おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

歴史大好き葦尊彦による世の中のしょうもないことを前向きになるべく面白く考えていこうというお話。

日本の神様・神話 【伊邪那美の死】イザナギ・イザナミ

      2016/12/22

日本の神様 日本神話
【伊邪那美の汚物から生まれた神】

記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)伊邪那美命(イザナミ)は実にたくさんの神様を産んでいます。

イザナギの産んだ代表的な神様としては、三貴子である伊勢神宮の内宮に祀られる太陽神の天照大御神(アマテラス)夜の神様の月讀命(ツクヨミ)暴れん坊で地上世界の英雄の須佐之男命(スサノオ)ですが、イザナミはどんな神様を産んでいるのでしょうか。

今回は、イザナミの死から産まれた神様を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

伊邪那美命の死

イザナミは、火の神様である火之迦具土神(カグツチ)を産んだ際、陰部を火傷して重体になってしまいます。

うわっ

その時、あまりの苦しみから嘔吐し、その嘔吐物から産まれたのが鉱山の神様である金山毘古神(カナヤマビコ)金山毘売神(カナヤマビメ)です。

さらに苦痛は続き、イザナミが排泄した糞から産まれたのは、土の神である波邇夜須毘古神(ハニヤスビコ)波邇夜須毘売神(ハニヤスビメ)であり、尿から産まれたのが、弥都波能売神(ミヅハノメ)和久産巣日神(ワクムスヒ)です。

イザナミは、結局死に至ってしまいますが、怒った夫イザナギは、十拳剣(トツカノツルギ 十握りほどの長さを持つ剣)を抜いて、カグツチの首を刎ねて殺してしまいます。

エグイ・・・

37ee3771

出典:http://myheros.doorblog.jp/



そうするとさらに、その剣から飛び散った血と死体からも神様は産まれました。

剣の鍔についた血からは甕速日神(ミカハヤヒ)桶速日神(ヒハヤヒ)建御雷之男神(別称:武甕槌命 タケノミカヅチオ)が産まれ、剣の柄からは闇龗神(クラオカミ)闇罔象神(クラミツハ)が産まれます。

ちなみに、血から産まれたタケノミカヅチオは、「国譲り」や「神武東征」の際に活躍し、日本神話の中で最強の武神、剣神、雷神として鹿島神宮や春日大社で祀られています。

カッコイイィィ

さて、黄泉国(死者の国)に行ったイザナミは、追いかけてきたイザナギに黄泉国の神様と相談する間、自分の姿を見てはいけないと約束させるも、イザナギは待ちきれずイザナミを見てしまいます。

見るなっていわれるほど見ちゃいますよね。

すると、イザナミの体は腐ってウジが湧き、雷鳴が轟いて大雷、火雷、黒雷、析雷、若雷、土雷、鳴雷、伏雷の八雷神が産まれました。

怒ったイザナミイザナギは逃げ出して、すったもんだで禊ぎ祓いを経て三貴子誕生となります。

三貴子誕生について↓

日本の神様・神話 【国産み神産み】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【国産み 神産み】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は「国産み」、「神産み」の神様として描かれてます。
</br>


スポンサーリンク

豊宇気毘売神(豊受大御神)

イザナミの尿から産まれた神様の和久産巣日神(ワクムスヒ)ですが、この神様は穀物の神様であって、さらにこのワクムスヒから、現在伊勢神宮の外宮に祀られる豊宇気毘売神(別称:豊受大御神 トヨウケビメ)が産まれています。

尿の子

もともと丹波国に祀られていたトヨウケビメは、伊勢神宮に祀られていたアマテラスが、雄略天皇の夢の中で「一人では食事もままならない」と訴え、アマテラスの食物の調達する役目を果たす御饌の神として伊勢に遷宮することになり、食物の神様しいては産業の神様になっていきます。

最高司令神も一人ご飯はさみしいのよ

おわりに

伊勢神宮の外宮に祀られている豊受大御神がイザナミの尿の子って・・・

まぁ糞尿は食物の肥料となるからトヨウケビメが食物の神様になってもおかしくないような気もしますが、基本イザナミの死から産まれた神様の話って、よく理解できなくて悩んでしまいます。

