西郷どん(せごどん)43話あらすじネタバレ関連記事「三条実美」と「明治六年の政変」についての記事で43話を深く知ろう!

      2018/10/12

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第43話
あらすじ・ネタバレ・関連記事

ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第43話で登場する人物や歴史用語など深堀りした記事をまとめてあります。

西郷どん(せごどん)の予習、復習、疑問解決にお使い下さい!

43話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

西郷どん(せごどん43話あらすじネタバレ)西郷隆盛と大久保利通の永遠の別れ!征韓論争に負けた西郷、鹿児島に帰るってよ。
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 第43話 あらすじ 平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第43話のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。 詳細なネタバ

スポンサーリンク

 

岩倉遣欧使節団」と「岩倉具視

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第43話の冒頭では「岩倉遣欧使節団」が帰国したところまで時間が遡ってスタート。

幕府が結んだ不平等条約改正の予備交渉を任されていた「岩倉具視」たちでしたが、何の成果も上げることが出来ず明治天皇には叱られています。

莫大な費用をかけ、1年以上も留守にしたから、当たり前と言えば当たり前w。

しかし、こののち「岩倉遣欧使節団」の参加者たちは西欧列強の先進性を肌で感じたことを無駄にせず、様々な分野で日本の近代化に貢献していくことになります。

下の記事では、当時も猛烈な批判を浴びていた「岩倉遣欧使節団」と、これを率いた「岩倉具視」の生涯について簡単に紹介しています。

岩倉遣欧使節団|西郷どん(せごどん)失敗に終わったヨーロッパ視察は帰国後に政府内の混乱を巻き起こす
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 岩倉遣欧使節団 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第41話、岩倉具視率いる「岩倉遣欧使節団」がアメリカ、ヨーロッパに出発し、明治政府の

【岩倉具視】大河ドラマ西郷どん(せごどん)で笑福亭鶴瓶が演じる怪しい公家を超簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 岩倉具視 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で貧乏公家として登場するのが笑福亭鶴瓶が演じる「岩倉具視」。 岩倉具視は倒幕を成し遂げた功労者

 

木戸孝允山縣有朋井上馨

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第43話、明治天皇にお叱りを受け、しょげかえっていた岩倉具視は元長州藩のメンバー「木戸孝允・山縣有朋・井上馨」と会談します。

「山縣有朋」は汚職事件「山城屋事件」で、「井上馨」は不正事件」「尾去沢銅山事件」で政府を追われ、「木戸孝允」は長州閥のリーダーとしてこれらの責任を取らされていました。

下の記事では、岩倉にグチりまくる元長州メンバー「木戸孝允・山縣有朋・井上馨」と、彼らが政府を追われた事件について紹介しています。

桂小五郎(木戸孝允)大河ドラマ西郷どん(せごどん)で玉山鉄二が演じる長州藩の重鎮を超簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 桂小五郎(木戸孝允) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で薩長同盟、その後の明治新政府の中で重要な役割を果たす、玉山鉄二演じる長州藩士・桂小

山縣有朋(狂介)西郷どん(せごどん)高杉晋作の奇兵隊を引き継ぎ、西郷隆盛に可愛がられ、西郷隆盛の命を奪った「日本軍閥の祖」
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 山縣有朋(山縣狂介) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、幕末に西郷吉之助(隆盛)と共に活躍した長州藩の中心人物といえば、玉山鉄二が演じる

山城屋事件|西郷どん(せごどん)山縣有朋の汚職事件!闇に消えた陸軍の公金65万円
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 山城屋事件 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第41話、大久保利通らが渡欧している間、留守を預かる後藤象二郎や江藤新平ら土佐、肥前の者

井上馨(聞多)大河ドラマ西郷どん(せごどん)伊藤俊輔の兄貴分で「外交の父」と称えられた明治政府の重鎮
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 井上馨(聞多) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)での薩長同盟成立後の第33話で起こる第二次長州征伐。 激しい戦いが繰り広げられる中、薩摩

井上馨の汚職事件【尾去沢(おさりざわ)銅山事件】とは|西郷どん(せごどん)
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 井上馨と尾去沢銅山事件 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話、西郷隆盛は留守政府を預かり仕事に追われていましたが、政府内では後藤象二

 

スポンサーリンク

 

