麒麟がくる関連

麒麟がくる【第3話】あらすじ・ネタバレ関連記事まとめ

投稿日:2020年1月23日 更新日:

大河ドラマ麒麟がくる【第3話】
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ「麒麟がくる」を楽しんでもらうため、第3話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。麒麟がくるの予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

第3話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

麒麟がくる第3話あらすじネタバレ|駒の謎、光秀と高政(義龍)の絆が描かれる第3話
大河ドラマ「麒麟がくる」 第3話「美濃の国」 あらすじ【ネタバレ注意】 織田信秀(髙橋克典)をハメた見事な罠、裏でコソコソとやっていた帰蝶の旦那・土岐頼純の毒殺など、

スポンサーリンク

 

土岐頼純」と「土岐頼武

大河ドラマ「麒麟がくる」の第3話では、斎藤利政(道三)の娘・帰蝶を妻に迎えていた美濃国守護の「土岐頼純」が利政(道三)によって暗殺されてしまいます。

利政(道三)は自分の意のままにならない婿は必要ないといわんばかりの非情な考えの持ち主であり、『守護』は利政(道三)にとって操り人形にしか過ぎませんでした。

一方、殺された「土岐頼純」はこの『守護』という名目だけの地位に座るため、これまでに多くの人を巻き込み、多くの血を流してきました。

下の記事では、守護になるため一族間で争った「土岐頼純」と、その父である「土岐頼武」について簡単に紹介しています。

麒麟がくる【土岐頼芸の兄・土岐頼武(政頼)】大河ドラマ麒麟がくる以前の美濃、土岐氏、斎藤氏の関係に迫る③
大河ドラマ麒麟がくる 土岐頼武(政頼) 大河ドラマ「麒麟がくる」の序盤の舞台は室町時代末期の美濃国。明智光秀は斎藤利政(道三)に仕える明智家の一門として物語が始まります
麒麟がくる|土岐頼純(矢野聖人)帰蝶の元夫は斎藤道三に暗殺された流浪の美濃守護職
大河ドラマ麒麟がくる 土岐頼純 大河ドラマ「麒麟がくる」で、矢野聖人が演じるのが土岐頼純という人物。土岐頼純は尾美としのりが演じていいる土岐頼芸の甥にあたり、美濃国守護

土岐頼芸」と「土岐の鷹

大河ドラマ「麒麟がくる」の第3話で、斎藤利政(道三)は美濃国守護の土岐頼純を殺害し、新しい操り人形としての守護に「土岐頼芸」を据えようとします。

しかし、この「土岐頼芸」は、趣味の鷹の絵を描きながら利政(道三)の話を聞いてまともに取り合わず、立ち去る間際には利政(道三)の息子・高政(義龍)に対して調略を仕掛けるという、なかなかのしたたかな人物でした。

下の記事では、土岐頼武、頼芸親子と守護を巡って争い、今後は利政(道三)と対立していくことになる「土岐頼芸」と、頼芸が描いている鷹の絵「土岐の鷹」について簡単に紹介しています。

麒麟がくる|土岐頼芸・ときよりのり(尾美としのり)壮絶な家督争いの果てに道三に国を奪われた鷹の絵を愛した文化人
大河ドラマ「麒麟がくる」 土岐頼芸(ときよりのり) 大河ドラマ「麒麟がくる」で尾美としのりが演じるのが、斎藤利政(道三)を従え、兄を守護の座から追い落とした土岐頼芸(と
麒麟がくる【土岐の鷹】土岐頼芸が描いた鷹の絵は実在するか?土岐一族の鷹の絵を紹介!
 大河ドラマ麒麟がくる 土岐の鷹 大河ドラマ麒麟がくるでは、土岐頼芸が「鷹の絵」を描きながら、これは祖父、父と受け継がれてきた伝統かのように語っています。実際、土岐氏が

スポンサーリンク

土岐成頼」と「土岐政房

大河ドラマ「麒麟がくる」の第3話では、土岐頼芸が鷹の絵を描いているときに土岐氏の先祖について少し語っています。

土岐頼芸は『守護』の座を巡り、自分の兄・頼武とその子・頼純と争ってきましたが、実は土岐氏の『守護』を巡る一族間の争いは昔からあり、もはや『桔梗紋』や『土岐の鷹』とならぶ、お家芸といってもいいほどのものでした。

下の記事では、麒麟がくる以前に『守護』を巡って争っていた頼芸の祖父「土岐成頼」、頼芸の父「土岐政房」について簡単に紹介しています。

麒麟がくる【土岐頼芸の祖父・土岐成頼】大河ドラマ麒麟がくる以前の美濃、土岐氏、斎藤氏の関係に迫る①
大河ドラマ麒麟がくる 土岐成頼 大河ドラマ「麒麟がくる」の序盤の舞台は室町時代末期の美濃国。明智光秀は斎藤利政(道三)に仕える明智家の一門として物語が始まります。美濃国
麒麟がくる【土岐頼芸の父・土岐政房】大河ドラマ麒麟がくる以前の美濃、土岐氏、斎藤氏の関係に迫る②
大河ドラマ麒麟がくる 土岐政房 大河ドラマ「麒麟がくる」の序盤の舞台は室町時代末期の美濃国。明智光秀は斎藤利政(道三)に仕える明智家の一門として物語が始まります。美濃国

