麒麟がくる関連

麒麟がくる第2話あらすじ・ネタバレ関連記事まとめ

投稿日:2020年1月16日 更新日:

大河ドラマ麒麟がくる【第2話】
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ「麒麟がくる」を楽しんでもらうため、第2話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。麒麟がくるの予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

第2話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

麒麟がくる第2話あらすじネタバレ|帰蝶と駒の三角関係?井ノ口の戦いが描かれる第2話
大河ドラマ「麒麟がくる」 第2話「道三の罠」 あらすじ【ネタバレ注意】 2020年大河ドラマ「麒麟がくる」の初回、明智十兵衛光秀は斎藤利政(道三)との約束から旅に出発

スポンサーリンク

 

織田信秀」と「織田彦五郎信友)」

大河ドラマ「麒麟がくる」の第2話では、本木雅弘が演じる斎藤利政(道三)のライバルとして早くも「織田信秀」が登場。

高橋克則が演じる「織田信秀」は、さっそくこの回で美濃に攻め込み、戦で負けてすごすごと帰っていきます(笑)。

また、この回では名前だけしか出てきませんが、信秀と同じ織田家の「織田彦五郎(信友)」が登場することが決まっており、その後の織田家の内紛で物語に深く関わってきます。

下の記事では、信長の父として登場機会の多い「織田信秀」と、信秀や信長と尾張の覇権を争った「織田彦五郎(信友)」について簡単に紹介しています。

麒麟がくる|織田信秀(高橋克典)信長の父は超保守的な戦国大名?ライバル道三としのぎを削った尾張の虎の生涯
大河ドラマ「麒麟がくる」 織田信秀 大河ドラマ「麒麟がくる」で高橋克典が演じるのが戦国の風雲児・織田信長の父・織田信秀。 今回の「麒麟がくる」では、これまでイメージを
麒麟がくる第2話あらすじ・ネタバレ関連記事まとめ
大河ドラマ麒麟がくる【第2話】 あらすじ・ネタバレ・関連記事 ここでは、より大河ドラマ「麒麟がくる」を楽しんでもらうため、第2話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記

稲葉良通一鉄)」

大河ドラマ「麒麟がくる」の第2話では、斎藤家の家臣として村田雄浩が演じる「稲葉良通(一鉄)」が登場してきます。

この回の出番は少しですが、放送以前からキャストが発表されていたことを考えると、この「稲葉良通(一鉄)」は物語に長く関わってくる重要人物だと予想されます。

下の記事では、のちに斎藤利政(道三)の子・高政(義龍)の側近として活躍し、明智光秀とも深く関わる美濃三人衆の筆頭「稲葉良通(一鉄)」について簡単に紹介しています。

麒麟がくる|稲葉良通・一鉄(村田雄浩)頑固一徹!信長からは「今弁慶」、敵からは「誠の仁者」と称えられた歴戦の武人
大河ドラマ「麒麟がくる」 稲葉良通(一鉄) 大河ドラマ「麒麟がくる」で村田雄浩が演じるのが、頑固一徹の語源になったといわれる美濃の武人・稲葉良通(一鉄)。 稲葉良通は

スポンサーリンク

土岐頼純」と「土岐頼芸

大河ドラマ「麒麟がくる」で斎藤利政(道三)は美濃国の支配者として序盤から権勢を振るっていますが、実際は『美濃国守護代』の職にあり、一応主家には『美濃国守護』の土岐家というものが存在していました。

実力がモノをいう戦国時代にあって『守護職』は次第に有名無実化していったものですが、まだこの頃の美濃において土岐家はそれなりの権威は有しており、支流にあたる明智光秀も敬意は払っています。

