麒麟がくる関連

麒麟がくる【第7話】あらすじ・ネタバレ関連記事まとめ

投稿日:

大河ドラマ麒麟がくる【第7話】
あらすじ・ネタバレ・関連記事

麒麟がくるの第7話では、これまで争ってきた斎藤利政(道三)と織田信秀に和睦の話が浮上し、これに伴って光秀と帰蝶の関係にも変化が見られます。ここでは第7話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

第7話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

大河ドラマ「麒麟がくる」第7話あらすじ

スポンサーリンク

 

織田信秀」と「織田彦五郎

大河ドラマ「麒麟がくる」の第7話では尾張の「織田信秀」が、これまで散々争ってきた斎藤利政(道三)と手を結ぶことを決意します。

この頃、尾張の隣の三河には今川義元が侵攻し、尾張国内でも同じ織田一族の「織田彦五郎」が反抗的な態度を示して「織田信秀」は追い込まれていました。

「織田信秀」にとって特に厄介だったのが「織田彦五郎」で、他国との戦にも勝てないのも尾張国内が分裂したからだと考えていました。

下の記事では、織田一族の中で頭角を現していた「織田信秀」と、信秀にとっては主君筋にあたる守護代「織田彦五郎」について簡単に紹介しています。

麒麟がくる|織田信秀(高橋克典)信長の父は超保守的な戦国大名?ライバル道三としのぎを削った尾張の虎の生涯
大河ドラマ「麒麟がくる」 織田信秀 大河ドラマ「麒麟がくる」で高橋克典が演じるのが戦国の風雲児・織田信長の父・織田信秀。 今回の「麒麟がくる」では、これまでイメージを
麒麟がくる【第7話】あらすじ・ネタバレ関連記事まとめ
大河ドラマ麒麟がくる【第7話】 あらすじ・ネタバレ・関連記事 麒麟がくるの第7話では、これまで争ってきた斎藤利政(道三)と織田信秀に和睦の話が浮上し、これに伴って光秀と

帰蝶」と「

大河ドラマ「麒麟がくる」の第7話では美濃と尾張の和睦のため、斎藤利政(道三)の娘・「帰蝶」と織田信秀の嫡男・信長の婚姻の話が浮上。

すると「帰蝶」は明智荘にやってきて、光秀に破談になるよう皆を説得して欲しいと頼み込みます。

困り果てた光秀はその後、斎藤利政(道三)とこの件を巡って激論を交わすことになりますが、下の記事では現時点では「麒麟がくる」のヒロイン的な役割を果たしている、実は光秀に恋をしていた「帰蝶」と、光秀を慕う謎の女性「駒」について紹介しています。

麒麟がくる|帰蝶・濃姫(沢尻エリカ)信長の妻は実像不明の謎多き道三の娘!
大河ドラマ「麒麟がくる」 帰蝶(お濃) 大河ドラマ「麒麟がくる」で沢尻エリカが演じるのが、斎藤道三の娘でのちに織田信長に嫁ぐことになる帰蝶(濃姫)。 帰蝶はマムシの道
麒麟がくる|駒(門脇麦)謎多き実在しない架空の人物・駒は光秀に恋する看護師さん
大河ドラマ麒麟がくる 駒(門脇麦) 大河ドラマ「麒麟がくる」で門脇麦が演じるのが、望月東庵の助手として医療行為を行う駒という女性。いわば現代の看護師さんです。駒は実在す

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」あらすじ関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじや登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ 感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

-麒麟がくる関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麒麟がくる【本能寺】鉄砲や火薬の輸入代行?「本能寺の変」以前の役割とは?

大河ドラマ麒麟がくる 本能寺 大河ドラマ麒麟がくるでは第5話にして明智光秀、織田信長の運命の舞台「本能寺」が登場してきます。「え?ここで?本能寺?」と、この時点での登場に誰もが驚いてしまうところですが …

麒麟がくる|土岐頼純(矢野聖人)帰蝶の元夫は斎藤道三に暗殺された流浪の美濃守護職

大河ドラマ麒麟がくる 土岐頼純 大河ドラマ「麒麟がくる」で、矢野聖人が演じるのが土岐頼純という人物。土岐頼純は尾美としのりが演じていいる土岐頼芸の甥にあたり、美濃国守護を巡って熾烈な争いを繰り広げた人 …

麒麟がくる【土岐頼芸の祖父・土岐成頼】大河ドラマ麒麟がくる以前の美濃、土岐氏、斎藤氏の関係に迫る①

大河ドラマ麒麟がくる 土岐成頼 大河ドラマ「麒麟がくる」の序盤の舞台は室町時代末期の美濃国。明智光秀は斎藤利政(道三)に仕える明智家の一門として物語が始まります。美濃国は代々にわたって守護である土岐氏 …

麒麟がくる【狐女房とは】どん兵衛のどんぎつねの元祖?美濃の物語に隠された驚愕の事実とは?

大河ドラマ麒麟がくる 狐女房の説話 大河ドラマ「麒麟がくる」で門脇麦が演じる駒は、明智家でおしゃべりしている時にある和歌を思い出します。その和歌というのが美濃に伝わる「狐女房」の説話にまつわるものでし …

麒麟がくる【常在寺と大仙寺】斎藤家、土岐家と関わりの深い岐阜の名刹をご紹介!

大河ドラマ麒麟がくる 常在寺と大仙寺 大河ドラマ「麒麟がくる」の物語の中には、斎藤家や土岐家、明智光秀に関わりの深い2つの寺が出てきます。一つ目が斎藤道三の正室である小見の方の病気を案じていた日運和尚 …

スポンサーリンク