麒麟がくる|帰蝶・濃姫(沢尻エリカ)信長の妻は実像不明の謎多き道三の娘!

   

大河ドラマ「麒麟がくる」
帰蝶(お濃)

大河ドラマ「麒麟がくる」で沢尻エリカが演じるのが、斎藤道三の娘でのちに織田信長に嫁ぐことになる帰蝶(濃姫)。

帰蝶はマムシの道三の娘として、はたまた覇王信長の妻として妖艶で勝気なイメージをつけられることが多いですが、実際のところ人物像についてはよく分かっておらず、父や夫との真偽不明の逸話によって勝手に作られたイメージにしか過ぎません。

今回は「麒麟がくる」で準ヒロインのような描き方をされるであろう帰蝶(濃姫)について簡単に紹介していきます。

 

出典:https://mdpr.jp/

スポンサーリンク

 

帰蝶(濃姫)

帰蝶(濃姫)は、美濃国の戦国大名斎藤道三の娘で天文4年(1535年)に生まれたという。母は正室の小見の方。

一説によれば母・小見の方は明智氏の出身で明智光秀の叔母にあたり、帰蝶と光秀は従兄妹の関係にあったといわれる。

 

天文10年(1541年)頃、父・斎藤道三は守護・土岐頼芸を尾張国へ追放し、美濃国主を実効支配していた。

しかし、道三の側室・深芳野が産んだ長男・義龍が土岐頼芸の落胤であるとの噂があっのたため、旧土岐家臣団の統率には苦労が絶えなかった。

天文13年(1544年)、土岐頼芸を支援し、道三を追い落とそうとした尾張国の織田信秀が越前国の朝倉孝景と土岐頼芸の甥・土岐頼純(政頼)と連携して美濃国に侵攻する。

劣勢に立たされた道三は、この状況を打破しようと織田、朝倉に和睦を持ち掛け、織田氏とは信秀の嫡男・吉法師丸(のちの信長)への帰蝶のを輿入れを約束した。

また、天文15年(1546年)には朝倉氏とも和睦して、土岐頼芸と頼純を美濃に入国させた。

一説によれば、朝倉氏の和睦の際、土岐頼純へ帰蝶の輿入れがあったとされ、織田氏との約束は保留となったとされる。

しかし、織田、朝倉にとっては一時的な和睦にしかすぎず、道三討伐を諦めたわけではなかった。

 

出典:https://matome.naver.jp/

スポンサーリンク

 

 

天文16年(1547年)、織田、朝倉が土岐氏を支持する家臣団に蜂起するように促したため、この動きを知った道三は先手を打って土岐頼純を越前国に追放する。

その後、信秀が再び美濃に侵攻してきたが、道三がこれに壊滅的な打撃を与え、美濃国を守り切った。

前述の一説によれば、このときに帰蝶は夫・頼純の死によって実家に戻ったされる。

こののちも道三と織田信秀は争っていたが、最終的に疲弊した双方は和睦することに合意。

条件として信長と帰蝶の縁組みが再び持ち上がり、天文18年2月24日(1549年3月23日)に帰蝶は15歳で織田家に嫁いだ。

縁組みの話は、信秀は病気がちとなっていたために織田側が約束履行を迫ったとも、織田家臣・平手政秀が巧みな交渉でまとめられたともいわれる。

 

出典:https://worldcosplay.net/

スポンサーリンク

 

帰蝶(濃姫)の逸話

帰蝶は尾張に発つ際、道三から短刀を渡され「信長はうつけものと評判だ。そうであるなら、これで殺せ」と言われたが、帰蝶は「この刀はむしろ、父上を殺すことになるかもしれません」と返したという。

この話が本当だとすると、帰蝶は織田家に嫁ぐ限りは父よりも夫・信長のために尽くすという強い気持ちが伺えるが、別の逸話では父を想う気持ちを信長に利用された話もある。

結婚の1年後、信長は毎夜不審な行動を続けたため、帰蝶が浮気を疑って尋ねると、信長が「斎藤家の家老2名に謀反させることになった」と答えたため、帰蝶は急ぎその旨を道三に知らせて家老2名を処断させた。

しかし、これは帰蝶の密告を利用して、罪のない家老を処断させる信長の策であったという。

これらの逸話の真偽は不明であり、二人の結婚生活はうまくいっていたのかどうかも分からないが、史実では帰蝶と信長の間には子が生まれることはなく、帰蝶の存在ははその後完全に途絶えてしまう。

ちなみに、現在では「帰蝶」の名より「濃姫」の方が有名であるが、これは美濃国の姫という通称に過ぎず、名前を意味するものではない。

 

 

スポンサーリンク

 

【麒麟がくる・全話あらすじ】

麒麟がくる全話あらすじ


スポンサーリンク

 - 麒麟がくる関連