西郷どん(せごどん43話感想)大久保にもらい泣き!西郷は人を愛したからこそ今も人から愛されている!

   

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
第43話「さらば、東京」【感想】

この記事では大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第43話「さらば、東京」の感想と、勝手にMVPを決めています。

 

[インスタ instagram=""]

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

人を愛した西郷隆盛に感動

大河ドラマ西郷どん(せごどん)第43話どうでしたか?

木戸さん、大久保の涙に、もらい泣きで嗚咽してしまいましたよ。

なんですかね。西郷隆盛のあの人柄、あの言葉。

あんな人ホントにいたら、そりゃ一生ついていきたいと思いますよ。

これこそ『西郷隆盛』って感じでホントに良かった。

では第43話のおさらいと感想です。

 

最初は「西郷隆盛の朝鮮派遣」を巡っての、西郷と大久保のバトル。

あくまで話し合いに行くと主張する西郷に、大久保は行けば殺されて戦争になると猛反対。

朝鮮に残っている日本人の安否よりも、富国強兵に努めるべきと反論した大久保。

自分の追い求める日本のため、どんな正論であっても決して自分の考えを譲ろうとしない大久保の覚悟は鬼気迫るものがありました。

そんな中で江藤新平が岩倉具視と大久保の罷免を求めると、自分の身が危ないと思ったのか岩倉が態度を急変。

ほぼ投げやりで、西郷に「行ってこいや~!」とバトルを終わらせてしまう。

めっちゃ見ごたえあったバトルだったのに、岩倉はマジでクズ野郎。

 

[インスタ instagram=""]

クズ野郎

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

このバトル後、あたふたしていた太政大臣・三条実美がぶっ倒れる。

もうちょいこの人がしっかりしていれば、何とかなったんじゃない?

留守政府組と使節団組の間を取り持つことが、アンタが一番やらなきゃいけないことだったんだよ。

 

そして三条実美の代わりに太政大臣代理に就任したクズ鶴瓶。いやクズ岩倉。

大久保の入れ知恵で天子様にうまいこと言って「西郷の朝鮮派遣」はなかったことに。

当然、これには西郷を含め留守政府組がブチギレ!んで、集団で「辞表」を提出する事態に。

ここで西郷は大久保を恨んでいるかと思いきや・・・・

 

新政府の最高権力者「三条実美」とは

西郷隆盛と大久保利通の争い「明治六年の政変」とは

 

[インスタ instagram=""]

しっかりしろよ!三条

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

こっからは木戸孝允と西郷隆盛のとっても素晴らしい関係性へ。

すっかり政府から追い出されていた長州メンバーは岩倉にすり寄っていくけど、木戸さんだけは違った。

西郷が反乱を起こす恐れがあるからと長州メンバーを懐柔しようとする岩倉に、木戸さんは「西郷くんはそんな男じゃない!」と熱弁。

最近、全然出番なかったけど、カッコイイっす木戸さん。

その後、西郷のもとを訪れた木戸さん。

長州メンバーの汚職事件の責任を取って、自分も辞職しようとする木戸さんに西郷が優しい言葉をかける。

汚職事件を起こした山縣、井上らは政府に残ってもらいたい。もちろん木戸さんにも。

 

人は皆、過ちを犯すもの。

間違いを認め、どう明日に向かうか。

それで、その人の器量が分かる。

 

くぅ~しみる。

西郷の器、体以上にデカすぎるっしょ。

そりゃ、木戸さんも泣いてまうわな。

んで、また「よろしゅう頼む!」って薩長同盟の時に木戸が発した言葉でシェイクハンド。

この大河ドラマけっこうアドリブも多いみたいだけど、これももしかしたらアドリブかな?

だとしたら、鈴木亮平さんはとっても粋な男だな~と思った。

西郷が勉強を教えていた子供たちの面倒も見てくれると言ってくれた木戸さん。

子供たちが指をさして「誰コイツ?」と言うと、西郷は「とっても偉い人なんだよ」と諭す。

木戸:「遠慮せんと言うたれ」

西郷:「えーと・・・・ん~と」

大笑いする二人を見てるのがホントに微笑ましかった。

ともに日本を変えた戦友だもんね。

 

[インスタ instagram=""]

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

そして次は大久保の番。

大久保の子・達熊くんのお友達と言って西郷は大久保邸へ。

西郷が来ても家に入れるなときつく言っていたにもかかわらず、おゆうは西郷を中に入れちゃう。

「だって、達熊の友達だもん。」

おゆうさんナイスプレー!

 

おゆうとの子・達熊ほか「大久保利通の子供たち」

 

大久保の策で政府から追い出された西郷隆盛。

眼を合わせず「憎め!覚悟の上じゃ」と言う大久保とは対照的に、西郷は真っすぐに見つめて言う。

「おはんには何度も助けられた。そん大久保正助をどげんして憎めちゅうんじゃ。おいの負けじゃ。あとはおはんのやり方で思いっきりやれ。おいは大久保一蔵の国づくりを眺めながら畑でも耕す。頼んだど。」

笑って去っていく西郷の姿に、ダークサイドに落ちていた大久保の目に・・・・

これはやられた。もう完全にダム決壊。

あの闇落ちした大久保が泣いたら、そりゃもらい泣きするわな。

これからの展開を考えると余計に泣けてくる。

あぁ~胸が痛い。ホント何とかならないの?この二人。

何とかしてよ~(泣)

きっとこの最強コンビの歯車が噛み合ったら、もっといい国できると思うんだよね。

ホントに歴史って残酷だわ。

でも、これがあったから今の日本があると思うと、なんとも言えない気持ちになる。

 

[インスタ instagram=""]

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

第43話「さらば、東京」
深堀り記事
西郷どん(せごどん)43話あらすじネタバレ関連記事「三条実美」と「明治六年の政変」についての記事で43話を深く知ろう!
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第43話 あらすじ・ネタバレ・関連記事 ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第43話

 

西郷隆盛と大久保利通の争い「明治六年の政変」とは

新政府の最高権力者「三条実美」とは

おゆうとの子・達熊ほか「大久保利通の子供たち」

大久保利通が設立した「内務省」とは

 

スポンサーリンク

第43話「さらば、東京」
勝手にMVP

今回のMVPは、西郷隆盛しかないっしょ。

もうね、この人の器のデカさには言葉がない。

天を敬い人を愛す『敬天愛人』っていう、西郷隆盛の言葉がよく表れてた回だった。

西郷隆盛は人を愛したからこそ、今も人から愛される存在なんだと改めて思った。

やっぱり、日本の誇るべき偉人だよ。西郷さん。

 

[インスタ instagram=""]

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

次回 第44話「士族たちの動乱」
【あらすじ】と【期待度】について

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

スポンサーリンク

 

 - 西郷どん感想