おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

歴史大好き葦尊彦による世の中のしょうもないことを前向きになるべく面白く考えていこうというお話。

日本の神様・神話 【国産み神産み】イザナギ・イザナミ

      2016/12/22

日本の神様 日本神話
【国産み 神産み】

記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は「国産み」、「神産み」の神様として描かれてます。

イザナギは男神、イザナミは女神で家屋の神、自然、生産の神を産む夫婦神です。

日本列島、日本の多くの神々はこの二柱の神様から産まれていきます。

スポンサーリンク

国産みと日本誕生

最初の神々が産まれたころ、まだ地上世界に大地のようなものは無く、混沌としていました。

そこでこの二柱の神様は、高天原(タカマガハラ)の神々から不安定な大地を固めるように仰せつかります。

天と地を繋ぐ天浮橋に立ったイザナギイザナミは玉で飾った立派な鉾、天布矛(アマノヌボコ)を地上に下ろして混ぜ混ぜします。

ねるねるねるね

20050924022547

出典:http://f.hatena.ne.jp/



その鉾を引き上げた時、滴り落ちた海水から最初の大地である淤能碁呂島(オノゴロジマ)ができました。

完成

そこに降り立った二柱の神様は、天の御柱という巨大な柱を立てて宮殿を建設し、夫婦となって国土と神々を産むことにしました。

結婚の儀式として柱をお互い反対側から回って、イザナミから声をかけ、蛭子(ヒルコ)淡島という子を産みましたが不具の子であったため流されました。

回り方を逆にし、イザナギから声をかけたところ、淡路島、四国、九州など大八島(オオヤシマ)と呼ばれる日本列島がどんどん産まれました。

やっぱ声かけるのは男から

神産みと伊邪那美命の死

産まれたばかりの日本には何もないので、二柱の神様は日本の風土を司る様々な神様を産みます。その数三十五柱。

神様ビックダディ

しかし、火の神である迦具土神(カグツチ)を産んだ際に、イザナミは陰部を焼かれて命を落とします。

あれま

怒ったイザナギカグツチを斬り殺し、妻を追って死者の国である黄泉国を訪れます。

嫁大好きビックダディ

そこでイザナギは見てはいけないという約束を破り、腐乱した姿の妻イザナミを見てしまい逃げ出します。

見ちゃいけないといわれるほど見たくなるもの

怒った妻イザナミに追いかけられますが、黄泉比良坂(ヨモツヒラサカ)で巨石を置いて間一髪で難を逃れ、妻に別離を宣言。

いくら好きな嫁さんでも、さすがにゾンビじゃ・・・

run-for-your-lives

出典:https://urbanapocalypsenow.wordpress.com/



この時、妻イザナミは「別れるならば、1日1,000人殺す!」と言い、イザナギは「じゃあ、1日1,500人産む」と答えて、これ以降、人間に生死が存在することになりました。

イザナミが怖すぎる・・・

スポンサーリンク

禊の起源と三貴子の誕生

黄泉国から戻ったイザナギは、死の穢れを祓うため竺紫の日向の橘の小門の阿波岐原で禊を行います。

この時、イザナギが洗ったところ以下の尊い三柱の神様が誕生しました。

左目:天照大神(天照大御神)・・・太陽の神

右目:月讀命(月讀尊)・・・・・・月の神

鼻 :須佐之男命(素戔嗚尊)・・・海の神

この後、イザナギは優秀な天照大御神(アマテラス)に自分の地位を譲り、アマテラスは高天原の総支配神となっていきます。

中国神話との奇妙な共通点

全く話は変わりますが、中国にも神話が存在していて、世界を創造したとされる盤古(バンコ)という神様がいます。

盤古の記述のある3世紀の「三五歴記」、4世紀後半の「述異記」をひっくるめて説明すると、

盤古は卵の中身のようなぐちゃぐちゃの混沌から生まれた。「三五歴記」

盤古は死んだ後、死体が変化して万物が以下のとおり形成された。「述異記」

左目:太陽

右目:月

その他もろもろ

おわりに

8世紀に成立した「古事記」、「日本書紀」は当初、正しい歴史が伝えられていないと考えた天武天皇が編纂を命じたものです。

このことは、天武天皇時代に日本神話が、かなりぐちゃぐちゃになって人々の間に伝わっていることを示していると思います。

じゃなきゃ、わざわざ命じないだろうし。

この時代に、もはや何が正しいのか、何が間違っているのかは判別不能であったかもしれません。

そもそも実際の歴史ではなく、神話ですから。

仏教をはじめとする中国文化の影響をもろに受けた古代日本において、日本神話も中国神話の影響も受けていたかもしれないと考えさせられます。

スポンサーリンク


日本の神様・神話 【天津神と国津神】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【天津神と国津神】 古代日本人は、天の上のはるかかなたに高天原(タカマガハラ)という神々の住む世界を作り、人間が住む世界を葦原中国(アシハ

