いだてん第18話あらすじネタバレ|播磨屋・黒坂辛作の足袋が勝利!シマ、トクヨの女の戦い!スヤの不満爆発!

      2019/05/12

大河ドラマ「いだてん
第18話「愛の夢」あらすじネタバレ

ここでは、平成31年大河ドラマ「いだてん」第18話「愛の夢」のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】はご遠慮下さい。たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありもすが、決して本編の大河ドラマ「いだてん」ではそのようなことはありません。なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

前回 大河ドラマ「いだてん」のあらすじ

いだてん第17話あらすじネタバレ|駅伝誕生!オリンピック中止を聞いた四三が見つけた新しい夢!
大河ドラマ「いだてん」 第17話「いつも2人で」あらすじネタバレ ここでは、平成31年大河ドラマ「いだてん」第17話「いつも2人で」のあらすじ・ネタバレについて書いてい

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「いだてん」
第18話「愛の夢」
NHK公式 あらすじ

駅伝の盛り上がりとともに、四三(中村勘九郎)の妻・スヤ(綾瀬はるか)が懐妊する。イギリス留学から帰国した二階堂トクヨ(寺島しのぶ)が、女性が自由に体を動かせるチュニックと「ダンス」を持ち帰り、身重のスヤやシマ(杉咲 花)が目を輝かせる。そのころ、長旅から東京に帰ってきた孝蔵(森山未來)は、美川(勝地 涼)と小梅(橋本 愛)の起こしたトラブルに巻き込まれて散々な状況。腐りそうな孝蔵を、いつか日本一の噺家になるからと親友・清さん(峯田和伸)が激励する。そんな折、治五郎(役所広司)にフランスからニュースが飛び込む。

NHK公式サイト 大河ドラマ「いだてん」第18話「愛の夢」より抜粋

スポンサーリンク

大河ドラマ「いだてん」
第18話「愛の夢」
あらすじ【ネタバレ注意】

 

女をなめるな!

孝蔵はドサ回りから東京に戻り、久しぶりに清さんと会った。

すると清さんは、しばらく身を隠すように孝蔵に言った。

徳重というヤクザが孝蔵を探しているというのだ。

この徳重は小梅を金で買って囲っていたが、浮気っぽい小梅は他の男と一緒に逃げてしまい、激怒しているという。

「小梅のやつ、相手の男をかばって、孝ちゃんの名前出しちまったらしいんだよ」

相手を孝蔵にしておけば、旅先までは追いかけないだろうというの小梅のウソだったが、そこに孝蔵が帰ってきてしまったというわけだ。

「徳重と知らない仲じゃねぇ。話つけてくるから、しばらくどっかに隠れてな」

清さんは孝蔵に言い聞かせた。

 

その頃、小梅は美川秀信金栗四三のところを訪ねていた。

小梅は浮気相手の美川を匿って欲しいと四三にお願いしに来たのだ。

「私は旦那のところに帰るよ。大丈夫。隙を見て会いに来るから」

そう言って美川を押し付け、小梅は去っていった。

「会いたかったぁ金栗氏ぃ!その後どうだい?教職に就いたと聞いたが」

抱きついてきた美川に四三は説教のひとつでも言ってやりたかったが、美川の調子よさにそんな気持も無くなってしまう。

「俺は外ばっか走ってて家におらんから、この部屋は好きに使いな」

四三は東海道五十三次駅伝以降も様々なレースに出場し、日本中を駆け回っていた。

 

シマが通っている東京女子高等師範学校の永井道明のクラスでは、女子はブルマを履いて運動をしていた。

しかし、二階堂トクヨはイギリスで知った「チュニック」を播磨屋で仕立てさせ、生徒たちに与えることにした。

動きやすいチュニックは生徒に好評だったが、永井は激怒してトクヨの授業に怒鳴り込んでくる。

永井の教える体育とは、単純な体操を繰り返す軍隊の訓練のようなもので、ダンスを踊らせていたトクヨの体育とは大きな違いがあった。

永井はトクヨの授業を「破廉恥」と非難すると、トクヨは反論する。

トクヨはイギリス留学中に解剖学、生理学、運動理論を学び、永井の教えが女子の身体の特徴を無視した間違ったものであると知ったという。

「あなたはもう古い!女子の体育は女子の手で!」

 

 

スポンサーリンク

 

 

スヤ不満爆発!

