いだてん33話あらすじネタバレ関連記事「ムッソリーニ、小松勝、二・二六事件」についての記事で33話を深く知ろう!

   

大河ドラマ「いだてん」第33
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ「いだてん」を楽しんでもらうため、いだてん第33話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

いだてんの予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

33話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

いだてん第33話あらすじネタバレ|ムッソリーニと対面!偉大なサムライ嘉納治五郎の人望と金栗四三の家出
大河ドラマ「いだてん」 第33話「仁義なき戦い」あらすじネタバレ ここでは、平成31年~令和元年大河ドラマ「いだてん」第33話「仁義なき戦い」のあらすじ・ネタバレについ

スポンサーリンク

 

独裁者「ムッソリーニ

大河ドラマ「いだてん」で1940年オリンピック招致を目指していた嘉納治五郎は、同じく招致に名乗りを上げていたローマに対抗するのではなく、話し合って譲ってもらおうという大胆な作戦を提案しました。

第33話では、この『譲ってもらおう作戦』を実行するため、田畑政治たちはイタリアへ赴むくことになりますが、交渉の相手は国政を牛耳っていた独裁者「ムッソリーニ」でした。

ここで田畑政治らはおっかない雰囲気を醸し出す「ムッソリーニ」に何とか『譲ってもらう』ことを了承してもらい胸をなでおろしますが、すぐに開かれたIOC総会では驚くことに簡単に約束を反故にされてローマが立候補してきます。

下の記事では、第二次世界大戦で重要人物となる気分屋で陽気な独裁者「ムッソリーニ」の生涯について紹介しています。

いだてん|ムッソリーニ|イタリアの独裁者が東京オリンピック開催に待ったをかける!ファシスト党の首領の生涯とは?
大河ドラマ「いだてん」 ムッソリーニ 大河ドラマ「いだてん」で白黒の本人映像で紹介されているイタリアの独裁者・ムッソリーニという人物。 嘉納治五郎、田畑政治たちが目指

 

四三の弟子「小松勝」とシマの娘「増野りく

大河ドラマ「いだてん」の第32話から登場した金栗四三の弟子「小松勝」。

金栗四三と共に行動し、日本人がまだマラソンで獲得していないメダルを東京オリンピックで取りたいと話す「小松勝」は、その後も金栗四三にくっついて東京まで行くことになります。

下の記事では、五りんの出生の秘密を握る「小松勝」と五りんの母親となる「増野りく」について紹介しています。

五りんの父親は小松勝!母はシマの娘・りく?ネタバレ・判明した五りんの父親・小松勝は金栗四三の愛弟子だった!
大河ドラマ「いだてん」 五りんの父親・小松勝 大河ドラマ「いだてん」の最初からずーと引っ張ってきた神木隆之介が演じる「五りん」の父親の謎。 金栗四三編が終盤に近づ
いだてん|シマ生きてた?増野りく役で杉咲花が再登場!小松勝と結婚し五りんの母となるシマにうりふたつの「りくちゃん」
大河ドラマ「いだてん」 増野りく(杉咲花) 大河ドラマ「いだてん」で、関東大震災によって行方不明になってしまった増野シマ(杉咲花)。 その忘れ形見である娘「りくちゃん

 

スポンサーリンク

 