日本の神様・神話 【国産み神産み】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【国産み 神産み】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は「国産み」、「神産み」の神様として描かれてます。

日本の神様・神話 【伊邪那美の死】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【伊邪那美の汚物から生まれた神】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は実にたくさんの神様を産んでいます。

日本の神様・神話 【岩戸隠れ】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【岩戸隠れ(天岩屋戸・天岩戸)】 記紀神話では、伊勢神宮の内宮に祀られる太陽神の天照大御神(アマテラス)は高天原の総支配神であり、皇室の祖

日本の神様・神話 【須佐之男命①】スサノオ・アマテラス
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)①】 日本神話の中で、色々な神様が登場しますが人気ランキングでいけば、須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)は、間

日本の神様・神話 【須佐之男命②】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)②】 今回で2回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、前回までのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【須佐之男命③】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)③】 今回で3回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、これまでのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【大国主命①】オオクニヌシ・ヤソガミ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命①】 日本神話の中で色々な神様が登場し、現在、最も尊い神として君臨するのは伊勢神宮に祀られる太陽神、皇祖神の天照大御神

日本の神様・神話 【大国主命②】オオクニヌシ・スクナビコ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命②】 さて、2回に亘り紹介している大国主命(オオクニヌシ)ですが、前回までは、兄神たち八十神(ヤソガミ)に何回も殺され

日本の神様・神話 【国譲り①】アマテラス・オオクニヌシ
日本の神様 日本神話 【国譲り①】 葦原中国(地上世界)を大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、大いに発展することになったこの国は、このまま平和なまま時代

日本の神様・神話 【国譲り②】タケノミカヅチノオ
日本の神様 日本神話 【国譲り②】 大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、葦原中国(地上世界)は大いに発展していきますが、高天原(天上の世界)の天照大御神

日本の神様・神話 【国産み神産み】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【国産み 神産み】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は「国産み」、「神産み」の神様として描かれてます。

日本の神様・神話 【天孫の結婚】ニニギ・コノハナサクヤビメ
日本の神様 日本神話 【天津日高日子番能邇邇芸命の結婚】 日本神話の中で様々な神様が登場し、活躍する舞台も変わってきましたが、ここからは現在の我々が住む地上世界

日本の神様・神話 【海幸彦と山幸彦】ホオリ・オオワタツミ
日本の神様 日本神話 【海幸彦と山幸彦】 日本神話の中で様々な神様が登場し、「天孫降臨」によって舞台が我々が住む地上世界移り変わっていきます。 天照大御神

日本の神様・神話 【豊玉毘売の出産】トヨタマビメ
日本の神様 日本神話 【豊玉毘売の出産】 日本神話の中で様々な神様が登場し、高天原の神々の話から地上世界に舞台は移り変わり、天孫である天津日高日子番能邇邇芸命(

日本の神様・神話 【神武東征①】イツセ・イワレビコ
日本の神様 日本神話 【神武東征①】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、今回の主役は神武天皇になりま

日本の神様・神話 【神武東征②】イワレビコ・ニギハヤヒ
 日本の神様 日本神話 【神武東征②】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、前回に続いて主役は神武天皇

日本の神様・神話 【2代綏靖天皇】カムヌナカワミミ・タギシミミ
日本の神様 日本神話 【2代天皇 綏靖天皇】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、神武東征によって大和に政権が誕生し、歴代天皇とその周りの人物が物語の

日本の神様・神話 【欠史八代】綏靖天皇~開化天皇
日本の神様 日本神話 【欠史八代】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、初代神武天皇神武、2代綏靖天皇の即位以降、日本の神様・神話としての要素は圧倒的

 - 日本神話