いだてんおさらい

いだてん|人見絹枝登場!金八?いや金栗先生と女子の乱!話題盛り沢山の良回だった第22話をおさらい

投稿日:2019年6月9日 更新日:

大河ドラマ「いだてん」
第22話「ヴィーナスの誕生」おさらい

この記事では大河ドラマ「いだてん」の第22話「ヴィーナスの誕生」をおさらいし、感想を書いています。

 

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

人見絹枝と女子の乱!

大河ドラマ「いだてん」の第22話「ヴィーナスの誕生」いかがでしたか?

とにかく女・女・女のゴリ推しがめちゃめちゃ面白くて、1時間が一瞬で過ぎちゃいました。

もう、来週が気になっちゃってしょうがありません。

どうやら来週は大正12年9月1日、そう関東大震災が描かれるようなので展開が楽しみで楽しみで。

では、村田富江らが起こした女子の乱の第22話のおさらいと感想です。

 

まず、今回は「東京おりん噺」ってことで、孝蔵と妻・おりんとの結婚から話がスタート。

落語パートにはあまり興味がない私にとっては正直どうでもいい話なんですが、孝蔵のクズっぷりがなかなか素晴らしいww。

孝蔵はとんとん拍子に出世して「真打」になるのに、せっかくもらった羽織も袴も質に入れて遊びまくっちゃうなんて。

しかも、その羽織は昔一緒に旅をして腕を磨いていた三遊亭万朝(柄本時生)が、金にだらしない孝蔵がいざって時に用意してくれていた物。

口では「ありがてぇ」なんて言っておきながら、もらったその帰り道で金に換えて酒、女、バクチに使っちゃうなんてクズ中のクズだろ!。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

さらに、清さんと小梅が取りもってくれた縁談話でも孝蔵がクズっぷりを発揮。

貧乏なのに嫁いでくれた、おりん(夏菜)に対しての仕打ちがあまりにもヒドイ。

祝いの尾頭付きは「たいやき」だし、祝儀をかっさらってやっぱり酒、女、バクチに使っちゃうし。

どんだけ、この男クズなんすか?

よくもまぁ、おりんはこの男と結婚しようと思ったよね。

父親もおりんも男を見る目がないよね。

あ、のちのちスゴイ落語家として大成していくんだから、見る目はあったのか(笑)。

結果があらかじめ分かっているから許せるものの、この時点では孝蔵は男としてってより、人間としてクズでしかない。

あんなにカワイイ嫁さんもらってることも許せん!(笑)

いいなぁ~クソクズ野郎・・・

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

さて、序盤では人間の汚い部分を思う存分見せられた今回ですが、オープニング後は女子たちの清々しい展開に移行しちゃう。

すっかり金栗四三のスポーツ熱に侵されてしまった第二高女(竹早)の村田富江(黒島結菜)たち。

もともと村田たちがスポーツをやりたくないってっ言っていたのは、「シャン(美人)じゃないから」って理由でした。

簡単に言えば、カワイクないからやりたくないってことでしょ。

だから、スポーツに目覚めてもそういうトコだけは譲らないんすね。この子たちは。

テニスをやるにしても外国人有名選手のスタイルに憧れて自作でユニフォーム作っちゃうという、分かりやすい「形から入るタイブ」ってやつね。

いや、実際にカワイイんだけど、チヤホヤされ過ぎてやっぱり実力がともなってなかったんだろうなぁ~。

一応、四三のアスリートとしてのあ「足」には興味があったみたいで陸上とかもはじめてましたけど、理由は「シャンになりたい」ってことだから動機が不純と言えば不純だわ。

だから、人見絹枝というホンモノにあったときにコテンパンにされちゃうんだよ。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

ダンサーの菅原小春が演じることで注目を浴びている人見絹枝は、のちに日本初の女子オリンピック選手となる超一流アスリート。

そもそも東京の竹早でチヤホヤされ「シャンになりたい」とか言ってる都会っ子が、岡山の田舎育ちのバケモノに時点で勝てるわけないw。

だいたい、あんたたちが「パパ」って慕っている金栗四三だって、熊本の野生児みたいなバケモノだからね。

都会っ子が見本にするような人物じゃないんすよ。ハングリーさが違うんだから。

人見絹枝からは「別に勝ちたくないんすけど、勝っちゃうんすよ」みたいな発言もかまされて悔しがる竹早ガールズにはちょっと「ざまぁ」って思ってしまった。

ま、いい子たちなんですけどね。フォローになってないか(笑)。

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

その後、負けた悔しさもあったのかな?四三主催の女子陸上大会で活躍を見せる村田富江。

でもこのときに村田富江が取った行動が問題になってしまうことに。

その行動というのが、スパイクがきついから靴下を脱いで素足で走っただけ。

しかし、この時代には大問題だったよう。

大変だな~この時代はさぁ~。

孝蔵のようなクズを相手にする遊女もいるのに、一方では足出すだけで新聞載るんですよ。

この時代の基準ってどうなってんだって話ですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ま、そんなこんなで村田富江の父・大作(板尾創路)が学校に乗り込んできて大激怒するんですが、この時の四三の金八先生っぷりは良かったね。

「女子が足を出してなにが悪い!まず、なぜ日本記録を出したことを褒めてやらない?」

おぉぉぉ~、いつの間に「マラソンバカ」から「熱血先生」になったんだよ四三は。

カッコイイじゃないか!