杉村陽太郎副島道正」と「幻の1940東京オリンピック

大河ドラマ「いだてん」の第33話では東京オリンピック招致のため、田畑政治と共にローマに赴いたのが「杉村陽太郎」と「副島道正」。

彼らは腰を痛めた嘉納治五郎に代わり、独裁者として名高いムッソリーニと会談してオリンピックを譲ってもらおうとしました。

下の記事では文武両道のエリート「杉村陽太郎」と会談直前に生死の境をさまよった「副島道正」、二人が尽力した「幻の1940東京オリンピック」について紹介しています。

いだてん|杉村陽太郎(加藤雅也)文武両道の嘉納治五郎の愛弟子は超エリート外交官!
大河ドラマ「いだてん」 杉村陽太郎 大河ドラマ「いだてん」で加藤雅也が演じるのが杉村陽太郎。 杉村陽太郎は東京帝国大学出身の超エリート外交官であり、柔道6段の腕前で嘉
いだてん|副島道正(塚本晋也)東京オリンピック招致の立役者はやがて返上のキーマンに?日本人4人目のIOC委員・副島道正とは
大河ドラマ「いだてん」 副島道正 大河ドラマ「いだてん」で塚本晋也が演じるのが、岸清一の遺志を継いで日本人4人目のIOC委員となる副島道正。 明治時代に外務卿として活
いだてん|幻の1940東京オリンピック①【招致成功編】嘉納治五郎の夢、開催決定までの歴史を簡単にご紹介!
大河ドラマ「いだてん」 幻の1940東京オリンピック①【招致成功編】 大河ドラマ「いだてん」は、これまでの1人の偉人の生涯を追ったドラマではなく、「東京オリンピック」開
いだてん|幻の1940東京オリンピック②【無念返上編】嘉納治五郎の死、五輪返上の歴史を簡単にご紹介!
大河ドラマ「いだてん」 幻の1940東京オリンピック②【無念返上編】 大河ドラマ「いだてん」は、これまでの1人の偉人の生涯を追ったドラマではなく、「東京オリンピック」開

 

二・二六事件

大河ドラマ「いだてん」の第33話では、オリンピック招致を巡って東京とローマが争い、IOC総会は紛糾してしまいます。

独裁者ムッソリーニのように徐々にオリンピックが政治利用されるようになってきたこの時期、日本国内ではその後の国の運命を決定づけるある大事件が起ころうとしていました。

下の記事では、嘉納治五郎の悲願である東京オリンピック開催に暗雲をもたらすことになる軍部のクーデター「二・二六事件」について紹介しています。

いだてん|二・二六事件とは?「昭和維新」を掲げた陸軍青年将校のクーデターを簡単に紹介
大河ドラマ「いだてん」 二・二六事件 大河ドラマ「いだてん」の第34話、東京オリンピック誘致に向けて嘉納治五郎たちが奔走する中で起こるのが、「昭和維新・尊王斬奸」をスロ

 

スポンサーリンク

 

「いだてん」あらすじ

大河ドラマいだてん全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「いだてん」 ~東京オリムピック噺~ 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺

 

「いだてん」記事まとめ

2019大河ドラマ【いだてん】人物・キャスト・関連記事|金栗四三と田畑政治の物語を予習、復習して楽しもう!
大河ドラマ【いだてん】 ~東京オリムピック噺~ この記事では、大河ドラマ「いだてん」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワードを

 

スポンサーリンク

 

 

【いだてん】あらすじ

 

【いだてん】人物・キャスト

あ:浅草の人物

あ:東龍太郎(松重豊)

い:池部幾江(大竹しのぶ)

い:犬養毅(塩見三省)

い:岩田幸彰(松坂桃李)

お:大隈重信(平泉成)

お:大森安仁子/アニー(シャーロットケイトフォックス)

お:大森兵蔵(竹野内豊)

お:緒方竹虎(リリー・フランキー)

お:押川春浪(武井壮)

か:河西三省(トータス松本)

か:金栗家の人物

か:金栗実次(中村獅童)

か:金栗四三(中村勘九郎)

か:嘉納治五郎(役所広司)

か:可児徳(古舘寛治)

く:黒坂辛作

げ:ゲネンゲル

こ:河野一郎(桐谷健太)

こ:小梅(橋本愛)

こ:古今亭志ん生(ビートたけし)

し:シマ(杉咲花)

す:杉村陽太郎(加藤雅也)

せ:清さん(峯田和伸)

そ:副島道正(塚本晋也)

そ:孫基禎

た:高石勝男(斎藤工)

た:高橋是清(萩原健一)

た:橘家円喬(松尾スズキ)

た:田畑政治(阿部サダヲ)

て:天狗倶楽部メンバー

な:永井道明(杉本哲太)

な:永田秀次郎(イッセー尾形)

な:中川臨川(近藤公園)

な:南昇竜

に:二階堂トクヨ(寺島しのぶ)

の:野口源三郎(永山絢斗)

は:春野スヤ(綾瀬はるか)

ひ:人見絹枝(菅原小春)

ひ:ヒトラー

ひ:平沢和重(星野源)

ほ:本庄(山本美月)

ま:前畑秀子(上白石萌歌)

み:美川秀信(勝地涼)

み:三島家の人物

み:三島弥太郎(小澤征悦)

み:三島弥彦(生田斗真)

み:三島和歌子(白石加代子)

み:美濃部孝蔵(森山未來)

む:ムッソリーニ

む:村山龍平

よ:吉岡信敬(満島真之介)

ら:ラザロ

 

【いだてん】関連記事

 

スポンサーリンク

 - いだてん関連