麒麟がくる関連

麒麟がくる初回あらすじ・ネタバレ関連記事まとめ!藤田伝吾・三淵藤孝・菊丸・駒・望月東庵などの記事で麒麟がくるを予習復習しよう

投稿日:2020年1月15日 更新日:

大河ドラマ「麒麟がくる」初回
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ「麒麟がくる」を楽しんでもらうため、初回で登場してくる人物や分かりにくい歴史用語などを深堀りした記事をまとめてあります。麒麟がくるの予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

初回あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

麒麟がくる初回(1話)あらすじネタバレ|明智光秀・斎藤道三・松永久秀、戦国の梟雄夢の競演
大河ドラマ「麒麟がくる」 初回あらすじネタバレ ここでは令和2年大河ドラマ「麒麟がくる」初回のあらすじ・ネタバレについてザックリと書いています。放送前に先の展開を知りた

スポンサーリンク

 

土岐源氏」と「桔梗紋

大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台、美濃国(現在の岐阜県)では長らく土岐氏が権力を持ち、支配体制を築いていました。

初回の時点では、すでに斎藤利政(道三)が権力を持って土岐氏は見る影もありませんが、それでも主人公の明智十兵衛光秀は「土岐源氏」の名を口にして、名門武士としての誇りを持っています。

下の記事では、美濃国に「土岐源氏」が根付いた歴史と、土岐氏、明智氏が使用する「桔梗紋」について簡単に紹介しています。

麒麟がくる【土岐源氏と桔梗紋】明智光秀や坂本龍馬を輩出した清和源氏から続く名門武家の系統
大河ドラマ麒麟がくる 土岐源氏 美濃国(現在の岐阜県)では長らく土岐氏という有力武家が権力を持ち、支配体制を築いていました。大河ドラマ「麒麟がくる」初回の時点では、すで

斎藤利政道三)」と「斎藤高政義龍)」

大河ドラマ「麒麟がくる」の序盤の舞台である美濃は、下剋上によって成り上がった斎藤道三によって支配されていますが、その地位は盤石なものではなく、やがて織田家との戦いや内部の権力闘争によって混乱していくことなります。

その中で、明智光秀は誰につくのかを悩み、次第に戦乱の世に巻き込まれていくのですが、下の記事では斎藤家の家臣として仕える明智光秀の主君「斎藤利政」の生涯と、その息子で光秀の学友であった「斎藤高政(義龍)」の生涯、さらに二人が繰り広げた騒然な親子喧嘩「長良川の戦い」についての勝手な考察について紹介しています。

麒麟がくる|斎藤道三・利政(本木雅弘)新資料で明らかになった親子2代の国盗り物語を中心にその生涯を追う
大河ドラマ「麒麟がくる」 斎藤道三(利政) 大河ドラマ「麒麟がくる」で本木雅弘が演じるのが、一代で油売りから成り上がって美濃一国を手中に治めた下克上の代表格「斎藤道三(
麒麟がくる|斎藤義龍・高政(伊藤英明)父親は土岐頼芸?光秀との友情と決別を経験する悩める名武将
大河ドラマ「麒麟がくる」 斎藤義龍(高政) 大河ドラマ「麒麟がくる」で伊藤英明が演じるのが、道三の嫡男でありながら自らの出自の謎にこだわる斎藤義龍(高政)。 「麒麟が
麒麟がくる|道三と義龍の親子ゲンカは全て道三のシナリオどおり?勝手に「長良川の戦い」を解釈してみた
大河ドラマ「麒麟がくる」 道三と義龍の親子ゲンカ(長良川の戦い) はじめに 大河ドラマ「麒麟がくる」の序盤で、一番の見どころとなりそうなのが本木雅弘演じる斎藤道三(利

