麒麟がくる|深芳野・みよしの(南果歩)義龍の父は土岐頼芸か斎藤道三か?戦国のスーパーモデルが生んだ親子の確執

   

大河ドラマ「麒麟がくる」
深芳野(みよしの)

大河ドラマ「麒麟がくる」で南果歩が演じるのが、本木雅弘演じる斎藤道三の側室・深芳野(みよしの)。

この深芳野(みよしの)が生んだ子・義龍の出生の噂が、やがて美濃国を揺るがす親子ゲンカに発展していきました。

今回は、スーパーモデル顔負けの高身長で「美濃一の美女」と呼ばれた深芳野(みよしの)について簡単に紹介していきます。

 

出典:https://videotopics.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

 

深芳野(みよしの)

深芳野は美濃の国人・稲葉通則の娘で、安藤守就、氏家直元と併せて西美濃三人衆と呼ばれた稲葉一鉄(良通)の姉ともいわれる。

また、異説では室町幕府の四職の筆頭とれた名門一色家、丹後国守護の一色義清の娘ともいわれる。

どちらにせよ、深芳野は一色家と関わりの深かった美濃国守護の土岐氏の次男・土岐頼芸の愛妾となり、「美濃一の美女」と謳われた。

その後、深芳野は土岐頼芸の信頼を勝ち得ていた長井新左衛門尉の子・長井新九郎規秀(のちの斎藤道三)に贈られ、新九郎の側室となった。

大永7年(1527年)に豊太丸(のちの斎藤義龍)を産んだ深芳野の年齢は20歳だったという。

 

出典:https://www9.atwiki.jp/

 

 

一説に、道三が深芳野をもらいうける前から、土岐頼芸の子がお腹にいたとされ、子の義龍は落胤とされる。

このことから、道三と義龍はお互い嫌いあっていたともいわれ、道三は義龍の下の弟たちばかりを可愛がっていた。

そして、ついに道三は義龍を廃嫡しようと画策したため、美濃国は壮絶な親子ゲンカに突入してしまう。

しかし、この親子ゲンカは義龍側に多くの旧土岐家臣団が集まったことから、道三は敗北して討ち死に。

旧土岐家臣団が義龍に味方したのは、義龍が土岐家の血を引いていたからだともいわれるほか、道三の実子ではないという噂を逆手に取った義龍が、母方の姓「一色」を名乗って美濃国人を取り組むことに成功したからともいわれる。

ちなみに、深芳野は身長は六尺二寸(約187cm)もあったといわれ、義龍の身長は六尺五寸(約197cm)あったといわれている。

 

スポンサーリンク

 

【麒麟がくる・全話あらすじ】

麒麟がくる全話あらすじ


スポンサーリンク

 - 麒麟がくる関連