おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

歴史大好き葦尊彦による世の中のしょうもないことを前向きになるべく面白く考えていこうというお話。

日本の神様・神話 【須佐之男命②】スサノオ・クシナダヒメ

      2016/12/22

日本の神様 日本神話
【須佐之男命(素戔嗚尊)②】

今回で2回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、前回までのスサノオの話をザックリおさらいすると、

伊邪那岐命(イザナギ)から産まれたスサノオは、海原の統治を任されますが死んでいる母の伊邪那美命(イザナミ)に会いたいと駄々をこね、海原を追放されます。

姉の天照大御神(アマテラス)に事情説明に向かったが、アマテラスに警戒されてしまい、占いを行って何とか疑いは晴れました。

という感じです。

子供のようなスサノオが高天原のアマテラスに会い誓約(占い)の後、成長して立派な神様になるのかなと思いきや、そこはさすがスサノオ、簡単にはいきません。

スポンサーリンク

須佐之男命の乱暴狼藉と高天原追放

アマテラスの許しを得て、高天原に入ったスサノオですが、ここで大暴れします。

甘えん坊から暴れん坊へ

6eb3f4d5596ab1675a4ee342baf6c839

出典:http://vod.skyperfectv.co.jp/



神聖な田を壊してまわったり、神殿に糞をまき散らしたり、機屋に皮を剥いだ馬を投げ込んで機織り女を殺すなど乱暴狼藉の限りを尽くし、最初かばっていたアマテラスも我慢ならずに「やってられない」とばかりに天岩戸に身を隠してしまいます。

結果、世界は闇に包まれて災いが起こりましたが、高天原の神々は策を練って何とかアマテラスを岩戸から出すことに成功しました。

この事件により、スサノオは償いのしるしに髭と手足の爪を切られ、高天原を追放されました。

わりと軽い刑罰やな

天岩戸事件はこちら↓

日本の神様・神話 【岩戸隠れ】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【岩戸隠れ(天岩屋戸・天岩戸)】 記紀神話では、伊勢神宮の内宮に祀られる太陽神の天照大御神(アマテラス)は高天原の総支配神であり、皇室の祖


スポンサーリンク

須佐之男命の八岐大蛇退治

高天原を追われたスサノオは、地上世界の出雲国に降ります。

彷徨い歩くスサノオは、空腹を覚え大宣都比売神(オオゲツヒメ)に食べ物を求めますが、オオゲツヒメは口や尻から食べ物を取り出していたため逆上し惨殺。

わからなくはない

title

出典:http://dailynewsagency.com/



これを高天原から見ていた神産巣日神(カミムスヒ)は、オオゲツヒメの死体から生まれ出た五穀の種をスサノオに持たせました。

怒んないの?

ちなみに、オオゲツヒメの別名は保食神(ウケモチ)で、この神様を殺したのはスサノオである話と、スサノオの兄神である月讀命(ツクヨミ)の話と両方が存在しています。

さて、スサノオは出雲の国の肥の河の上流から箸が流れてきたので、上流に向かうと、そこには泣き悲しんでいる老夫婦神と若い娘がいました。

まさしく昔話

夫の名は足名椎命(アシナヅチ)妻の名は手名椎命(テナヅチ)娘の名は櫛名田比売命(別称:稲田姫命 クシナダヒメ)

泣いている理由は、8人いた娘が毎年やってくる八岐大蛇(ヤマタノオロチ)の食べられてしまい、この娘だけになってしまったとのこと。

スサノオは娘をもらう条件に、ヤマタノオロチ退治を引き受けます。

男前!

クシナダヒメを櫛に変え自分の髪に隠し、老夫婦には8つの門のある垣根を作って、それぞれに強い酒をおくよう命じます。

そこは元暴れん坊、自分ではやらない

やがて現れたヤマタノオロチは酒を飲んで酔っぱらって寝てしまい、待ち構えていたスサノオは十拳剣でヤマタノオロチを切り刻み、打ち倒します。

ヤマタノオロチの尾を切った際、剣の刃が欠けたので見てみると、そこに「都牟刈太刀(ツムガリノタチ)」がありました。

なにこれ?