深芳野」と「斎藤高政義龍)」

大河ドラマ「麒麟がくる」の第3話では、土岐頼芸が斎藤利政(道三)から美濃国守護への就任を打診された際、別れ際に利政(道三)の子・「斎藤高政(義龍)」を呼び止めて『深芳野は元気か。我が子と思うておるぞ』と意味深な発言をします。

実は高政(義龍)の母である「深芳野」はもともと頼芸の愛妾でしたが、求められて利政(道三)に側室になったという経緯がありました。

そして「深芳野」は側室になって1年も経たずに「斎藤高政(義龍)」が生まれたため、『本当の父は利政(道三)ではなく、頼芸?』との噂があったのです。

下の記事では、利政(道三)が惚れこんだモデル並みの体型を持つ美女「深芳野」と、本当の父の謎に悩む「斎藤高政(義龍)」について簡単に紹介しています。

麒麟がくる|深芳野・みよしの(南果歩)義龍の父は土岐頼芸か斎藤道三か?戦国のスーパーモデルが生んだ親子の確執
大河ドラマ「麒麟がくる」 深芳野(みよしの) 大河ドラマ「麒麟がくる」で南果歩が演じるのが、本木雅弘演じる斎藤道三の側室・深芳野(みよしの)。 この深芳野(みよしの)
麒麟がくる|斎藤義龍・高政(伊藤英明)父親は土岐頼芸?光秀との友情と決別を経験する悩める名武将
大河ドラマ「麒麟がくる」 斎藤義龍(高政) 大河ドラマ「麒麟がくる」で伊藤英明が演じるのが、道三の嫡男でありながら自らの出自の謎にこだわる斎藤義龍(高政)。 「麒麟が

狐女房の説話」と「

大河ドラマ「麒麟がくる」の第3話では、明智光秀の館にやってきた「駒」が、足をケガしてしまった帰蝶に治療を施している際、美濃に伝わる「狐女房の説話」のまつわる和歌を思い出し、『戦災孤児である「駒」がなぜ美濃の説話を知っているの?』と一同を不思議がらせます。

この「駒」の謎はやがて本編が進むにつれて明らかになっていくことになるでしょうが、下の記事では美濃に伝わる「狐女房の説話」と、その話の裏にある驚愕の事実、そしてドラマオリジナルの人物「駒」について簡単に紹介しています。

麒麟がくる【狐女房とは】どん兵衛のどんぎつねの元祖?美濃の物語に隠された驚愕の事実とは?
大河ドラマ麒麟がくる 狐女房の説話 大河ドラマ「麒麟がくる」で門脇麦が演じる駒は、明智家でおしゃべりしている時にある和歌を思い出します。その和歌というのが美濃に伝わる「
麒麟がくる|駒(門脇麦)謎多き実在しない架空の人物・駒は光秀に恋する看護師さん
大河ドラマ麒麟がくる 駒(門脇麦) 大河ドラマ「麒麟がくる」で門脇麦が演じるのが、望月東庵の助手として医療行為を行う駒という女性。いわば現代の看護師さんです。駒は実在す

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」あらすじ関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじや登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ 感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

-麒麟がくる関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麒麟がくる【第4話】あらすじ・ネタバレ関連記事まとめ

大河ドラマ麒麟がくる【第4話】 あらすじ・ネタバレ・関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第4話では、堺正章が演じるオリジナルキャラクター・望月東庵と本木雅弘が演じる斎藤利政(道三)の駆け引き、高橋克典が …

麒麟がくる|藤田行政・伝吾(徳重聡)光秀に従う「誰?」レベルの超マニアック武将

大河ドラマ「麒麟がくる」 藤田行政(伝吾) 大河ドラマ「麒麟がくる」で、徳重聡が演じるのが明智家の重臣・藤田行政(伝吾) 藤田行政(伝吾)は明智光秀の父の代から明智家に仕え、五宿老の1人として活躍して …

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!

2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワードを説明した記事を一覧 …

麒麟がくる|道三と義龍の親子ゲンカは全て道三のシナリオどおり?勝手に「長良川の戦い」を解釈してみた

大河ドラマ「麒麟がくる」 道三と義龍の親子ゲンカ(長良川の戦い) はじめに 大河ドラマ「麒麟がくる」の序盤で、一番の見どころとなりそうなのが本木雅弘演じる斎藤道三(利政)と伊藤英明演じる斎藤義龍(高政 …

麒麟がくる|朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)光秀を惑わせる天下の凡将は戦国時代の被害者ともいえる存在

大河ドラマ「麒麟がくる」 朝倉義景 大河ドラマ「麒麟がくる」でユースケ・サンタマリアが演じるのが、天下の凡将として名高い朝倉義景。 美濃を追われた明智光秀が帰蝶の命を受けた伊呂波太夫に勧められてたどり …

スポンサーリンク