この土岐家の中からは、大河ドラマ「麒麟がくる」で帰蝶の最初の夫でありながら出番の少ない「土岐頼純」と、のちに出番がグッと増えてくる「土岐頼芸」が登場してきます。

下の記事では、「麒麟がくる」以前の美濃で守護職を巡って争っていた叔父と甥、「土岐頼純」と「土岐頼芸」について簡単に紹介しています。

麒麟がくる|稲葉良通・一鉄(村田雄浩)頑固一徹!信長からは「今弁慶」、敵からは「誠の仁者」と称えられた歴戦の武人
大河ドラマ「麒麟がくる」 稲葉良通(一鉄) 大河ドラマ「麒麟がくる」で村田雄浩が演じるのが、頑固一徹の語源になったといわれる美濃の武人・稲葉良通(一鉄)。 稲葉良通は
麒麟がくる|土岐頼芸・ときよりのり(尾美としのり)壮絶な家督争いの果てに道三に国を奪われた鷹の絵を愛した文化人
大河ドラマ「麒麟がくる」 土岐頼芸(ときよりのり) 大河ドラマ「麒麟がくる」で尾美としのりが演じるのが、斎藤利政(道三)を従え、兄を守護の座から追い落とした土岐頼芸(と

井ノ口の戦い」と「織田信康

大河ドラマ「麒麟がくる」の第2話の見どころといえば、斎藤利政(道三)と織田信秀が稲葉山城下で戦った「井ノ口の戦い」。

明智光秀も参陣しているこの戦いののちに、斎藤利政(道三)は美濃の支配力を強め、さらなる下剋上を画策していくことになります。

下の記事では、斎藤利政(道三)の戦術が見事だった「井ノ口の戦い(加納口の戦い)」と、この戦いで命を落とした織田信秀の弟「織田信康」について簡単に紹介しています。

麒麟がくる【織田信康】井ノ口の戦いで討ち死にした信秀の弟・信康は織田弾正忠家の発展を支えた犬山城主
大河ドラマ麒麟がくる 織田信康 大河ドラマ「麒麟がくる」の第2話では、尾張の雄・織田信秀が美濃国に侵攻して起こった井ノ口の戦い(加納口の戦い)の中、織田の陣で信秀の家臣
麒麟がくる【織田信康】井ノ口の戦いで討ち死にした信秀の弟・信康は織田弾正忠家の発展を支えた犬山城主
大河ドラマ麒麟がくる 織田信康 大河ドラマ「麒麟がくる」の第2話では、尾張の雄・織田信秀が美濃国に侵攻して起こった井ノ口の戦い(加納口の戦い)の中、織田の陣で信秀の家臣

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

-麒麟がくる関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麒麟がくる|小見の方(片岡京子)帰蝶の母は深芳野を押しのけて道三の正室になった謎多き女性

大河ドラマ麒麟がくる 小見の方(おみのかた / こみのかた) 大河ドラマ「麒麟がくる」で片岡京子か演じるのが、のちに信長の正室となる帰蝶の母で、斎藤道三の正室である小見の方(おみのかた / こみのかた …

麒麟がくる【織田信賢】岩倉城で信長に反抗した最後の織田伊勢守家

大河ドラマ麒麟がくる 織田信賢 大河ドラマ麒麟がくるでは、織田信長の尾張統一に立ちはだかる壁として、同じ一族で清須城主・織田彦五郎信友と岩倉城主・織田信安が登場しますが、今回紹介するのは岩倉城の信安の …

麒麟がくる【鹿島の太刀】剣豪・塚原卜伝の「鹿島新當流」一つの太刀を学んだ将軍・足利義輝の剣術

大河ドラマ麒麟がくる 鹿島の太刀 大河ドラマ麒麟がくるでは、生涯の友とされる明智光秀と細川藤孝(幽斎)が初対面のときに、ちょとしたことから斬り合いに発展する大騒動になってしまいます。この二人による斬り …

麒麟がくる【みども】とは?斎藤道三が言った「身共」の意味

大河ドラマ「麒麟がくる」 【みども】とは? 大河ドラマ「麒麟がくる」の第2話「道三の罠」のラスト10分、斎藤利政(道三)が美濃国守護の土岐頼純と向き合い、毒殺する際に「みども」という言葉を何度も口にし …

麒麟がくる【第6話】あらすじ・ネタバレ関連記事まとめ

大河ドラマ麒麟がくる【第6話】 あらすじ・ネタバレ・関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第6話は、細川晴元による三好長慶と松永久秀の暗殺計画を止めようとする明智光秀、光秀の言葉に心打たれる将軍・足利義輝 …

スポンサーリンク