イザナミイザナギのやりとりの話があまりに人間臭いので、どうしても人間にあてはめて理解しようとしがちですけど、よく考えれば神様の話ですから人間にあてはめること自体が間違っているんですよね。

昔の人はここらへんの話は悩んだりせずに、すんなり受け入れられたのかなぁ。

スポンサーリンク


日本の神様・神話 【天津神と国津神】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【天津神と国津神】 古代日本人は、天の上のはるかかなたに高天原(タカマガハラ)という神々の住む世界を作り、人間が住む世界を葦原中国(アシハ

日本の神様・神話 【国産み神産み】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【国産み 神産み】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は「国産み」、「神産み」の神様として描かれてます。

日本の神様・神話 【伊邪那美の死】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【伊邪那美の汚物から生まれた神】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は実にたくさんの神様を産んでいます。

日本の神様・神話 【岩戸隠れ】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【岩戸隠れ(天岩屋戸・天岩戸)】 記紀神話では、伊勢神宮の内宮に祀られる太陽神の天照大御神(アマテラス)は高天原の総支配神であり、皇室の祖

日本の神様・神話 【須佐之男命①】スサノオ・アマテラス
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)①】 日本神話の中で、色々な神様が登場しますが人気ランキングでいけば、須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)は、間

日本の神様・神話 【須佐之男命②】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)②】 今回で2回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、前回までのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【須佐之男命③】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)③】 今回で3回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、これまでのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【大国主命①】オオクニヌシ・ヤソガミ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命①】 日本神話の中で色々な神様が登場し、現在、最も尊い神として君臨するのは伊勢神宮に祀られる太陽神、皇祖神の天照大御神

日本の神様・神話 【大国主命②】オオクニヌシ・スクナビコ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命②】 さて、2回に亘り紹介している大国主命(オオクニヌシ)ですが、前回までは、兄神たち八十神(ヤソガミ)に何回も殺され

日本の神様・神話 【国譲り①】アマテラス・オオクニヌシ
日本の神様 日本神話 【国譲り①】 葦原中国(地上世界)を大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、大いに発展することになったこの国は、このまま平和なまま時代

日本の神様・神話 【国譲り②】タケノミカヅチノオ
日本の神様 日本神話 【国譲り②】 大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、葦原中国(地上世界)は大いに発展していきますが、高天原(天上の世界)の天照大御神

日本の神様・神話 【伊邪那美の死】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【伊邪那美の汚物から生まれた神】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は実にたくさんの神様を産んでいます。

日本の神様・神話 【天孫の結婚】ニニギ・コノハナサクヤビメ
日本の神様 日本神話 【天津日高日子番能邇邇芸命の結婚】 日本神話の中で様々な神様が登場し、活躍する舞台も変わってきましたが、ここからは現在の我々が住む地上世界

日本の神様・神話 【海幸彦と山幸彦】ホオリ・オオワタツミ
日本の神様 日本神話 【海幸彦と山幸彦】 日本神話の中で様々な神様が登場し、「天孫降臨」によって舞台が我々が住む地上世界移り変わっていきます。 天照大御神

日本の神様・神話 【豊玉毘売の出産】トヨタマビメ
日本の神様 日本神話 【豊玉毘売の出産】 日本神話の中で様々な神様が登場し、高天原の神々の話から地上世界に舞台は移り変わり、天孫である天津日高日子番能邇邇芸命(

日本の神様・神話 【神武東征①】イツセ・イワレビコ
日本の神様 日本神話 【神武東征①】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、今回の主役は神武天皇になりま

日本の神様・神話 【神武東征②】イワレビコ・ニギハヤヒ
 日本の神様 日本神話 【神武東征②】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、前回に続いて主役は神武天皇

日本の神様・神話 【2代綏靖天皇】カムヌナカワミミ・タギシミミ
日本の神様 日本神話 【2代天皇 綏靖天皇】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、神武東征によって大和に政権が誕生し、歴代天皇とその周りの人物が物語の

日本の神様・神話 【欠史八代】綏靖天皇~開化天皇
日本の神様 日本神話 【欠史八代】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、初代神武天皇神武、2代綏靖天皇の即位以降、日本の神様・神話としての要素は圧倒的

 - 日本神話