征韓論」と「三条実美

岩倉遣欧使節団で失敗していた岩倉具視は政府の主導権を失うことを恐れ、大久保利通の『今の政府をぶっ壊したい』との意見に同調し、留守政府が一度決定していた『西郷隆盛の朝鮮派遣』をひっくり返そうと画策します。

ここに『征韓論争』と呼ばれる激しい政府の権力争いが繰り広げられますが、その最中に名目上の最高権力者であった「三条実美」が西郷と岩倉たちの板挟みにあってぶっ倒れてしまいます。

下の記事では、政府内の権力争いを巻き起こした「征韓論」と、ストレスで一時意識不明にまでなってしまう「三条実美」について紹介しています。

征韓論|西郷どん(せごどん)西郷隆盛が主張した征韓論は「出兵」ではなく「大使・西郷の派遣」
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 征韓論 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話、療養から復帰した西郷隆盛を待ち受けていたかのように朝鮮との国交問題が浮上します。 鎖

三条実美|西郷どん(せごどん)征韓論争でノイローゼ?太政大臣になった尊王攘夷派の公家は総理大臣になりそこねた男
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 三条実美 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で野村万蔵が演じるのが尊皇攘夷派の公家として名を馳せた「三条実美(さんじょうさねとみ)」。 「

 

明治六年の政変

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第43話で繰り広げられた『征韓論争』は、西郷隆盛たちの勝利に終わりそうなところでしたが、三条実美が倒れたことで形勢が一気に逆転。

太政大臣代理となった岩倉具視と大久保利通の手段を選ばない策略によって、西郷隆盛たちは結果的に敗北してしまいます。

このため、政府に愛想をつかした西郷隆盛たちは辞表を提出し、一斉に政府から去っていきました。

下の記事では、西郷隆盛の最期に向けてのターニングポイントとなった政治闘争「明治六年の政変」について紹介しています。

明治六年の政変|西郷どん(せごどん)西郷隆盛と大久保利通の戦い!明治政府の主導権を巡った政治闘争
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 明治六年の政変 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第42話から始まった征韓論争で、大久保利通はあらゆる手を使って西郷隆盛らの「征韓論」を叩

 

江藤新平後藤象二郎板垣退助

明治六年の政変によって西郷隆盛は辞表を提出し、政府を去っていきましたが、この翌日には留守政府を預かっていた他のメンバー「江藤新平・後藤象二郎・板垣退助」らも西郷に続いて政府を去っていきました。

これにより大久保利通は敵対勢力を完全に排除し、新体制を確立していきますが、政府を去った「江藤新平・後藤象二郎・板垣退助」の方はこののち、士族反乱に起こす者、実業家に転身する者、自由民権運動に走る者など、それぞれの人生を歩んでいくことになります。

下の記事では、明治六年の政変によって西郷隆盛と共に野に下った「江藤新平・後藤象二郎・板垣退助」のそれぞれの生涯について紹介しています。

ちなみに、留守政府の一員だった「大隈重信」は、征韓論争の途中で大久保側にまわって政府に残っています。なので、ついでに「大隈重信」の生涯もどうぞ。

江藤新平|西郷どん(せごどん)大久保利通と対立し「佐賀の乱」を引き起こした維新の十傑の一人
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 江藤新平 大河ドラマ西郷どん(せごどん)では、明治維新後の新政府において様々な人物が新たに登場してきます。 みんな、基本的には脇役なの

【後藤象二郎】大河ドラマ西郷どん(せごどん)大久保一蔵に接待された土佐藩士は大政奉還の立役者!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 後藤象二郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第26話で、沖永良部島から戻った西郷吉之助は京都に上がり、繁の家で大久保一蔵と会いますが、そ

板垣退助(乾退助)大河ドラマ西郷どん(せごどん)西郷と共に征韓論に敗れた戊辰戦争の英雄の生涯を簡単に紹介
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 板垣退助(乾退助) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)、薩摩藩と長州藩は武力討幕によって幕府、徳川家を完全に倒そうとしていたのに対し、土佐藩

大隈重信|西郷どん(せごどん)西郷隆盛に嫌われた尾上寛之演じる大政治家は野球の始球式の慣例を作った男
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大隈重信 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で明治新政府が樹立したあと、尾上寛之演じる大隈重信が登場します。 大隈重信は早稲田大学の創始者

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

 

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

 

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