麒麟がくる関連

麒麟がくる【土岐源氏と桔梗紋】明智光秀や坂本龍馬を輩出した清和源氏から続く名門武家の系統

投稿日:

大河ドラマ麒麟がくる
土岐源氏

美濃国(現在の岐阜県)では長らく土岐氏という有力武家が権力を持ち、支配体制を築いていました。大河ドラマ「麒麟がくる」初回の時点では、すでに斎藤利政(道三)が成り上がっており、土岐氏の支配体制が崩れていますが、それでも「守護家」「土岐氏」という名前だけは依然として影響力を持ち、主人公の明智十兵衛光秀も何かある事に「土岐源氏」の名を口にしています。この記事では美濃国に「土岐源氏」が根付いた歴史と、土岐氏、明智氏が使用する「桔梗紋」について簡単に紹介していきます。

出典:https://sengokumiman.com/

スポンサーリンク

 

土岐源氏とは

「土岐源氏」は清和源氏から連なり美濃国を中心に栄えた「美濃源氏」の系統の源氏。

まず、平安時代中期、清和源氏の源頼光・頼国親子が『美濃守』を受領した事が「美濃源氏」の始まりとなった。

平安時代末期、後白河法皇の皇子・以仁王が平氏打倒のために挙兵すると、各地の源氏がこれに呼応し、「美濃源氏」の源光長も北陸道より進軍した木曾義仲に従って京へ向かった。

しかし、京で義仲と後白河法皇が対立すると、光長は法皇方につき、法住寺合戦において討ち取られてしまう。

残された光長の子・光衡は、その後に源頼朝に仕え、鎌倉幕府の御家人となって土岐氏を称し、「土岐源氏」と呼ばれるようになった。

 

土岐家の家紋は『水色桔梗紋』で、白黒紋でなく彩色紋として知られている。

これは光衡が戦の際に桔梗の花を兜に挟んで戦い、敵を大いに打ち破ったところから、戦勝記念として土岐家の家紋となったといわれる。

その後、土岐氏は南北朝時代に北朝方として室町幕府の創設に貢献したことから『美濃国守護』を務め、幕府官僚としても重用されて最盛期には美濃、尾張、伊勢の3か国の守護大名となった。

これ以降、明智氏、原氏、肥田氏、石谷氏などの「土岐源氏」の支流氏族が各地に広がっていったが、戦国時代に美濃国の土岐宗家は斎藤道三の下剋上によって没落してしまった。

一方、桔梗紋は土岐支流の明智光秀が使用し、本能寺の変以後は謀叛人の家紋として嫌われましたが、明智家ゆかりの家臣たちは桔梗紋を桜に似せて作り、「桔梗か」と問われると「いや桜だ」と答え、光秀への思いを守ったという。

 

ちなみに土岐一族ではない加藤清正、太田道灌などが桔梗紋を使用しているが、これらは『水色桔梗紋』ではなく、『白黒紋』となっている。

また、幕末の英雄・坂本龍馬は桔梗紋を使用していることから、明智光秀の末裔との説もあるが真偽の程は定かではない。

 

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」あらすじ関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじや登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ 感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

-麒麟がくる関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麒麟がくる|井ノ口の戦い(加納口の戦い)斎藤道三の奇襲で織田信秀が大敗

大河ドラマ麒麟がくる 井ノ口の戦い(加納口の戦い) 大河ドラマ「麒麟がくる」の第2話にして、戦国大河らしく圧巻の戦闘シーンが描かれます。明智光秀も駆り出されたこの戦は「井ノ口の戦い(加納口の戦い)」と …

麒麟がくる【信長の弟・織田信勝】兄を裏切った礼儀正しい優等生の末路とは

大河ドラマ麒麟がくる 織田信勝 大河ドラマ麒麟がくるでは、染谷将太が演じる織田信長の弟として「織田信勝」が登場してきます。今回の大河ドラマ序盤では信長の若かりし頃の姿、尾張国統一に向けて苦心する姿が詳 …

麒麟がくる|日運(有福正志)小見の方の病気平癒を願う僧は斎藤道三の国盗りのきっかけを作った重要人物だった!

大河ドラマ麒麟がくる 日運 大河ドラマ麒麟がくるの初回で有福正志が演じるのが、常在寺の住職・日運というお坊さん。この日運は斎藤道三の正室である小見の方の病気平癒のため、サンゴの玉を献上して数珠を作ろう …

麒麟がくる|細川晴元(国広富之)三好長慶との権力争いに敗れる最後の管領

大河ドラマ麒麟がくる 細川晴元 大河ドラマ「麒麟がくる」で国広富之が演じるのが、足利幕府の中で権勢を誇っていた管領「細川晴元」。この「細川晴元」が登場する天文17年(1548)は、晴元にとってターニン …

麒麟がくる【土岐の鷹】土岐頼芸が描いた鷹の絵は実在するか?土岐一族の鷹の絵を紹介!

 大河ドラマ麒麟がくる 土岐の鷹 大河ドラマ麒麟がくるでは、土岐頼芸が「鷹の絵」を描きながら、これは祖父、父と受け継がれてきた伝統かのように語っています。実際、土岐氏が好んで描いた鷹の絵は「土岐の鷹」 …

スポンサーリンク