その頃、播磨屋ではスヤがチュニックを着て感動していた。

「すごい楽ちん、これは妊婦にもいいです」

それを聞いて黒坂辛作は驚いた。

四三から妊娠のことは何も聞いていなかったからだ。

「知らんふりをしておいてください。あの人なりの考えがあってのことでしょうから。じきに帰ってくるでしょう」

黒坂辛作は妊娠中の妻が上京すると分かっていながら、出かけている四三を許せないでいると、美川秀信が口を挟んできた。

「金栗氏なら帰ってきませんよ」

この夏、四三は東京高等師範学校の後輩・秋葉と、下関から東京まで1,200kmを走る計画をしており、夜遅くまで練習しているという。

さらに、吉岡に勧められて書いた著書『ランニング』の出版記念講演もあって、忙しい日々を過ごしていた。

それを聞いて、スヤは積もり積もった不満をぶちまけた。

「いまだに結婚を黒坂辛作にしか言っていない。もうすぐ臨月なのになぜそばにいない?あの人はマラソンをするために、自分と一緒になったのか?マラソンをやめたら自分とお腹の子はどうなるのか?」

怒り狂ったスヤに、美川は四三の日記を手渡した。

美川は勝手に読んでいるので、結婚のことも妊娠のことも知っていたらしい。

迷いつつもスヤは日記を読み始めると、そこにはスヤの夢を見たときのことが書いてあった。

四三が金メダルを取り、祝勝会が開かれているという夢だ。

『スヤは西洋のドレスを着て音も立てず近づいた。私はようやくスヤを皆に紹介して祝福を受ける。すると目が覚めた。そして私は思ったのだ。スヤと産まれる子のため、この夢をいつか叶えようと』

夜、四三が帰ってくると、スヤの姿はすでになかった。

黒坂辛作から今帰ったところだと聞かされ、四三はスヤの乗った市電を追いかけ、次の停留所でスヤに安産祈願のお守りを渡した。

その後、熊本に戻ったスヤは男の子を出産し、「正明(まさあき)」と名付けられた。

そして、四三は夏に秋葉と共に下関ー東京間を20日間で走破する偉業を成し遂げるのであった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

播磨屋・黒坂辛作の勝利

孝蔵は飲み屋で清さんと会った。

清さんは徳重とは話はつけていたが、孝蔵はほとぼりが冷めるまでは東京を離れるようアドバイスされてしまう。

今、孝蔵が堂々と寄席に出られると徳重の面目が丸つぶれだからだ。

1年ぐらい姿を見せなければ大丈夫だと言われ、孝蔵はまたドサ回りに逆戻りすることになった。

「腐るなよ。三遊亭朝太はいずれ日本一の噺家になるんだ。そう俺は踏んでる。だから・・・」

突然、話の途中で清さんは孝蔵を店の外に押し出した。

「走れ!」

徳重が店に現れたのだった。

そして孝蔵が逃げる間、清さんは体を張って徳重を止めてくれていた。

 

ある日、金栗四三の部屋に野口源三郎が訪ねてきた。

野口は長野県の松本で教師をしていたが、陸上選手の夢を諦めることが出来ず、体協に戻ることにしたのだと言う。

すると四三は、この野口と居候の美川、そして共に下関ー東京を走った秋葉に新たなレースの構想を語った。

「日光から東京まで130㎞ある。これを獨協中学徒歩部は10区間に分けて3チームが走り、東京高等師範学校は5区間に分けて1チームが走る。そして俺は1人で走り切る!」