これがのちの三種の神器「草薙剣」です。

 

つづく

スポンサーリンク


日本の神様・神話 【天津神と国津神】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【天津神と国津神】 古代日本人は、天の上のはるかかなたに高天原(タカマガハラ)という神々の住む世界を作り、人間が住む世界を葦原中国(アシハ

日本の神様・神話 【国産み神産み】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【国産み 神産み】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は「国産み」、「神産み」の神様として描かれてます。

日本の神様・神話 【伊邪那美の死】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【伊邪那美の汚物から生まれた神】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は実にたくさんの神様を産んでいます。

日本の神様・神話 【岩戸隠れ】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【岩戸隠れ(天岩屋戸・天岩戸)】 記紀神話では、伊勢神宮の内宮に祀られる太陽神の天照大御神(アマテラス)は高天原の総支配神であり、皇室の祖

日本の神様・神話 【須佐之男命①】スサノオ・アマテラス
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)①】 日本神話の中で、色々な神様が登場しますが人気ランキングでいけば、須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)は、間

日本の神様・神話 【須佐之男命②】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)②】 今回で2回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、前回までのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【須佐之男命③】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)③】 今回で3回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、これまでのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【大国主命①】オオクニヌシ・ヤソガミ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命①】 日本神話の中で色々な神様が登場し、現在、最も尊い神として君臨するのは伊勢神宮に祀られる太陽神、皇祖神の天照大御神

日本の神様・神話 【大国主命②】オオクニヌシ・スクナビコ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命②】 さて、2回に亘り紹介している大国主命(オオクニヌシ)ですが、前回までは、兄神たち八十神(ヤソガミ)に何回も殺され

日本の神様・神話 【国譲り①】アマテラス・オオクニヌシ
日本の神様 日本神話 【国譲り①】 葦原中国(地上世界)を大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、大いに発展することになったこの国は、このまま平和なまま時代

日本の神様・神話 【国譲り②】タケノミカヅチノオ
日本の神様 日本神話 【国譲り②】 大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、葦原中国(地上世界)は大いに発展していきますが、高天原(天上の世界)の天照大御神

日本の神様・神話 【須佐之男命②】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)②】 今回で2回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、前回までのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【天孫の結婚】ニニギ・コノハナサクヤビメ
日本の神様 日本神話 【天津日高日子番能邇邇芸命の結婚】 日本神話の中で様々な神様が登場し、活躍する舞台も変わってきましたが、ここからは現在の我々が住む地上世界

日本の神様・神話 【海幸彦と山幸彦】ホオリ・オオワタツミ
日本の神様 日本神話 【海幸彦と山幸彦】 日本神話の中で様々な神様が登場し、「天孫降臨」によって舞台が我々が住む地上世界移り変わっていきます。 天照大御神

日本の神様・神話 【豊玉毘売の出産】トヨタマビメ
日本の神様 日本神話 【豊玉毘売の出産】 日本神話の中で様々な神様が登場し、高天原の神々の話から地上世界に舞台は移り変わり、天孫である天津日高日子番能邇邇芸命(

日本の神様・神話 【神武東征①】イツセ・イワレビコ
日本の神様 日本神話 【神武東征①】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、今回の主役は神武天皇になりま

日本の神様・神話 【神武東征②】イワレビコ・ニギハヤヒ
 日本の神様 日本神話 【神武東征②】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、前回に続いて主役は神武天皇

日本の神様・神話 【2代綏靖天皇】カムヌナカワミミ・タギシミミ
日本の神様 日本神話 【2代天皇 綏靖天皇】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、神武東征によって大和に政権が誕生し、歴代天皇とその周りの人物が物語の

日本の神様・神話 【欠史八代】綏靖天皇~開化天皇
日本の神様 日本神話 【欠史八代】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、初代神武天皇神武、2代綏靖天皇の即位以降、日本の神様・神話としての要素は圧倒的

 - 日本神話