麒麟がくる関連

麒麟がくる|三淵藤英(谷原章介)弟の細川藤孝のように戦国の流れに乗れなかった足利義昭の重臣

投稿日:2019年12月15日 更新日:

大河ドラマ「麒麟がくる」
三淵藤英(みつぶちふじひで)

大河ドラマ「麒麟がくる」で谷原章介が演じるのが、細川藤孝の異母兄にあたる三淵藤英(みつぶちふじひで)。

三淵藤英は弟の藤孝と共に足利義昭の将軍就任に尽力した武将ですが、立ち回りの上手な弟と違い、その後の戦国の流れに乗ることができなかった、どことなく不器用な男です。

この記事では織田信長に利用され、挙句に果てに無念の最期を迎えてしまう三淵藤英について簡単に紹介します。

 

出典:https://www.nhk.or.jp/

スポンサーリンク

 

三淵藤英(みつぶちふじひで)

三淵藤英は室町幕府の幕臣・三淵晴員の子として生まれた。生年は不詳。

初名は藤之といい、のち藤英と改名。異母弟に細川藤孝がいる。

三淵藤英は父と同じく室町幕府の幕臣(奉公衆)として仕えていたが、永禄8年(1565年)に第13代将軍・足利義輝が三好三人衆に暗殺される事件が起こる。

このとき、三淵藤英は義輝の弟で僧となっていた覚慶を細川藤孝と共に救出し、「足利義昭」として還俗させて越前国の朝倉義景を頼った。

その後、朝倉義景のもとを離れた三淵藤英たちは次に織田信長を頼り、義昭を将軍として擁立することに成功する。

そして三淵藤英は伏見城で京都周辺の守備を任され、将軍・義昭の要といえるほどの存在となっていった。

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

やがて義昭と信長が対立すると、弟の細川藤孝が信長方についてしまう。

弟の裏切りを許せなかった三淵藤英は、このとき細川藤孝がいた勝竜寺城の襲撃を企てたが失敗に終わっている。

元亀4年(1573年)、義昭が挙兵すると三淵藤英は二条城を任されたが、信長の大軍が押し寄せると味方は離散してしまい、あっけなく降伏。

その後、義昭が追放されて室町幕府が滅亡すると、三淵藤英は信長に仕えて細川藤孝と共に義昭派の残党・岩成友通を討ち取るなどの活躍を見せた。

これで三淵藤英は信長配下として重用されるものと思われていたが、天正2年(1574)に突如、所領を没収されてしまった。

そして明智光秀のもとに送られた三淵藤英は、嫡男と共に坂本城で自害させられてしまうのである。

 

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」あらすじ関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじや登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ 感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

-麒麟がくる関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

麒麟がくる【第6話】あらすじ・ネタバレ関連記事まとめ

大河ドラマ麒麟がくる【第6話】 あらすじ・ネタバレ・関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第6話は、細川晴元による三好長慶と松永久秀の暗殺計画を止めようとする明智光秀、光秀の言葉に心打たれる将軍・足利義輝 …

麒麟がくる|足利義昭(滝藤賢一)光秀と細川藤孝に愛想をつかされた策略に長けた室町幕府最後の将軍

大河ドラマ「麒麟がくる」 足利義昭 大河ドラマ「麒麟がくる」で滝藤賢一が演じるのが、一癖も二癖もある室町幕府将軍家の足利義昭。 この足利義昭が将軍になれたのも、明智光秀が仲介となって織田信長を紹介した …

麒麟がくる|望月東庵(堺正章)ギャンブル依存症の実在しない架空の人物

大河ドラマ麒麟がくる 望月東庵 大河ドラマ「麒麟がくる」で堺正章が演じるのが、望月東庵という医者。望月東庵は実在する人物ではなく、ドラマの中で作られた架空のオリジナルキャラクターであり、「麒麟がくる」 …

麒麟がくる【常在寺と大仙寺】斎藤家、土岐家と関わりの深い岐阜の名刹をご紹介!

大河ドラマ麒麟がくる 常在寺と大仙寺 大河ドラマ「麒麟がくる」の物語の中には、斎藤家や土岐家、明智光秀に関わりの深い2つの寺が出てきます。一つ目が斎藤道三の正室である小見の方の病気を案じていた日運和尚 …

麒麟がくる【孫六兼元】真柄切兼元や二念仏兼元など伝説を残す刀を作った岐阜県関市の刀鍛冶

大河ドラマ麒麟がくる 孫六兼元 大河ドラマ麒麟がくるの序盤の舞台である岐阜県は、かつて美濃国と呼ばれ、今も昔も関市を中心に日本刀製作の一大拠点でもありました。大河ドラマの中では鉄砲を手に入れた明智光秀 …