おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

歴史大好き葦尊彦による世の中のしょうもないことを前向きになるべく面白く考えていこうというお話。

日本の神様・神話 【大国主命②】オオクニヌシ・スクナビコ

      2016/12/22

日本の神様 日本神話
【大国主命 大己貴命②】

さて、2回に亘り紹介している大国主命(オオクニヌシ)ですが、前回までは、兄神たち八十神(ヤソガミ)に何回も殺されては、復活し祖先神である須佐之男命(スサノオ)のいる根之堅州国まで行ったところまで説明しました。

今回は、そこからオオクニヌシが葦原中国の国づくりに至るまでを紹介します。

大国主命と須佐之男命

ヤソガミに追いかけられ根之堅州国についたオオクニヌシは、スサノオの娘の須勢理毘売命(スセリビメ)と出会います。

運命の出会い

二人は惹かれあい結ばれますが、スサノオオオクニヌシに様々な試練を与えました。

オオクニヌシはなんだかんだで最終的に突破し、二人は結婚。

スサノオからも認められて「大国主」と名乗り、ヤソガミを倒すように言われます。

は、ここまでのオオクニヌシは、「大己貴命(オホナムチ)」と名乗ってきています。

スサノオの試練については↓

日本の神様・神話 【須佐之男命③】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)③】 今回で3回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、これまでのスサノオの話をザックリおさらい


スポンサーリンク

大国主命の国づくり

国に戻ったオオクニヌシは、ヤソガミを撃退し、葦原中国の経営に乗り出すと国は大きく発展していきます。

世紀始め救世主伝説

tha1212uqk

出典:http://h.hatena.ne.jp/



このオオクニヌシの国づくりには、海の彼方からやってきた二柱の神様が協力しています。

一人目は、少名毘古那神(別称:少彦名命 スクナビコ)で、この神様は海の彼方の常世の国から光り輝きながらやってきます。

スクナビコはとても小さな神様で、造化三神の神産巣日神(別称:神皇産霊尊 カミムスヒ)の指の間から零れ落ちた子であり、カミムスヒは、オオクニヌシスクナビコと義兄弟となり国づくりするよう命じます。

スクナビコは、とても明るくいたずら者でありながら、技術や知識を備えており、力ではなく知恵を働かせて困難を克服していき、国土開発や農業技術、温泉治療などでオオクニヌシを助けます。

ディズニーキャラにいそう

そして仕事をやり遂げるとスクナビコは、海の彼方の常世の国に帰ってしまい、オオクニヌシは途方にくれます。

オオクニヌシってわりとさみしがり・・・

13d0c77a9c86e693200cfb5d97525fd5

出典:http://blog.goo.ne.jp/



が、また、海の彼方が光輝き、もう一人の神様がアドバイスをくれてオオクニヌシは国づくりを進めていきます。

ラッキー

このもう一人の神様は大物主命(オオモノヌシ)で、聞けばオオクニヌシ自身の幸御魂(サチミタマ)奇御魂(クシミタマ)であるといいます。

簡単にいうと自分の中にある隠れた力のようなものが現れたようなものです。

夢想転生

img7d611175zikazj

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/



こうしてオオクニヌシは地上世界の葦原中国を大いに発展させました。

スポンサーリンク

おわりに

オオクニヌシは、各地で祀られていた神様をまとめたものとも考えられますが、各地で建国の神様としてとても神格の高いものであったと考えられます。

奈良県桜井市の大神神社(オオミワジンジャ)は大物主神、大国主神を祀っていますが、現在伊勢神宮に祀られている天照大御神(アマテラス)は、当初は大神神社の脇で祀られていました。

おそらく、古代大和地方では高千穂からやって来た神武天皇の新興勢力と大和土着の諸豪族の連合国家的な国家運営がなされていて、次第に天皇家が力をつけてヤマト王権ができあがっていったのだと推測されます。

各豪族それぞれの建国の神様達はいつのまにかオオクニヌシで一本化され、天皇家の祖先神であるアマテラスを天津神、オオクニヌシは国津神とされて神様も支配されていったのだと思いますが、のちの古事記や日本書記での編纂時に消されずに、ここまで多くの話を描いていることは、その時代においてもいかにオオクニヌシが信仰されていたかがよく分かると思います。

