麒麟がくる関連

麒麟がくる|深芳野・みよしの(南果歩)義龍の父は土岐頼芸か斎藤道三か?戦国のスーパーモデルが生んだ親子の確執

投稿日:2019年12月15日 更新日:

大河ドラマ「麒麟がくる」
深芳野(みよしの)

大河ドラマ「麒麟がくる」で南果歩が演じるのが、本木雅弘演じる斎藤道三の側室・深芳野(みよしの)。

この深芳野(みよしの)が生んだ子・義龍の出生の噂が、やがて美濃国を揺るがす親子ゲンカに発展していきました。

今回は、スーパーモデル顔負けの高身長で「美濃一の美女」と呼ばれた深芳野(みよしの)について簡単に紹介していきます。

 

出典:https://www.nhk.or.jp/

スポンサーリンク

 

深芳野(みよしの)

深芳野は美濃の国人・稲葉通則の娘で、安藤守就、氏家直元と併せて西美濃三人衆と呼ばれた稲葉一鉄(良通)の姉ともいわれる。

また、異説では室町幕府の四職の筆頭とれた名門一色家、丹後国守護の一色義清の娘ともいわれる。

どちらにせよ、深芳野は一色家と関わりの深かった美濃国守護の土岐氏の次男・土岐頼芸の愛妾となり、「美濃一の美女」と謳われた。

その後、深芳野は土岐頼芸の信頼を勝ち得ていた長井新左衛門尉の子・長井新九郎規秀(のちの斎藤道三)に贈られ、新九郎の側室となった。

大永7年(1527年)に豊太丸(のちの斎藤義龍)を産んだ深芳野の年齢は20歳だったという。

 

出典:https://www9.atwiki.jp/

 

 

一説に、道三が深芳野をもらいうける前から、土岐頼芸の子がお腹にいたとされ、子の義龍は落胤とされる。

このことから、道三と義龍はお互い嫌いあっていたともいわれ、道三は義龍の下の弟たちばかりを可愛がっていた。

そして、ついに道三は義龍を廃嫡しようと画策したため、美濃国は壮絶な親子ゲンカに突入してしまう。

しかし、この親子ゲンカは義龍側に多くの旧土岐家臣団が集まったことから、道三は敗北して討ち死に。

旧土岐家臣団が義龍に味方したのは、義龍が土岐家の血を引いていたからだともいわれるほか、道三の実子ではないという噂を逆手に取った義龍が、母方の姓「一色」を名乗って美濃国人を取り組むことに成功したからともいわれる。

ちなみに、深芳野は身長は六尺二寸(約187cm)もあったといわれ、義龍の身長は六尺五寸(約197cm)あったといわれている。

 

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」あらすじ関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじや登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ 感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

-麒麟がくる関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麒麟がくる|平手政秀(上杉祥三)信長のもり役は帰蝶との婚約を取りまとめた外交政策に優れる一流文化人

大河ドラマ「麒麟がくる」 平手政秀 大河ドラマ「麒麟がくる」で上杉祥三が演じるのが、織田信長のもり役として有名な平手政秀。 とにかくやりたい放題だった若い信長に振り回された末、腹を切るという何とも可哀 …

麒麟がくる【織田信安】岩倉城の織田伊勢守家当主は最後まで信長に反抗した男

大河ドラマ麒麟がくる 織田信安 大河ドラマ「麒麟がくる」では、織田信秀、信長親子の悲願である尾張国統一に最後の最後まで抵抗した人物として「織田信安」という人物が登場してきます。 ドラマの序盤では、清須 …

麒麟がくる|日運(有福正志)小見の方の病気平癒を願う僧は斎藤道三の国盗りのきっかけを作った重要人物だった!

大河ドラマ麒麟がくる 日運 大河ドラマ麒麟がくるの初回で有福正志が演じるのが、常在寺の住職・日運というお坊さん。この日運は斎藤道三の正室である小見の方の病気平癒のため、サンゴの玉を献上して数珠を作ろう …

麒麟がくる【みども】とは?斎藤道三が言った「身共」の意味

大河ドラマ「麒麟がくる」 【みども】とは? 大河ドラマ「麒麟がくる」の第2話「道三の罠」のラスト10分、斎藤利政(道三)が美濃国守護の土岐頼純と向き合い、毒殺する際に「みども」という言葉を何度も口にし …

麒麟がくる|土岐頼芸・ときよりのり(尾美としのり)壮絶な家督争いの果てに道三に国を奪われた鷹の絵を愛した文化人

大河ドラマ「麒麟がくる」 土岐頼芸(ときよりのり) 大河ドラマ「麒麟がくる」で尾美としのりが演じるのが、斎藤利政(道三)を従え、兄を守護の座から追い落とした土岐頼芸(ときよりのり/よりあき)。 尾美と …

スポンサーリンク