でも、気になったのはその後の言葉。

「足をだしたとかの問題は、家でやってくれ」

・・・・?・・・・

おいおい、先生・・・責任丸投げやん(笑)。

しかも、「あんたたちがそんなんだから、ヨーロッパに勝てない」という、急に話題をすり替えるというオマケつき。

たしかにそうかしれないけど、完全に自分の思い、考えを押し付けてますな。

言ってることは大作と変わんないじゃん(笑)。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

そんな言葉のせいか、どうかは知りませんが、そのあと退職勧告されちゃう金八先生、いや金栗先生。

これに怒ったのが、すっかり金栗先生にハマっている村田富江たち女学生たち。

教室に立て籠り、大人たちを相手に「女子の乱」を起こしちゃう。

「『女らしい』って何か?」を問う女学生たちの見事な啖呵にグウの音もでない先生たち。

説得にまわっていた先生側のシマ(杉咲花)も「うん。反論なしです。」って(笑)。

さぁ、来週どうなるのかなぁ~。これは面白いぞ~。

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

あと、今回はシマについて理由はのちのち分かるとは思うのですが、かなりの時間が費やされてました。

女学生たちがスポーツに目覚め、女子スポーツが広まっていく中、妊娠が発覚したシマ。

周りが動き出したのに、自分は「母」になることで「オリンピックに出れば?」なんていう四三に気をつかっていたんでしょう。

でも、結局は四三も喜んでくれて幸せいっぱいのシマ。良かったねぇ~。

その後、竹早が岡山でコテンパンにされた相手・人見絹枝に興味を示したシマ。

テニスの試合中から敵である人見絹枝の姿を追い、試合後も陸上を薦め、東京からも手紙を送るというゾッコンぶり。

自分ができないことを簡単にやってのける人見絹枝に憧れていたんでしょうか。

急に訪れた結婚、妊娠、出産と、女子スポーツの波、それを担おうとする若手女子選手たちの活躍。

幸せの最中、シマが「女子スポーツ」のバトンをの渡そうとしているように見えます。

そして来週は、大正12年9月1日という関東大震災の日。

最後のナレーションでもシマの声はなかったし、気になりますよね・・・・・。

ネタバレにはなりますが、もしシマの運命について知りたい方がいたら下に記事を貼っておきます。

覚悟してお読みください。

 

いだてん|シマは関東大震災で死ぬの?行方不明のシマ(杉咲花)の残酷な運命のネタバレ!
大河ドラマ【いだてん】 シマが関東大震災で死ぬの? 大河ドラマ「いだてん」で、金栗四三が勤務する第二高女(通称:竹早)で共に教鞭をとっているシマちゃん先生(杉咲花)

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「いだてん」
第22話「ヴィーナスの誕生」
深堀り記事

 

スポンサーリンク

 

 大河ドラマ「いだてん」
第22話「ヴィーナスの誕生」
勝手にMVP

今回のMVPは、「いだてん」に出ている女子全員。

女学生たちの力を借り、これまでにない展開が始まって「いだてん」が急に面白くなった気がする。

人見絹枝についてもこれからドンドン活躍してきそうだし。

視聴率は相変わらず悪いようですが、ここにきて「女子スポーツ」というスパイスが見事に効いてきましたね。

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「いだてん」
次回 第23話「大地」
【あらすじ】と【期待度】について

 

スポンサーリンク

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

スポンサーリンク

 

-いだてんおさらい

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

いだてん|お金がない!オリンピック出場を巡り問題が山積みの嘉納治五郎先生を描いた第6話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第6話「お江戸日本橋」おさらい この記事では大河ドラマ「いだてん」の第6話「お江戸日本橋」をおさらいしています。   出典:https://www.instagram.com/ …

いだてん|ウザい美川秀信が再登場!杉村陽太郎と奔走と嘉納治五郎の存在感!ラトゥールから失望されてしまう第33話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第33話「仁義なき戦い」【感想】 今回の関連記事 ・杉村陽太郎(加藤雅也) ・副島道正(塚本晋也) ・ムッソリーニ ・嘉納治五郎(役所広司) ・東龍太郎(松重豊) ・美川秀信( …

no image

いだてん初回(第1話)おさらい|もはや嘉納治五郎物語?登場人物が多すぎてよく分からなかった第1話

大河ドラマ「いだてん」 初回(第1話)「夜明け前」おさらい この記事では大河ドラマ「いだてん」の記念すべき初回(第1話)をおさらいしていきます。   出典:https://www.instagram. …

いだてん|大横田エエカッコしい(笑)高石勝男の苦悩と涙のオリンピック選考会の第29話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第29話「夢のカリフォルニア」おさらい 関連記事 いだてん|高石勝男(斎藤工)の生涯とその後のド派手な葬儀についてご紹介!誰からも愛されたノンプレイングキャプテン 大河ドラマ「 …

いだてん|四三の背中に桔梗の紋!麒麟がくるへのエール?日系人を熱狂させた水泳陣の活躍を描く第31話をおさらい

大河ドラマ「いだてん」 第31話「トップ・オブ・ザ・ワールド」おさらい いだてんのあらすじ・ネタバレ 大河ドラマ「いだてん」第31話あらすじ 大河ドラマ「いだてん」全話あらすじ・ネタバレ 次回、五りん …

スポンサーリンク