麒麟がくる初回(1話)あらすじネタバレ|明智光秀・斎藤道三・松永久秀、戦国の梟雄夢の競演

      2020/01/14

大河ドラマ「麒麟がくる
初回あらすじネタバレ

ここでは令和2年大河ドラマ「麒麟がくる」初回のあらすじ・ネタバレについてザックリと書いています。放送前に先の展開を知りたくない方は【ネタバレ注意】は特にご遠慮下さい。また勝手にふざけて文章を書いている部分もありますので、ここのあらすじは本編の大河ドラマ「麒麟がくる」と全く同じものではありません。なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

大河ドラマ「麒麟がくる」関連記事

大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各回
2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」
初回
NHK公式 あらすじ

公式HP発表後、抜粋致します。

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」
初回
あらすじ【ネタバレ注意】

光秀、旅に出る

時は室町時代末期、第13代将軍・足利義輝の時代。

幕府内では管領の細川氏、斯波氏、畠山氏が権力抗争に明け暮れ、将軍は京を追われて近江に逃れ、幕府の権威は失墜しつつあった。

そんな中、美濃国では土岐家が守護として支配していたが、幕府の弱体化により実権は守護代・斎藤利政(のちの道三)が握っていた。

明智十兵衛光秀は美濃国衆で明智荘を治める明智光綱の子として生まれたが、父はすでに亡くなっており、叔父の明智光安が明智一族を取り仕切っていた。

光秀は明智荘を襲う野盗に頭を悩ませながらも、常に最前線で戦っていた。

そんなある時、藤田伝吾(行政)らと共に野盗と戦闘になった際、すさまじい轟音とと共に仲間の一人が倒れ、光秀は驚愕する。

そして、野盗に捕まっていたという菊丸から話を聞き、光秀は堺でしか出に入らないという最新兵器「鉄砲」の存在を知った。

光秀はすぐに主君・利政に直訴することで、鉄砲を備えた野盗の再襲来に打開策を講じようとしたが、叔父の光安はこれに対して許可を出さず、全く取り合ってくれない。

納得いかない光秀は直訴する機会を伺っていると、そこに利政の長男である斎藤高政(のちの義龍)がやってきた。

二人は幼少の頃からの友であり、光秀は高政の手引きで利政と面会することが叶った。

 

光秀が城に上がると、利政は大量の珊瑚の玉を並べて品定めしている。

この玉は利政の正室・小見の方の病気を案じた日運和尚が数珠を作るために献上したものだったが、ここで利政は光秀と高政に「数を当てて見ろ」と命じた。

すると、おおざっぱな数を答えて叱られる高政をよそに、光秀は論理的に数をはじきだし、的確な数字を答える。

これに感心した利政が褒美として珊瑚をくれると、光秀は自分の話を始めた。

光秀は明智荘は野盗に苦しめられていること、その野盗が鉄砲という武器をもっていることを伝えたが、利政はこれを一蹴。

しかし光秀は諦めず、自分が堺に行って鉄砲を持ち帰り、さらに小見の方の病気を治す名医を連れくると言うと、利政は顔色を変えて光秀の堺行きを命じたのであった。

 

スポンサーリンク

 

松永久秀との出会い

館に戻ると、光秀の話を聞いた母・牧は心配していたが、父・光綱が土岐氏の上京の際には必ず同行していたことを思い出すと「武門の誇り」と言って快く送り出してくれた。

こうして旅立った光秀は途中で情報収集する内に、堺の刀鍛冶「辻屋」の宗次郎の名を聞いた。

そして堺にたどり着いた光秀は、早速「辻屋」を訪ねると店先で幕府の奉公衆である三淵藤英たちに出くわした。

三淵らは光秀が美濃国の出身だと知ると、斎藤利政は成り上がりの田舎大名とバカにし、鉄砲は戦闘に不向きだと話す。

利政に鉄砲を持ち帰ると約束した光秀は三淵の言葉に耳を貸さず、鉄砲の注文をかけたものの、宗次郎からは「二か月かかる」と答えられて途方に暮れてしまった。

そこに後ろで一部始終を見ていた男が口を挟み、宗次郎を叱りつけて光秀を宿に誘った。

名を松永久秀といったこの男は、混乱する幕府統治の世を腕一本でのし上った斎藤利政を評価していた。

松永久秀に心許した光秀は酒を飲み交わす内、利政には全ての美濃国衆が従っているわけではないし、利政本人はそのことを恥じることもないなどと愚痴を言うと、松永久秀も主君・三好長慶に取り立ててもらっているものの、くすぶる気持ちがあって二人は意気投合するのであった。

 

酒に弱い光秀が酔いつぶれて翌朝目を覚ますと、松永久秀の姿はなく、懐に入れておいたはずの金もなくなっていた。

慌てふためいた光秀であったが、よく見ると枕元には「また会おう」と書かれた紙切れと共に、布に包まれた鉄砲が1挺置かれていた。

こうして鉄砲を手に入れた光秀は堺をあとにし、小見の方の病気を治せる名医を探しに京に向かった。

活気のあった堺に比べて荒れ果てた京の惨状に心を痛めつつ、光秀は聞き込みを始めたが、すでに名医と謳われた曲直瀬道三のような医者は京に残っていないことが分かる。

しかし、もしかすると六角堂には望月東庵という医者だけが住んでいるかもしれないという情報を聞いた光秀は、急いで六角堂に向かった。

そして光秀は望月東庵の助手を務めていたから、王が仁のある政治を行うときに現れるという神聖な霊獣「麒麟」の話を聞くのであった。

 

スポンサーリンク

 

次回 大河ドラマ「麒麟がくる」第2話あらすじ

麒麟がくる第2話あらすじネタバレ|帰蝶と駒の三角関係?井ノ口の戦いが描かれる第2話
大河ドラマ「麒麟がくる」 第2話あらすじネタバレ ここでは令和2年大河ドラマ「麒麟がくる」第2話のあらすじ・ネタバレについてザックリと書いています。放送前に先の展開を知
大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各回
大河ドラマ「麒麟がくる」
放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

スポンサーリンク

【麒麟がくる全話・あらすじ】

初回~5話のあらすじ・期待度

6話~10話のあらすじ・期待度

11話~15話のあらすじ・期待度

 

 

【麒麟がくる人物・キャスト】

あ:明智光安(西村雅彦)

あ:足利義昭(滝藤賢一)

あ:足利義輝(向井理)

い:稲葉良通・一鉄(村田雄浩)

お:織田信秀(高橋克則)

お:織田彦五郎信友

お:織田信康

お:小見の方(片岡京子)

き:帰蝶・濃姫(川口春奈)

き:菊丸(岡村隆史)

こ:駒(門脇麦)

さ:斎藤道三・利政(本木雅弘)

さ:斎藤義龍・高政(伊藤英明)

つ:妻木煕子(木村文乃)

と:土岐頼芸(尾美としのり)

と:土岐頼純(矢野聖人)

と:土田御前(檀れい)

に:日運(有福正志)

ひ:平手政秀(上杉祥三)

ふ:藤田行政・伝吾(徳重聡)

ほ:細川晴元(国広富之)

ほ:細川幽斎・藤孝(眞島秀和)

ま:松永久秀(吉田鋼太郎)

み:三淵藤英(谷原章介)

み:三好長慶(山路和弘)

み:深芳野(南果歩)

も:望月東庵(堺正章)

 

 

【麒麟がくる関連記事】

スポンサーリンク

 - 麒麟がくるあらすじ