麒麟がくる【みども】とは?斎藤道三が言った「身共」の意味

      2020/02/10

大河ドラマ「麒麟がくる」
【みども】とは?

大河ドラマ「麒麟がくる」の第2話「道三の罠」のラスト10分、斎藤利政(道三)が美濃国守護の土岐頼純と向き合い、毒殺する際に「みども」という言葉を何度も口にしています。

「みども」を背いてばかりの~などなど

何となく「みども」が自分ことを指すことは分かるのですが、一体どんな字を書くの?と疑問になりませんでしたか?

「みども」は「身共」と書き、意味はまさしく自分のことを指す言葉ですが、使い方は目下に対する尊大な言い方「身」に比べ、同輩または目下の者に対してあらたまった感じで用います。

つまり、道三は土岐頼純を下に見てたってことか?

家の位は確実に守護饌である土岐氏の方が上なのに?

まぁ、年下だし、婿だし、そういう意味で目下ってことなのかな?

いきなり、昔の言葉が出てくるので「え?なんて?いまなんて言った?」と思ったかもしれませんが、あんまり気にする必要はないようですね。

 

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

 - 麒麟がくる関連