麒麟がくる関連

麒麟がくる|松永久秀(吉田鋼太郎)カッコよすぎる戦国のダークヒーロー!大河キーパーソンはこの人!

投稿日:

大河ドラマ「麒麟がくる」
松永久秀(吉田鋼太郎)

大河ドラマ「麒麟がくる」では吉田鋼太郎が演じる戦国のダークヒーロー松永秀が初回から登場。とにかくクールでダンディなカッコよすぎるこのオジサンは、明智光秀を助けて味方となるのか、それともやがて敵として立ちふさがるのか、気になる人物です。この記事では斎藤道三と並ぶ下剋上の代名詞「松永久秀」について超簡単に紹介していきます。

 

出典:https://www.oricon.co.jp/

スポンサーリンク

 

松永久秀(1508~1577)

松永久秀が歴史のひのき舞台に登場するのは、天文18年(1549)のこと。

三好長慶が京から管領・細川晴元と将軍・足利義輝を近江へ追放した頃、松永秀は三好家の家宰として頭角を現しました。

京で実権を握った三好長慶は、この松永久秀の卓越した手腕を評価し、権威にしがみつく公家らとの折衝を任せました。

そして松永久秀は日本一の港であった堺の代官も兼ねて私腹を肥やし、やがて三好家では並ぶほどのない権勢を誇っていきます。

永禄3年(1560)、三好長慶から大和国の平定を命じられた松永久秀は、国人衆をことごとく破って平定。

信貴山城、多聞城を築いて大和国の統治を行い、戦術、築城術でも優れた能力を発揮しました。

 

やがて主君・三好長慶をも凌ぐ権力を手に入れた松永久秀は、永禄6年(1563)に長慶の嫡男・義興を毒殺し、永禄8年(1565)には三好三人衆と呼ばれた、三好長逸、三好政康、岩成友通と共に二条御所の将軍・足利義輝を襲撃して自害に追い込みます。

その後、三好三人衆と松永久秀は権力闘争を繰り広げ、その争いの中で東大寺大仏殿が焼失。

松永久秀はその武勇と共に、世に悪名を轟かせました。

 

松永久秀は足利義昭を擁立して入京した織田信長に降伏し、一家臣として信長を支えましたが、天正5年(1577)に突如として反旗を翻し、信貴山城に立て籠もります。

そして織田信忠の大軍に囲まれた松永久秀は城に火を放ち、かつて大仏殿が焼けた日と同日、信長が欲しがっていた茶器「平蜘蛛」と共に爆死しました。

 

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」あらすじ関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじや登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ 感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

-麒麟がくる関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麒麟がくる|深芳野・みよしの(南果歩)義龍の父は土岐頼芸か斎藤道三か?戦国のスーパーモデルが生んだ親子の確執

大河ドラマ「麒麟がくる」 深芳野(みよしの) 大河ドラマ「麒麟がくる」で南果歩が演じるのが、本木雅弘演じる斎藤道三の側室・深芳野(みよしの)。 この深芳野(みよしの)が生んだ子・義龍の出生の噂が、やが …

麒麟がくる【第6話】あらすじ・ネタバレ関連記事まとめ

大河ドラマ麒麟がくる【第6話】 あらすじ・ネタバレ・関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第6話は、細川晴元による三好長慶と松永久秀の暗殺計画を止めようとする明智光秀、光秀の言葉に心打たれる将軍・足利義輝 …

麒麟がくる|斎藤義龍・高政(伊藤英明)父親は土岐頼芸?光秀との友情と決別を経験する悩める名武将

大河ドラマ「麒麟がくる」 斎藤義龍(高政) 大河ドラマ「麒麟がくる」で伊藤英明が演じるのが、道三の嫡男でありながら自らの出自の謎にこだわる斎藤義龍(高政)。 「麒麟がくる」では主人公の明智光秀とは幼馴 …

麒麟がくる【あまが池】信長が池の水ぜんぶ抜く!大蛇退治伝説を残す名古屋の蛇池とは?

麒麟がくる あまが池 大河ドラマ「麒麟がくる」の第9話では美濃と尾張の和議が成立し、織田信長(染谷将太)と帰蝶(川口春奈)は祝言をあげることになりますが、この祝言をこともあろうに信長がすっぽかすという …

麒麟がくる【土岐頼芸の祖父・土岐成頼】大河ドラマ麒麟がくる以前の美濃、土岐氏、斎藤氏の関係に迫る①

大河ドラマ麒麟がくる 土岐成頼 大河ドラマ「麒麟がくる」の序盤の舞台は室町時代末期の美濃国。明智光秀は斎藤利政(道三)に仕える明智家の一門として物語が始まります。美濃国は代々にわたって守護である土岐氏 …

スポンサーリンク