麒麟がくる第3話あらすじネタバレ|駒と高政(義龍)の謎!深芳野の不敵な笑みは何を意味する?

      2020/01/15

大河ドラマ「麒麟がくる
第話3あらすじネタバレ

ここでは令和2年大河ドラマ「麒麟がくる」第3話のあらすじ・ネタバレについてザックリと書いています。放送前に先の展開を知りたくない方は【ネタバレ注意】は特にご遠慮下さい。また勝手にふざけて文章を書いている部分もありますので、ここのあらすじは本編の大河ドラマ「麒麟がくる」と全く同じものではありません。なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

前回 大河ドラマ「麒麟がくる」第2話のあらすじ

麒麟がくる第2話あらすじネタバレ|帰蝶と駒の三角関係?井ノ口の戦いが描かれる第2話
大河ドラマ「麒麟がくる」 第2話あらすじネタバレ ここでは令和2年大河ドラマ「麒麟がくる」第2話のあらすじ・ネタバレについてザックリと書いています。放送前に先の展開を知

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」
第3話
NHK公式 あらすじ

公式HP発表後、抜粋致します。

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」
第3話
あらすじ【ネタバレ注意】

駒の謎と帰蝶の涙

美濃国は守護である土岐家が治めて権力を握っていたが、土岐頼武と土岐頼芸の兄弟が守護の座を巡り争って以降、権威は著しく衰えていた。

守護代・斎藤利政(のちの道三)織田信秀の侵攻を防いだ天文16年(1547)の冬、頼武の嫡男で守護であった土岐頼純を殺害し、美濃国の新しい支配者になろうとしていた。

一方、明智荘では先の戦で負傷した藤田伝吾(行政)の代わりに、明智光秀がおぼつかない足取りで農作業に励んでいた。

そんな時、光秀によって野盗から命を助けられた菊丸が現れた。

菊丸は実家の三河に戻ったが、母から命の恩人に礼をするように言われ、味噌などの品を持って美濃に戻ってきたのだった。

そこに駒に付き添われた伝吾がやってきて、傷の手当のために医師の望月東庵が薬草を集めていると言う。

すると菊丸は薬草を差し出し、生えている場所に連れて行くことを約束してくれた。

菊丸が打ち合わせをしていると、今度は夫・土岐頼純を亡くしたばかりの帰蝶(のちの濃姫)がやってくる。

帰蝶は農作業に苦しむ光秀を手伝うためにわざわざ来たのだが、田んぼに入るなりタニシを踏んで足をケガしてしまった。

 

その後、帰蝶は光秀の館で治療を受けながら、光秀の母・牧を交えて子供の頃を振り返った。

帰蝶が光秀に双六で負けたことがなかった話や、美濃に伝わる「狐女房の説話」で盛り上がると、ふいにが「狐女房の説話」の一説を思い出す。

それはが昔、家事から助けてくれた侍が慰めようとして聞かせてくれたものだった。

美濃との不思議な縁があるものだと3人で話していると、そこに光秀が入ってきて帰蝶の迎えの使者が来たことを伝えた。

すると帰蝶は光秀一人を連れ出し、夫の死について何か知らないかと尋ねた。

帰蝶の訪問の目的はこれだったのかと思った光秀は、正直に「土岐頼純織田信秀と通じて戦を起こそうとしたため利政に殺害された」と話した。

これを聞いた帰蝶は、涙をこらえながら明智荘をあとにするのであった。

 

スポンサーリンク

 

斎藤高政(義龍)出生の謎

土岐頼純を殺害した利政は、守護の後釜に頼純の父・頼武との争いに敗れてひっそり暮らしていた土岐頼芸を迎えようとしていた。

利政が長男・高政(のちの義龍)を連れて頼芸の館を訪問すると、頼芸は鷹の絵を描いていた。

「土岐の鷹」と呼ばれる絵は父・政房から継承されたものだと誇らしげに話す頼芸は、ふいに筆を止めると利政頼純の殺害について真偽を問い詰めた。

すると利政は「めっそうもない」とおどけ、戦の責任を負って自害したと弁明し、改めて頼芸に守護になって欲しいと願い出た。

しかし、土岐家を操り人形のように扱う利政のことが信じれない頼芸は首を縦に振らない。

これに利政は美濃国の結束のためにも守護・土岐家の権威が必要だと話し、強引に押し付けてしまった。

目的を果たした利政はその場をあとにしようとすると、頼芸高政を呼び止めて「母の深芳野は元気か?」と尋ねた。

高政の母である深芳野はもともと頼芸の愛妾であったが、利政の求めに応じて側室として下賜された過去があった。

そして頼芸高政の耳元で「我が子と思うておるぞ」とささやいた。

 

やがて利政たちが帰ると、頼芸は家臣に美濃を利政から取り戻すため、尾張の織田信秀に出兵を促す使者を出すよう命じた。

そんなこととも露知らず、高政は稲葉山城に戻って深芳野に会い「自分の本当の父親は頼芸様では?」と聞いた。

すると深芳野は不敵な笑みを浮かべ、「いいえ」とだけ返答するのであった。

 

スポンサーリンク

 

次回 大河ドラマ「麒麟がくる」第4話あらすじ

麒麟がくる第4話あらすじネタバレ|東庵と道三のヒリヒリする駆け引きに光秀もタジタジの第4話
大河ドラマ「麒麟がくる」 第4話あらすじネタバレ ここでは令和2年大河ドラマ「麒麟がくる」第4話のあらすじ・ネタバレについてザックリと書いています。放送前に先の展開を知
大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各回
大河ドラマ「麒麟がくる」
放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

スポンサーリンク

【麒麟がくる全話・あらすじ】

初回~5話のあらすじ・期待度

6話~10話のあらすじ・期待度

11話~15話のあらすじ・期待度

 

 

【麒麟がくる人物・キャスト】

あ:明智光安(西村雅彦)

あ:足利義昭(滝藤賢一)

あ:足利義輝(向井理)

い:稲葉良通・一鉄(村田雄浩)

お:織田信秀(高橋克則)

お:織田彦五郎信友

お:織田信康

お:小見の方(片岡京子)

き:帰蝶・濃姫(川口春奈)

き:菊丸(岡村隆史)

こ:駒(門脇麦)

さ:斎藤道三・利政(本木雅弘)

さ:斎藤義龍・高政(伊藤英明)

つ:妻木煕子(木村文乃)

と:土岐頼芸(尾美としのり)

と:土岐頼純(矢野聖人)

と:土田御前(檀れい)

に:日運(有福正志)

ひ:平手政秀(上杉祥三)

ふ:藤田行政・伝吾(徳重聡)

ほ:細川晴元(国広富之)

ほ:細川幽斎・藤孝(眞島秀和)

ま:松永久秀(吉田鋼太郎)

み:三淵藤英(谷原章介)

み:三好長慶(山路和弘)

み:深芳野(南果歩)

も:望月東庵(堺正章)

 

 

【麒麟がくる関連記事】

スポンサーリンク

 - 麒麟がくるあらすじ