいて金栗四三は途中で姿を消し、いまだにゴールしていないから完走してくれ」というもの。

これまで「競技中に失踪し行方不明」として扱われていた四三。

オリンピック委員会は四三を記念式典でゴールさせるために招待し、四三は競技場をゆっくりと走って場内に用意されたゴールテープを切った。

「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します!」

四三はオリンピック史上最も遅いマラソン記録として名を残したのです。

 

~完~

 

スポンサーリンク

 

大河ドラマいだてん全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「いだてん」 ~東京オリムピック噺~ 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺

大河ドラマ「いだてん」
放送後の感想について

スポンサーリンク

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事


スポンサーリンク

 - いだてんあらすじ