麒麟がくる関連

麒麟がくる|近衛前久(本郷奏多)戦国の表舞台に立とうとする破天荒関白!謙信、信長、秀吉、家康が頼った不世出の公家の生涯

投稿日:

大河ドラマ「麒麟がくる」
近衛前久

大河ドラマ「麒麟がくる」で本郷奏多が演じるのが、破天荒な公家・近衛前久。

NHK公式でも近衛前久は「若き関白。その類いまれなる行動力で、公家でありながら自ら政治に介入する」とあるように、武家中心の戦国時代において積極的に表舞台に立とうとした一風変わった男です。

それでは上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など超有名大名と関係を持っていたぶっ飛んだ公家・近衛前久について簡単に紹介していきます。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

近衛前久

武家らしい公家

近衛前久は天文5年(1536)、公家の近衞稙家の長男として生まれました。

元服して幕府12代将軍・足利義晴から偏諱を受けて「晴嗣」を名乗っていましたが、関白左大臣、藤氏長者に就任すると天文24年(1555)には「晴」の字を捨てて名を「前嗣」と改めました。

前嗣は永禄2年(1559)に上洛した越後の長尾景虎(上杉謙信)と懇意となり、翌年には越後に下向。

名を「前久」と変えて景虎の関東平定に協力し、頼りにもされていましたが、やがて前久は平定が一向に進まないために京に戻り、景虎を怒らせたとされています。

永禄8年(1565)、将軍・足利義輝が暗殺される事件が発生すると、実行犯の三好三人衆から頼られた前久は、三人衆が推す足利義栄の将軍就任を決めました。

しかし、永禄11年(1568)に織田信長が足利義昭を奉じて上洛したため、前久は将軍となった義昭と前関白である二条晴良から暗殺事件への関与を疑われ、朝廷から追放されてしまいました。

その後、前久は丹波国の赤井直正を頼ったあと、摂津国の石山本願寺に移ります。

ここで前久は三好三人衆の依頼を受け、信長包囲網に本願寺顕如の参加を促しましたが、前久の目的は義昭と二条晴良の排除にあったようで、天正元年(1573)に信長が義昭を追放し、二条晴良とも関係が悪化すると、しだいに前久は信長包囲網から離れて信長と接近することになりました。

天正3年(1575)に京に戻り、信長と親交を深めた前久は要請に応じて九州へ赴き、諸大名の和議を図って信長が計画する毛利包囲網の形成に協力しました。

また、前久は信長と顕如の調停に乗り出し、石山本願寺を開かせて信長から高い評価を得ています。

その後、前久は甲州征伐に同行するなど信長の天下統一に協力していましたが、本能寺の変が起こると織田信孝や羽柴秀吉から事件への関与を疑われました。

このため、前久は徳川家康を頼って浜松に逃れ、誤解を解いてもらいましたが、直後に秀吉と家康の対立が始まり、巻き込まれることを恐れた前久は両者の和議成立まで奈良に身を寄せることにしました。

和議成立後、再び京に戻った前久は隠棲生活に入り、慶長17年(1612)に享年77で死去しますが、関ヶ原合戦時には東軍、西軍の両方と関係を持つなど、隠棲しながらもしたたかに行動していました。

 

 

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」あらすじ関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじや登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ 感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

-麒麟がくる関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麒麟がくる|斎藤義龍・高政(伊藤英明)父親は土岐頼芸?光秀との友情と決別を経験する悩める名武将

大河ドラマ「麒麟がくる」 斎藤義龍(高政) 大河ドラマ「麒麟がくる」で伊藤英明が演じるのが、道三の嫡男でありながら自らの出自の謎にこだわる斎藤義龍(高政)。 「麒麟がくる」では主人公の明智光秀とは幼馴 …

麒麟がくる|妻木煕子・ひろこ(木村文乃)髪を売って夫を助けた光秀最愛の妻ひろこの生涯

大河ドラマ「麒麟がくる」 妻木煕子(つまきひろこ) 大河ドラマ「麒麟がくる」で木村文乃が演じるのが、のちに明智光秀の妻となるこの大河のヒロイン・妻木煕子(つまきひろこ)。 正妻以外に側室を持つことが普 …

麒麟がくる|小見の方(片岡京子)帰蝶の母は深芳野を押しのけて道三の正室になった謎多き女性

大河ドラマ麒麟がくる 小見の方(おみのかた / こみのかた) 大河ドラマ「麒麟がくる」で片岡京子か演じるのが、のちに信長の正室となる帰蝶の母で、斎藤道三の正室である小見の方(おみのかた / こみのかた …

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!

2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワードを説明した記事を一覧 …

麒麟がくる【孫六兼元】真柄切兼元や二念仏兼元など伝説を残す刀を作った岐阜県関市の刀鍛冶

大河ドラマ麒麟がくる 孫六兼元 大河ドラマ麒麟がくるの序盤の舞台である岐阜県は、かつて美濃国と呼ばれ、今も昔も関市を中心に日本刀製作の一大拠点でもありました。大河ドラマの中では鉄砲を手に入れた明智光秀 …

スポンサーリンク