言ってみれば、マラソンと駅伝の対決というわけだ。

秋葉たちは無謀だと言ったが、四三は人間の持久力の限界に挑戦すると宣言した。

そこに黒坂辛作が来て、新しい足袋を渡した。

「だったら、これ履いて走んな」

渡された足袋は、底が布ではなくゴムに変わっていた。

四三は以前からゴム底にして欲しいと頼んでいたが、黒坂辛作は「それはもう足袋ではなく、靴だ。それだけは受け入れられない」と言って断っていた。

しかし、黒坂辛作も四三には根負けしたのだった。

 

その後、金栗四三は「マラソン対駅伝」に臨んだ。

結果は当然、駅伝チームの勝利に終わるが、黒坂辛作はゴールで倒れ込んだ四三に駆け寄って叫んだ。

「勝った。勝ったぞ!あんたは負けたけど俺は勝った!」

四三が履いていたゴム底の足袋は破れてはいなかった。

播磨屋の足袋が130㎞の道のりに勝ったのだ。

 

一方、体協にはクーベルタンから嘉納治五郎へ封書が届いていた。

読み終えた治五郎は高笑いして叫ぶ。

「いだてん!いだてんを呼べ!」

大正9年(1920年)の夏、8年ぶりのオリンピック開催を知らせるが親書だった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

次回 大河ドラマ「いだてん」第19話「箱根駅伝」あらすじ

いだてん第19話あらすじネタバレ|初めての箱根駅伝!岸清一の心を震わせた金栗四三が作った箱根駅伝がマラソンの復活へ
大河ドラマ「いだてん」 第19話「箱根駅伝」あらすじネタバレ ここでは、平成31年大河ドラマ「いだてん」第19話「箱根駅伝」のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

大河ドラマいだてん全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「いだてん」 ~東京オリムピック噺~ 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺

大河ドラマ「いだてん」
放送後の感想について

スポンサーリンク

【いだてんあらすじ】

【いだてん人物リスト】

水泳選手まとめ

人見絹枝(菅原小春)

前畑秀子(上白石萌歌)

高石勝男(斎藤工)

 

朝日新聞社まとめ

田畑政治(阿部サダヲ)

河野一郎(桐谷健太)

村山龍平

緒方竹虎(リリー・フランキー)

 

1940東京オリンピック招致チーム

嘉納治五郎(役所広司)

田畑政治(阿部サダヲ)

永田秀次郎(イッセー尾形)

杉村陽太郎(加藤雅也)

副島道正(塚本晋也)

 

1964東京オリンピック招致チーム

田畑政治(阿部サダヲ)

岩田幸彰(松坂桃李)

平沢和重(星野源)

東龍太郎(松重豊)

 

体育協会まとめ

嘉納治五郎(役所広司)

金栗四三(中村勘九郎)

野口源三郎(永山絢斗)

二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

可児徳(古舘寛治)

永井道明(杉本哲太)

大森兵蔵(竹野内豊)

大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

 

浅草の人物まとめ

古今亭志ん生(ビートたけし)

美濃部孝蔵(森山未來)

橘家円喬(松尾スズキ)

清さん(峯田和伸)

小梅(橋本愛)

 

金栗家の人物まとめ

金栗四三(中村勘九郎)

金栗実次(中村獅童)

春野スヤ(綾瀬はるか)

池部幾江(大竹しのぶ)

 

政治家まとめ

高橋是清(萩原健一)

犬養毅(塩見三省)

大隈重信(平泉成)

 

その他人物まとめ

美川秀信(勝地涼)

黒坂辛作

本庄(山本美月)

河西三省(トータス松本)

 

三島家の人物まとめ

三島弥彦(生田斗真)

三島和歌子(白石加代子)

三島弥太郎(小澤征悦)

シマ(杉咲花)

 

天狗倶楽部メンバーまとめ

押川春浪(武井壮)

中川臨川(近藤公園)

吉岡信敬(満島真之介)

 

【いだてん関連リスト】


スポンサーリンク

 - いだてんあらすじ