スポンサーリンク

明智光安」と「藤田伝吾行政)」

大河ドラマ「麒麟がくる」序盤の明智家の当主は、主人公の明智十兵衛光秀ではなく、叔父である明智光安(西村まさ彦)です。

もともと当主であった明智光綱が死去した時、子の光秀が幼少だったために弟の光安が家督を継いだのですが、光秀はそんな光安を当主として立て、懸命に支えていきます。

下の記事では、ことなかれ主義で何事にも消極的な「明智光安」の生涯と、光秀を支えてのちに明智家五宿老の一人となる「藤田伝吾(行政)」の生涯について簡単に紹介しています。

麒麟がくる|明智光安(西村雅彦)光秀にバトンを託した明智家の初期リーダー・光安の生涯とは
大河ドラマ「麒麟がくる」 明智光安 大河ドラマ「麒麟がくる」で西村雅彦が演じてくれるのが、明智光秀の叔父にあたる明智光安(あけちみつやす)。 歴史上では「麒麟がく
麒麟がくる|藤田行政・伝吾(徳重聡)光秀に従う「誰?」レベルの超マニアック武将
大河ドラマ「麒麟がくる」 藤田行政(伝吾) 大河ドラマ「麒麟がくる」で、徳重聡が演じるのが明智家の重臣・藤田行政(伝吾) 藤田行政(伝吾)は明智光秀の父の代から明智家

日運」と「小見の方

大河ドラマ「麒麟がくる」で明智光秀は稲葉山城に上がって斎藤利政(のちの道三)と対面しようとした際、先客として「日運」というお坊さんが部屋にいました。

この「日運」は利政の妻「小見の方」の病気平癒のために登城していたのですが、光秀はこれを利用して堺まで旅をする許可を利政から得ることに成功します。

下の記事では、知れば知るほど驚く過去を持つ「麒麟がくる」」以前の美濃の重要人物「日運」の生涯と、深芳野という愛妾を押しのけて道三の正室におさまり、帰蝶を生んだ「小見の方」の生涯について紹介しています。

麒麟がくる|日運(有福正志)小見の方の病気平癒を願う僧は斎藤道三の国盗りのきっかけを作った重要人物だった!
大河ドラマ麒麟がくる 日運 大河ドラマ麒麟がくるの初回で有福正志が演じるのが、常在寺の住職・日運というお坊さん。この日運は斎藤道三の正室である小見の方の病気平癒のため、
麒麟がくる|小見の方(片岡京子)帰蝶の母は深芳野を押しのけて道三の正室になった謎多き女性
大河ドラマ麒麟がくる 小見の方(おみのかた / こみのかた) 大河ドラマ「麒麟がくる」で片岡京子か演じるのが、のちに信長の正室となる帰蝶の母で、斎藤道三の正室である小見

スポンサーリンク

三淵藤英」と「松永久秀

大河ドラマ「麒麟がくる」で鉄砲を手に入れようと堺に向かった明智光秀は、そこで「三淵藤英」と「松永久秀」に出会います。

史実ではこの時期に光秀が二人と出会っていた記録はありませんが、大河ドラマではこの時に出会ったことから道が拓け、のちに様々な物語へと展開していくことなります。

下の記事では、初登場ではちょっと嫌な奴「三淵藤英」の生涯と、戦国のダークヒーロー「松永久秀」の生涯について簡単に紹介しています。

麒麟がくる|三淵藤英(谷原章介)弟の細川藤孝のように戦国の流れに乗れなかった足利義昭の重臣
大河ドラマ「麒麟がくる」 三淵藤英(みつぶちふじひで) 大河ドラマ「麒麟がくる」で谷原章介が演じるのが、細川藤孝の異母兄にあたる三淵藤英(みつぶちふじひで)。 三淵藤
麒麟がくる|松永久秀(吉田鋼太郎)カッコよすぎる戦国のダークヒーロー!大河キーパーソンはこの人!
大河ドラマ「麒麟がくる」 松永久秀(吉田鋼太郎) 大河ドラマ「麒麟がくる」では吉田鋼太郎が演じる戦国のダークヒーロー松永秀が初回から登場。とにかくクールでダンディなカッ

