麒麟がくる|菊丸(岡村隆史)怪しい!謎の実在しない架空の人物・菊丸は敵か味方か?

   

大河ドラマ麒麟がくる
菊丸(岡村隆史)

大河ドラマ「麒麟がくる」で岡村隆史が演じるのが、菊丸という三河出身の農民。菊丸はその容姿から、秀吉のキャストの発表前に「のちの秀吉では?」との噂もありましたが、現在では実在する人物ではなく、ドラマの中で作られた架空のオリジナルキャラクターとして確定しています。この記事では、主人公の明智光秀の物語に事あるごとに関わってくる菊丸の人物像について現在分かっている範囲で迫っていきたいと思います。

 

出典:https://www.nhk.or.jp/

スポンサーリンク

 

菊丸

菊丸は大河ドラマ「麒麟がくる」の初回、明智光秀の住む明智荘を襲った野盗たちに捕まっていた男として登場します。

光秀に命を助けられたことで恩義を感じた菊丸はその後、光秀の任務などに同行することが多くなりますが、この菊丸にはたくさんの謎が隠されています。

そもそも「三河の農民」であるはずの菊丸が、なぜ野盗に捕まっていたのか?

さらに、菊松は光秀も知らなかった最新兵器「鉄砲」の存在をすでに知っており、その入手場所まで知っていました(野盗から聞いたのかも知れませんが)。

この謎は物語が進むにつれ、徐々に明らかになってきますが、初回の時点で考えてみても菊丸はただの農民ではありません。

 

光秀に助けられて以降の菊丸は自ら製造した味噌を売って生活していますが、この味噌の取引を通じて他国の情勢を探っている節があります。

決定的なのは、松平竹千代(のちの徳川家康)の父・松平広忠が駿府からの帰り道に何者かに殺された際、菊丸がその場に出くわし、広忠の脇差を持ち去ったこと。

菊丸はその後、この脇差を刈屋にいる広忠の妻・於大の方に届け、竹千代を守るように命じられるという場面もあり、中盤はひたすら怪しい行動ばかりが目立ってきます。

菊丸自身も三河の将来を案じているので、もしかすると三河の隠密、忍者的な役割を果たしているのかもしれませんが、一貫して光秀には協力しているため、いまいち行動の意図が読みづらく、謎は深まっていくばかり。

もしかすると、いずれ光秀はこの菊丸を通じて徳川家康と会い、何かしらの計画(本能寺の変)になっていくのかも?

また一方で、菊丸は光秀に想いを寄せる駒(門脇麦)に好意を持っている感じなので、菊丸が何者にせよ、ドラマでは恋の行方も楽しませてくれそうです。

 

スポンサーリンク

【麒麟がくる全話・あらすじ】

初回~5話のあらすじ・期待度

6話~10話のあらすじ・期待度

11話~15話のあらすじ・期待度

 

 

【麒麟がくる人物・キャスト】

あ:明智光安(西村雅彦)

あ:足利義昭(滝藤賢一)

あ:足利義輝(向井理)

い:稲葉良通・一鉄(村田雄浩)

お:織田信秀(高橋克則)

お:織田彦五郎信友

お:織田信康

お:小見の方(片岡京子)

き:帰蝶・濃姫(川口春奈)

き:菊丸(岡村隆史)

こ:駒(門脇麦)

さ:斎藤道三・利政(本木雅弘)

さ:斎藤義龍・高政(伊藤英明)

つ:妻木煕子(木村文乃)

と:土岐頼芸(尾美としのり)

と:土岐頼純(矢野聖人)

と:土田御前(檀れい)

に:日運(有福正志)

ひ:平手政秀(上杉祥三)

ふ:藤田行政・伝吾(徳重聡)

ほ:細川晴元(国広富之)

ほ:細川幽斎・藤孝(眞島秀和)

ま:松永久秀(吉田鋼太郎)

み:三淵藤英(谷原章介)

み:三好長慶(山路和弘)

み:深芳野(南果歩)

も:望月東庵(堺正章)

 

 

【麒麟がくる関連記事】

スポンサーリンク

 - 麒麟がくる関連