麒麟がくる|小見の方(片岡京子)帰蝶の母は深芳野を押しのけて道三の正室になった謎多き女性

   

大河ドラマ麒麟がくる

小見の方(おみのかた / こみのかた)

大河ドラマ「麒麟がくる」で片岡京子か演じるのが、のちに信長の正室となる帰蝶の母で、斎藤道三の正室である小見の方(おみのかた / こみのかた)という女性。

小見の方は登場した当初から病によって苦しんでおり、道三が医者を連れてくるよう命じたことで、明智光秀の物語は進展していきます。

この記事では、斎藤道三の寵愛を受けていたか弱き女性・小見の方(おみのかた / こみのかた)について簡単に紹介しています。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

小見の方(おみのかた / こみのかた)1513~?

小見の方は永正10年(1513)に美濃国に生まれました。

父は美濃国の明智(長山)城主・明智光継、母は武田信豊の娘で光継の正室、またはに後妻となった尾関石見守の妹であるとされています。

光継の後を継いだ明智光綱とは兄妹の関係にあたり、つまりは明智光秀にとっては叔母にあたる人物になります。

明智家は光継の代から歴史に姿を現し始めましたが、当初は土岐氏に仕えて明智(長山)城主として東美濃周辺を治めていました。

しかし、美濃国で斎藤道三が台頭してくると、光継は娘である小見の方を人質に出し、斎藤氏に従うようになりました。

斎藤道三は土岐頼芸の愛妾であった深芳野をもらい受け、嫡男の高政(義龍)をもうけていましたが、小見の方を気に入った斎藤道三は天文元年(1532)に正室として小見の方を迎え、天文4年(1535)には二人の間に娘・帰蝶(濃姫)が生まれました。

肺病を患っていたという小見の方は、天文20年(1551)に死去したとされていますが、戦国時代の公家・山科言継の日記である『言継卿記』には「永禄12年(1569)8月1日に織田信長が姑に礼を述べるため会いに行く」と記述があり、まだ存命していたとも考えられています。

一方、信長に嫁いだ帰蝶(濃姫)は道三の死後に美濃に返された、まはた正室としての地位は無くなっていたとの説もあり、『言継卿記』の「姑」が違う人物を指しているとの意見もあります。

 

スポンサーリンク

【麒麟がくる全話・あらすじ】

初回~5話のあらすじ・期待度

6話~10話のあらすじ・期待度

11話~15話のあらすじ・期待度

 

 

【麒麟がくる人物・キャスト】

あ:明智光安(西村雅彦)

あ:足利義昭(滝藤賢一)

あ:足利義輝(向井理)

い:稲葉良通・一鉄(村田雄浩)

お:織田信秀(高橋克則)

お:織田彦五郎信友

お:織田信康

お:小見の方(片岡京子)

き:帰蝶・濃姫(川口春奈)

き:菊丸(岡村隆史)

こ:駒(門脇麦)

さ:斎藤道三・利政(本木雅弘)

さ:斎藤義龍・高政(伊藤英明)

つ:妻木煕子(木村文乃)

と:土岐頼芸(尾美としのり)

と:土岐頼純(矢野聖人)

と:土田御前(檀れい)

に:日運(有福正志)

ひ:平手政秀(上杉祥三)

ふ:藤田行政・伝吾(徳重聡)

ほ:細川晴元(国広富之)

ほ:細川幽斎・藤孝(眞島秀和)

ま:松永久秀(吉田鋼太郎)

み:三淵藤英(谷原章介)

み:三好長慶(山路和弘)

み:深芳野(南果歩)

も:望月東庵(堺正章)

 

 

【麒麟がくる関連記事】

スポンサーリンク

 - 麒麟がくる関連