麒麟がくる第5話あらすじネタバレ|細川藤孝と足利義輝が登場してイケメン祭が開催される第5話w

      2020/01/14

大河ドラマ「麒麟がくる
第5話あらすじネタバレ

ここでは令和2年大河ドラマ「麒麟がくる」第5話のあらすじ・ネタバレについてザックリと書いています。放送前に先の展開を知りたくない方は【ネタバレ注意】は特にご遠慮下さい。また勝手にふざけて文章を書いている部分もありますので、ここのあらすじは本編の大河ドラマ「麒麟がくる」と全く同じものではありません。なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

前回 大河ドラマ「麒麟がくる」第4話のあらすじ

麒麟がくる第4話あらすじネタバレ|東庵と道三のヒリヒリする駆け引きに光秀もタジタジの第4話
大河ドラマ「麒麟がくる」 第4話あらすじネタバレ ここでは令和2年大河ドラマ「麒麟がくる」第4話のあらすじ・ネタバレについてザックリと書いています。放送前に先の展開を知

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」
第5話
NHK公式 あらすじ

公式HP発表後、抜粋致します。

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」
第5話
あらすじ【ネタバレ注意】

すれ違う駒

天文5年(1548)秋、稲葉山城で明智光秀は斎藤利政(道三)に鉄砲の指南をしていた。

利政の弾は轟音と共に見事に的を撃ち抜き、一同は驚嘆の声をあげる。

しかし、浮かない顔の利政は「これを将軍家は手に入れているのか」と警戒心を募らせていた。

光秀は鉄砲の威力は認めていたものの、弾を込めるのに時間がかかることから実際に戦に使用できるか疑問に感じていたため、将軍家が入手しているとは考えていなかった。

すると、利政は「火薬などを入手していた本能寺を将軍家は抱え込んでいる」と話し、将軍家が鉄砲を欲しがる理由を知りたいと光秀の方を見た。

その後、光秀は藤田伝吾(行政)を呼び、鉄砲を分解して早く撃てるように改良したいと告げると、伝吾は刀鍛冶から伊平次という酒癖の悪い男が美濃から近江の国友村に流れ、そこで鉄砲の修理などをしていると答えた。

これを聞いた光秀はすぐに国友村に向かうことを決意するのであった。

 

翌日、菊丸を連れて稲葉山城を出発し、明智荘に向かって歩いていた。

用件は明朝に望月東庵と共に京に帰ることになったための挨拶であったが、菊丸の歩くスピードの遅さに合わせていたため、が明智荘に着いたときには光秀の姿はなかった。

光秀の母・牧に「本当は行きたくない」と本音を言うの目には涙が溢れていた。

 

その頃、光秀は国友村で刀鍛冶の鶴平に会って鉄砲の分解を頼んでいた。

しかし、鶴平は将軍・足利義輝からの命令で鉄砲についての一切は固く口止めされているという。

また、伊平次の居所を聞いても答えてもらえず、鶴平は立ち去ってしまい、光秀は途方に暮れることとなった。

そんな折、若い刀鍛冶が金で伊平次の居所を教えると声を掛けてきて、光秀は「伊平次は本能寺にいるかも」という情報を得ることができた。

その後、一旦稲葉山城に戻った光秀は利政に会って旅費をもらうと、鉄砲を背負って京に馬を走らせた。

 

スポンサーリンク

 

盟友・細川藤孝との出会い

京では管領家の細川晴元が近江に逃げていた将軍・足利義輝を迎えて実権を握ったものの、すぐに晴元も家臣たちの権力争いに手を焼き、代わりに家臣の三好長慶とそれを支える松永久秀晴元を脅かす存在として台頭してきていた。

京の着いた光秀は、深い堀を巡らせてまるで城郭のような本能寺に入ることもできず、ウロウロすることしかできなかった。

そんな時、細川藤孝(のちの幽斎)という男が、背中に鉄砲を抱える光秀を怪しんで警備上の理由から鉄砲を取り上げようとした。

理不尽な物言いに光秀はガン無視を決め込んだが、藤孝は刀を抜いて立ちふさがってくる。

これに光秀も刀を抜いて応じ、周囲に緊張が走ったその時、「藤孝!やめい!」と声が飛んできた。

なんと驚くことに声の主は将軍・足利義輝であり、剣の道に明るかった義輝は光秀の太刀を見て「鹿島の太刀」と見抜き、藤孝に同じ流派同士の斬り合いを止めるように命じたのだった。

馬で走り去る義輝と呆然と見送った光秀は、直後に堺で出会った三淵藤英に声をかけられた。

藤孝三淵の弟であったため、「将軍の護衛で気が立って弟が無礼を働いてしまった」と三淵が謝ると、藤孝も気まずい顔で照れ臭さそうに挨拶をした。

これが生涯の友となる光秀と藤孝の最初の出会いであった。

その後、三淵は伊平次は行方不明となり、本能寺も探している教えてくれた。

このため、目的を見失った光秀は松永久秀に会いに行くという三淵に同行することになるのであった。

 

スポンサーリンク

 

次回 大河ドラマ「麒麟がくる」第6話あらすじ

麒麟がくる第6話あらすじネタバレ|光秀の熱い思い応えた将軍・義輝の久秀救出作戦が大成功!駒との再会を果たす第6話
大河ドラマ「麒麟がくる」 第6話あらすじネタバレ ここでは令和2年大河ドラマ「麒麟がくる」第6話のあらすじ・ネタバレについてザックリと書いています。放送前に先の展開を知
大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各回
大河ドラマ「麒麟がくる」
放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

スポンサーリンク

【麒麟がくる全話・あらすじ】

初回~5話のあらすじ・期待度

6話~10話のあらすじ・期待度

11話~15話のあらすじ・期待度

 

 

【麒麟がくる人物・キャスト】

あ:明智光安(西村雅彦)

あ:足利義昭(滝藤賢一)

あ:足利義輝(向井理)

い:稲葉良通・一鉄(村田雄浩)

お:織田信秀(高橋克則)

お:織田彦五郎信友

お:織田信康

お:小見の方(片岡京子)

き:帰蝶・濃姫(川口春奈)

き:菊丸(岡村隆史)

こ:駒(門脇麦)

さ:斎藤道三・利政(本木雅弘)

さ:斎藤義龍・高政(伊藤英明)

つ:妻木煕子(木村文乃)

と:土岐頼芸(尾美としのり)

と:土岐頼純(矢野聖人)

と:土田御前(檀れい)

に:日運(有福正志)

ひ:平手政秀(上杉祥三)

ふ:藤田行政・伝吾(徳重聡)

ほ:細川晴元(国広富之)

ほ:細川幽斎・藤孝(眞島秀和)

ま:松永久秀(吉田鋼太郎)

み:三淵藤英(谷原章介)

み:三好長慶(山路和弘)

み:深芳野(南果歩)

も:望月東庵(堺正章)

 

 

【麒麟がくる関連記事】

スポンサーリンク

 - 麒麟がくるあらすじ