麒麟がくる第6話あらすじネタバレ|光秀の熱い思い応えた将軍・義輝の久秀救出作戦が大成功!駒との再会を果たす第6話

      2020/01/14

大河ドラマ「麒麟がくる
第6話あらすじネタバレ

ここでは令和2年大河ドラマ「麒麟がくる」第6話のあらすじ・ネタバレについてザックリと書いています。放送前に先の展開を知りたくない方は【ネタバレ注意】は特にご遠慮下さい。また勝手にふざけて文章を書いている部分もありますので、ここのあらすじは本編の大河ドラマ「麒麟がくる」と全く同じものではありません。なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

前回 大河ドラマ「麒麟がくる」第5話のあらすじ

麒麟がくる第5話あらすじネタバレ|細川藤孝と足利義輝が登場してイケメン祭が開催される第5話w
大河ドラマ「麒麟がくる」 第5話あらすじネタバレ ここでは令和2年大河ドラマ「麒麟がくる」第5話のあらすじ・ネタバレについてザックリと書いています。放送前に先の展開を知

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」
第6話
NHK公式 あらすじ

公式HP発表後、抜粋致します。

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」
第6話
あらすじ【ネタバレ注意】

光秀の熱い思いが将軍に届く

天文17年(1548)秋、権勢を誇っていた細川晴元の足元は揺らぎ、主君を凌ぐ勢力を持った晴元の家臣・三好長慶との両者の争いが京で起ころうとしていた。

そんな中、公家衆との連歌会に出席するため、長慶が摂津からお忍びで京にやってきた。

長慶を出迎えた松永久秀は京の様子を尋ねられ「晴元はいまにも攻め入られるとビクビクしていることから、連歌会に晴元を呼んで驚かしてやってはどうか」と不敵に笑って答えた。

その頃、光秀は久秀のおかげで、刀鍛冶の伊平次に会うことができていた。

伊平次が鉄砲を分解すると、光秀は構造の複雑さに感心し、思わず「美しい」と声をもらしてしまう。

すると、それを聞いた伊平次は「これを見て美しいといったのは、あなたと松永様だけです」と話し、少し暗い表情を浮かべた。

光秀がその訳を聞くと、伊平次は自分の通っている遊女屋で三好長慶松永久秀が討たれるという話を聞いたという。

その実行日が本日の昼、万里小路家で開かれる連歌会であることを知った光秀は、急ぎ三淵藤英のもとに向かった。

 

三淵の館ではお忍びでやってきた将軍・足利義輝のために能舞台が設けられ、「敦盛」が演じられていた。

光秀の突然の訪問に三淵は席を外して応対してくれたが、光秀が協力を要請しても「久秀を助けることには協力できない。その計画は晴元のものであるから、所詮は細川家の内輪もめであるから介入はしない」と返答されてしまった。

横にいての態度に腹を立てた細川藤孝(のちの幽斎)は、すぐに光秀と共に長慶久秀のところに行こうとしたが、三淵からは「今、味方すれば将軍様の上意と受け取られかねない」と制されてしまう。

すると光秀は立ち去ろうとする三淵の背中に向かって、父の言葉をぶつけた。

「将軍は武家の棟梁であり、全ての武士の頭であり、武士の鑑であり、世の中を平穏に治める人であるはず!いま将軍のお膝元である京で家臣同志で争っているのに、それを見ず、背を向けて関わろうとしないと言うのであれば、武士は一つにまとまることはない!将軍様が一言『争うな』と命じなければ世の中は平穏にはならない!」

熱く語って光秀はそのまま駆け出し、三淵は複雑な顔で奥に歩き出した。

すると、知らない間に三淵の目の前には義輝が立っている。

そして義輝は「あの若者のあとを追え!」と命じ、藤孝が武装した家臣たちと共に飛び出して行った。

やがて追いついた藤孝は武具を光秀に渡し、「も参ります。急ぎましょう」と肩を叩いた。

光秀は身が引き締まる思いで急ぎ準備を整えるのであった。

 

スポンサーリンク

 

戦闘と再会

その頃、万里小路家では長慶は連歌を楽しみ、久秀は別室で居眠りをしていた。

やがて久秀が目を覚ますと、血まみれの近習の者が室内に飛びこんできた。

同時に乱入してきた刺客を振り払うと久秀は部屋の外に逃れ、長慶の元に駆けつけて用意してある馬で逃げるように促した。

事態を察した長慶はすぐに門に向かうと、長慶を追っていた刺客たちの前に到着したばかりの光秀を藤孝が立ちはだかり、斬り合いとなった。

この隙に長慶は門の外に逃げると、さらに別方向から刺客たちが追いかけていたが、これを三淵とその家臣たちが取り囲み、その場を制圧した。

そして光秀たちのおかげで無事に脱出できた長慶久秀は「この恩忘れぬ!」と言い残し、万里小路家を急いで出て行った。

 

見事に刺客を撃退した光秀であったが、肩には深い傷を負っていた。

このため、三淵が医者を手配しようとしたが、光秀は京いる望月東庵のところに連れて行って欲しいと頼む。

意識朦朧の中、東庵の診療所に運び込まれた光秀は、から必死の看護を受け、何とか一命を取り留めることができた。

やがて目覚めた光秀が礼を言うと、は「そばにいるのが楽しいだけだからおかまいなく」とほほ笑むのであった。

 

スポンサーリンク

 

次回 大河ドラマ「麒麟がくる」第7話あらすじ

麒麟がくる第7話あらすじネタバレ|帰蝶と信長の縁談話が浮上!拒否する帰蝶に道三パパも頭を抱える第7話
大河ドラマ「麒麟がくる」 第7話あらすじネタバレ ここでは令和2年大河ドラマ「麒麟がくる」第7話のあらすじ・ネタバレについてザックリと書いています。放送前に先の展開を知
大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各回
大河ドラマ「麒麟がくる」
放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

スポンサーリンク

【麒麟がくる全話・あらすじ】

初回~5話のあらすじ・期待度

6話~10話のあらすじ・期待度

11話~15話のあらすじ・期待度

 

 

【麒麟がくる人物・キャスト】

あ:明智光安(西村雅彦)

あ:足利義昭(滝藤賢一)

あ:足利義輝(向井理)

い:稲葉良通・一鉄(村田雄浩)

お:織田信秀(高橋克則)

お:織田彦五郎信友

お:織田信康

お:小見の方(片岡京子)

き:帰蝶・濃姫(川口春奈)

き:菊丸(岡村隆史)

こ:駒(門脇麦)

さ:斎藤道三・利政(本木雅弘)

さ:斎藤義龍・高政(伊藤英明)

つ:妻木煕子(木村文乃)

と:土岐頼芸(尾美としのり)

と:土岐頼純(矢野聖人)

と:土田御前(檀れい)

に:日運(有福正志)

ひ:平手政秀(上杉祥三)

ふ:藤田行政・伝吾(徳重聡)

ほ:細川晴元(国広富之)

ほ:細川幽斎・藤孝(眞島秀和)

ま:松永久秀(吉田鋼太郎)

み:三淵藤英(谷原章介)

み:三好長慶(山路和弘)

み:深芳野(南果歩)

も:望月東庵(堺正章)

 

 

【麒麟がくる関連記事】

スポンサーリンク

 - 麒麟がくるあらすじ