望月東庵」と「」と「菊丸

大河ドラマ「麒麟がくる」では、実在しないオリジナルキャラクターとして医師の「望月東庵」、その助手の「駒」、三河の農民「菊丸」が登場してきます。

「望月東庵」は腕のいい医者でありながらギャンブラー、「駒」は麒麟の到来を待ち望んで明智光秀に恋する乙女、「菊丸」は何かと怪しい動きをする敵か味方かわからない男。

それぞれの個性的な設定で「麒麟がくる」を盛り上げる3人の記事を少々ネタバレもありますが、簡単に紹介しています。

麒麟がくる|望月東庵(堺正章)ギャンブル依存症の実在しない架空の人物
大河ドラマ麒麟がくる 望月東庵 大河ドラマ「麒麟がくる」で堺正章が演じるのが、望月東庵という医者。望月東庵は実在する人物ではなく、ドラマの中で作られた架空のオリジナルキ
麒麟がくる|駒(門脇麦)謎多き実在しない架空の人物・駒は光秀に恋する看護師さん
大河ドラマ麒麟がくる 駒(門脇麦) 大河ドラマ「麒麟がくる」で門脇麦が演じるのが、望月東庵の助手として医療行為を行う駒という女性。いわば現代の看護師さんです。駒は実在す
麒麟がくる|菊丸(岡村隆史)怪しい!謎の実在しない架空の人物・菊丸は敵か味方か?
大河ドラマ麒麟がくる 菊丸(岡村隆史) 大河ドラマ「麒麟がくる」で岡村隆史が演じるのが、菊丸という三河出身の農民。菊丸はその容姿から、秀吉のキャストの発表前に「のちの秀

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」あらすじ関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじや登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ 感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

-麒麟がくる関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麒麟がくる|松平広忠(浅利陽介)犯人は誰?謎の死を遂げた家康の父

大河ドラマ麒麟がくる 松平広忠 大河ドラマ「麒麟がくる」では、浅利陽介が演じる「松平広忠」が登場してきます。「松平広忠」は竹千代の父、つまりは徳川家康の父として決して無能ではない人物なのですが、なぜか …

麒麟がくる|道三と義龍の親子ゲンカは全て道三のシナリオどおり?勝手に「長良川の戦い」を解釈してみた

大河ドラマ「麒麟がくる」 道三と義龍の親子ゲンカ(長良川の戦い) はじめに 大河ドラマ「麒麟がくる」の序盤で、一番の見どころとなりそうなのが本木雅弘演じる斎藤道三(利政)と伊藤英明演じる斎藤義龍(高政 …

麒麟がくる|妻木煕子・ひろこ(木村文乃)髪を売って夫を助けた光秀最愛の妻ひろこの生涯

大河ドラマ「麒麟がくる」 妻木煕子(つまきひろこ) 大河ドラマ「麒麟がくる」で木村文乃が演じるのが、のちに明智光秀の妻となるこの大河のヒロイン・妻木煕子(つまきひろこ)。 正妻以外に側室を持つことが普 …

麒麟がくる|稲葉良通・一鉄(村田雄浩)頑固一徹!信長からは「今弁慶」、敵からは「誠の仁者」と称えられた歴戦の武人

大河ドラマ「麒麟がくる」 稲葉良通(一鉄) 大河ドラマ「麒麟がくる」で村田雄浩が演じるのが、頑固一徹の語源になったといわれる美濃の武人・稲葉良通(一鉄)。 稲葉良通は美濃三人衆と呼ばれた斎藤道三の有力 …

麒麟がくる|小豆坂の戦い[織田]対[今川+松平]三河の覇権をかけた重要な戦いにまたしても信秀が奇襲に敗れる!

大河ドラマ麒麟がくる 小豆坂の戦い 大河ドラマ「麒麟がくる」で斎藤利政(道三)の罠にかかって大敗した織田信秀は、一時美濃への侵略を中断して尾張の東に位置する三河への侵略に向かいました。当時、松平氏は内 …

スポンサーリンク