スポンサーリンク


日本の神様・神話 【天津神と国津神】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【天津神と国津神】 古代日本人は、天の上のはるかかなたに高天原(タカマガハラ)という神々の住む世界を作り、人間が住む世界を葦原中国(アシハ

日本の神様・神話 【国産み神産み】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【国産み 神産み】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は「国産み」、「神産み」の神様として描かれてます。

日本の神様・神話 【伊邪那美の死】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【伊邪那美の汚物から生まれた神】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は実にたくさんの神様を産んでいます。

日本の神様・神話 【岩戸隠れ】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【岩戸隠れ(天岩屋戸・天岩戸)】 記紀神話では、伊勢神宮の内宮に祀られる太陽神の天照大御神(アマテラス)は高天原の総支配神であり、皇室の祖

日本の神様・神話 【須佐之男命①】スサノオ・アマテラス
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)①】 日本神話の中で、色々な神様が登場しますが人気ランキングでいけば、須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)は、間

日本の神様・神話 【須佐之男命②】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)②】 今回で2回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、前回までのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【須佐之男命③】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)③】 今回で3回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、これまでのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【大国主命①】オオクニヌシ・ヤソガミ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命①】 日本神話の中で色々な神様が登場し、現在、最も尊い神として君臨するのは伊勢神宮に祀られる太陽神、皇祖神の天照大御神

日本の神様・神話 【大国主命②】オオクニヌシ・スクナビコ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命②】 さて、2回に亘り紹介している大国主命(オオクニヌシ)ですが、前回までは、兄神たち八十神(ヤソガミ)に何回も殺され

日本の神様・神話 【国譲り①】アマテラス・オオクニヌシ
日本の神様 日本神話 【国譲り①】 葦原中国(地上世界)を大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、大いに発展することになったこの国は、このまま平和なまま時代

日本の神様・神話 【国譲り②】タケノミカヅチノオ
日本の神様 日本神話 【国譲り②】 大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、葦原中国(地上世界)は大いに発展していきますが、高天原(天上の世界)の天照大御神

日本の神様・神話 【大国主命②】オオクニヌシ・スクナビコ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命②】 さて、2回に亘り紹介している大国主命(オオクニヌシ)ですが、前回までは、兄神たち八十神(ヤソガミ)に何回も殺され

日本の神様・神話 【天孫の結婚】ニニギ・コノハナサクヤビメ
日本の神様 日本神話 【天津日高日子番能邇邇芸命の結婚】 日本神話の中で様々な神様が登場し、活躍する舞台も変わってきましたが、ここからは現在の我々が住む地上世界

日本の神様・神話 【海幸彦と山幸彦】ホオリ・オオワタツミ
日本の神様 日本神話 【海幸彦と山幸彦】 日本神話の中で様々な神様が登場し、「天孫降臨」によって舞台が我々が住む地上世界移り変わっていきます。 天照大御神

日本の神様・神話 【豊玉毘売の出産】トヨタマビメ
日本の神様 日本神話 【豊玉毘売の出産】 日本神話の中で様々な神様が登場し、高天原の神々の話から地上世界に舞台は移り変わり、天孫である天津日高日子番能邇邇芸命(

日本の神様・神話 【神武東征①】イツセ・イワレビコ
日本の神様 日本神話 【神武東征①】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、今回の主役は神武天皇になりま

日本の神様・神話 【神武東征②】イワレビコ・ニギハヤヒ
 日本の神様 日本神話 【神武東征②】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、前回に続いて主役は神武天皇

日本の神様・神話 【2代綏靖天皇】カムヌナカワミミ・タギシミミ
日本の神様 日本神話 【2代天皇 綏靖天皇】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、神武東征によって大和に政権が誕生し、歴代天皇とその周りの人物が物語の

日本の神様・神話 【欠史八代】綏靖天皇~開化天皇
日本の神様 日本神話 【欠史八代】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、初代神武天皇神武、2代綏靖天皇の即位以降、日本の神様・神話としての要素は圧倒的

 - 日本神話