麒麟がくる|斎藤義龍・高政(伊藤英明)父親は土岐頼芸?光秀との友情と決別を経験する悩める名武将

   

大河ドラマ「麒麟がくる」
斎藤義龍(高政)

大河ドラマ「麒麟がくる」で伊藤英明が演じるのが、道三の嫡男でありながら自らの出自の謎にこだわる斎藤義龍(高政)。

「麒麟がくる」では主人公の明智光秀とは幼馴染という設定で登場してきますが、やがて斎藤義龍(高政)は父と対立した際に、明智光秀とも袂を分かつことになると思います。

この記事では、おそらく「麒麟がくる」の序盤・美濃編の見どころの一つとなるであろう明智光秀との決別を盛り上げる、父に陰に隠れた実力者・斉藤義龍(高政)について簡単に紹介していきます。

 

「国盗り物語」では信長を演じていた伊藤英明

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/

スポンサーリンク

 

斎藤義龍(高政)

斎藤義龍は、大永7年(1527年)に斎藤利政(のちの道三)の長男として生まれた。

幼名は豊太丸、元服後は高政と名乗り、身長は六尺五寸(約197cm)といわれる大男だったという。

母の深芳野はもともと土岐頼芸の愛妾だったため、誕生当時から父は土岐頼芸ではないかという噂があった。

そしてこのことが、のちに道三との対立を生んだ原因ともいわれている。

 

出典:http://wiki.ohmynobu.net/

 

 

斎藤義龍は天文23年(1554年)、斎藤道三が隠居したため家督を継いで稲葉山城主となったとされる。

道三は日頃、斎藤義龍を「老いぼれ」と言って嫌い、その弟の孫四郎や喜平次らを可愛がっていたため、なぜすんなりと家督を譲ったのかは不明。

一説によると、国を強引に奪った道三の領国経営は行き詰まっており、周囲から隠居を迫られたからだともいわれている。

 

一方、家督は譲られたものの、斎藤義龍は父に対して不満と危機感を持っていた。

そんな中、道三が斎藤義龍の廃嫡に向けて動き出すと、ついに親子の関係は完全に破綻することになる。

弘治元年(1555年)、斎藤義龍は弟の孫四郎・喜平次らを誘い出して殺害。

ついに斎藤義龍は父と長良川で相まみえることとなる。

この時、道三はこれまでの国盗りの経緯やその後の失政から味方する者が少なくかった。

このため、旧土岐氏の勢力に支えられた斎藤義龍はあっけなく道三を討ち果し、明智氏など数少ない道三側の勢力も同時に殲滅した。

尾張国からは娘婿である織田信長が道三の救援に駆けつけていたが、すでに道三は討たれた後であった。

また、この戦いで見事な采配を見せつけられた道三は、斎藤義龍に対する自分の評価が間違っていたことを後悔していたという。

 

出典:http://tdgatyapingatyagatya.doorblog.jp/

 

 

その後、斎藤義龍は内乱で混乱した国内をまとめ上げ、戦国大名としての基礎を築いていった。

相変わらず織田信長との争いは絶えることがなかったが、そんな中でも斎藤義龍は将軍・足利義輝より一色氏を称することを許されて官位をもらい、永禄2年(1559年)には幕府相伴衆に列せられて名実ともに戦国大名として成長していった。

さらに永禄4年(1561年)には左京大夫に任じられ、権威を高めていく斎藤義龍。

しかし、同年に35歳の若さで急死し、跡を継いだ子の龍興は信長の激しい侵攻にさらされることとなる。

 

スポンサーリンク

 

【麒麟がくる全話・あらすじ】

 

【麒麟がくる人物・キャスト】

スポンサーリンク

 - 麒麟がくる関連