麒麟がくる【土岐源氏と桔梗紋】明智光秀や坂本龍馬を輩出した清和源氏から続く名門武家の系統

   

大河ドラマ麒麟がくる
土岐源氏

美濃国(現在の岐阜県)では長らく土岐氏という有力武家が権力を持ち、支配体制を築いていました。大河ドラマ「麒麟がくる」初回の時点では、すでに斎藤利政(道三)が成り上がっており、土岐氏の支配体制が崩れていますが、それでも「守護家」「土岐氏」という名前だけは依然として影響力を持ち、主人公の明智十兵衛光秀も何かある事に「土岐源氏」の名を口にしています。この記事では美濃国に「土岐源氏」が根付いた歴史と、土岐氏、明智氏が使用する「桔梗紋」について簡単に紹介していきます。

出典:https://sengokumiman.com/

スポンサーリンク

 

土岐源氏とは

「土岐源氏」は清和源氏から連なり美濃国を中心に栄えた「美濃源氏」の系統の源氏。

まず、平安時代中期、清和源氏の源頼光・頼国親子が『美濃守』を受領した事が「美濃源氏」の始まりとなった。

平安時代末期、後白河法皇の皇子・以仁王が平氏打倒のために挙兵すると、各地の源氏がこれに呼応し、「美濃源氏」の源光長も北陸道より進軍した木曾義仲に従って京へ向かった。

しかし、京で義仲と後白河法皇が対立すると、光長は法皇方につき、法住寺合戦において討ち取られてしまう。

残された光長の子・光衡は、その後に源頼朝に仕え、鎌倉幕府の御家人となって土岐氏を称し、「土岐源氏」と呼ばれるようになった。

 

土岐家の家紋は『水色桔梗紋』で、白黒紋でなく彩色紋として知られている。

これは光衡が戦の際に桔梗の花を兜に挟んで戦い、敵を大いに打ち破ったところから、戦勝記念として土岐家の家紋となったといわれる。

その後、土岐氏は南北朝時代に北朝方として室町幕府の創設に貢献したことから『美濃国守護』を務め、幕府官僚としても重用されて最盛期には美濃、尾張、伊勢の3か国の守護大名となった。

これ以降、明智氏、原氏、肥田氏、石谷氏などの「土岐源氏」の支流氏族が各地に広がっていったが、戦国時代に美濃国の土岐宗家は斎藤道三の下剋上によって没落してしまった。

一方、桔梗紋は土岐支流の明智光秀が使用し、本能寺の変以後は謀叛人の家紋として嫌われましたが、明智家ゆかりの家臣たちは桔梗紋を桜に似せて作り、「桔梗か」と問われると「いや桜だ」と答え、光秀への思いを守ったという。

 

ちなみに土岐一族ではない加藤清正、太田道灌などが桔梗紋を使用しているが、これらは『水色桔梗紋』ではなく、『白黒紋』となっている。

また、幕末の英雄・坂本龍馬は桔梗紋を使用していることから、明智光秀の末裔との説もあるが真偽の程は定かではない。

 

スポンサーリンク

【麒麟がくる全話・あらすじ】

初回~5話のあらすじ・期待度

6話~10話のあらすじ・期待度

11話~15話のあらすじ・期待度

 

 

【麒麟がくる人物・キャスト】

あ:明智光安(西村雅彦)

あ:足利義昭(滝藤賢一)

あ:足利義輝(向井理)

い:稲葉良通・一鉄(村田雄浩)

お:織田信秀(高橋克則)

お:織田彦五郎信友

お:織田信康

お:小見の方(片岡京子)

き:帰蝶・濃姫(川口春奈)

き:菊丸(岡村隆史)

こ:駒(門脇麦)

さ:斎藤道三・利政(本木雅弘)

さ:斎藤義龍・高政(伊藤英明)

つ:妻木煕子(木村文乃)

と:土岐頼芸(尾美としのり)

と:土岐頼純(矢野聖人)

と:土田御前(檀れい)

に:日運(有福正志)

ひ:平手政秀(上杉祥三)

ふ:藤田行政・伝吾(徳重聡)

ほ:細川晴元(国広富之)

ほ:細川幽斎・藤孝(眞島秀和)

ま:松永久秀(吉田鋼太郎)

み:三淵藤英(谷原章介)

み:三好長慶(山路和弘)

み:深芳野(南果歩)

も:望月東庵(堺正章)

 

 

【麒麟がくる関連記事】

スポンサーリンク

 - 麒麟がくる関連