麒麟がくる感想

麒麟がくる感想【第4話】松平竹千代の可愛さと、菊丸の怪しさが気になる第4話

投稿日:

大河ドラマ麒麟がくる感想
【第4話】尾張潜入指令

スポンサーリンク

 

 

カワイイ松平竹千代くんと怪しい菊丸

大河ドラマ麒麟がくるの第4話「尾張潜入指令」どうでしたか?

今回は、望月東庵、菊丸などの架空のキャラが躍動した回でしたね。

でも、やっぱり目を引いてしまったのは、松平竹千代くんの可愛さ(笑)

籠から、ひょっこり顔を出すだけで全てを持っていったな。あの子。

なんとあざとい(笑)

それでは麒麟がくる第4話の感想とおさらいです。

 

前回の終わりにドーンと登場した片岡愛之助が演じる今川義元。

ラスボス感がハンパなかったのに、第4話では全然出てこない・・・・(笑)

織田信秀との小豆坂の戦いも、ほぼナレーションで終わらされるなんて・・・

ま、主役は明智光秀なんだから、当たり前といえば当たり前なのかも知れないけど、何もしてなさすぎるでしょ今川義元。

一言ぐらいお言葉を頂戴したかったなぁ。

 

スポンサーリンク

 

さて、主人公の明智光秀さん。

斎藤利政(道三)から呼び出されて城に行くと、小見の方の病気を治した望月東庵が褒められていた。

しかし、利政は東庵がこのあと尾張に寄って京に帰ることを見抜いており、東庵に対して圧力をかけていく。

相変わらずの道三、まるで蛇がグリグリと締め付けて窒息死させるような追い詰め方です。

しかし、東庵先生も負けていない。

織田信秀に双六で負けた借金を肩代わりしてくれたら、信秀の病状を教えるという。

殺されるかもしれないのに、この駆け引きができるって生粋のギャンブラーですな。この人は。

これを認めた利政は、実は東庵のそういうところ嫌いじゃないのかもしれない。

東庵の幅広い人脈には利用価値があるけど、逆に美濃の情報を流されるという不安要素もある。

それでも東庵を利用しようと考えたのは「毒をもって毒を制す」みたいなマムシの道三の考え方があるからでしょう。

横にいた光秀は二人のやり取りにタジタジだったけど(笑)

 

斎藤道三・利政(本木雅弘)

望月東庵(堺正章)

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

その後、東庵が美濃を発つと、監視役として光秀は菊丸と共に農民に変装し、「西三河の兄弟」という設定で尾張に向かう。

関所と抜けてから「どっちが兄の設定手でいく?」で話合っていたけど、その相談は関所に行く前にやっとけよ(笑)

関所で問い詰められてたらどうするつもりだったんだ?勢いだけなの?

ツメが甘いぞ光秀。だから本能寺の変起こしても三日天下になってしまうのでは・・・・(笑)

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

尾張では東庵見つめる中、信秀が蹴鞠をしていたが「何が面白いのか分からん」とぼやき、二人は「双六やるか!」と意気投合。

そして東庵は双六をやりながら、案の定、利政から頼まれた件を正直に話した。

信秀は「達者であると言っとけ」と笑ったが、東庵は「余命わずか」と見立て、本人には告げずに外で待つ農民に扮装した光秀に教えようとする。

しかし、信秀もこれを見抜いていたのか、すぐに東庵が席を立つことを許さず、引き止める。

 

織田信秀(高橋克則)

 

一方、東庵が出てくるのを待っていた光秀と菊丸は、少年から「刈屋に連れて行って欲しい」とせがまれていた。

この少年こそ松平竹千代(のちの徳川家康)

光秀と菊丸は、織田の者が竹千代を探し回る中で匿ってあげたが、結局、光秀は「逃げればつらい目に遭うのは自分と母君である」といって刈屋に連れて行くことを断る。

なんで一回、匿ったの?竹千代にちゃんと話した上で納得させたかった?

見ず知らずの子供のために?というか、敵である織田の人質のためにわざわざそんなことする?

潜入中だよね?バレたら間違いなくヤバいよね?

菊丸は三河出身だし、どこか怪しい雰囲気を醸し出しているから納得できるが、光秀の行動の意味がよく分からない。やっぱり、光秀ってツメが甘いんじゃない?(笑)

なんなら、このまま竹千代を美濃まで連れ去って、美濃と三河を結び付ければ、信秀の病状を知るより大手柄だったんじゃなかろうか。

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

とはいいつつ、この竹千代くんの可愛さは異常でした。

なんなん?あの籠から顔を出すところ。明らかに制作側が「これ、カワイイやろ!どうや!」という意図が見えた。

しかし、そんなあざとい演出とわかっていながら、それを上回る可愛さの破壊力だった(笑)

この時点で松平竹千代と明智光秀が絡むってことは、今後の展開で何かあるんでしょうね。

もしかすると、本能寺の変でも徳川家康が深く関わってくるのかもしれない。実は家康が黒幕とか、麒麟を連れてくるのは家康だと光秀が思い、本能寺の変を起こすとかね。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

さて、なんだかんだありながら信秀の病状を聞き出した光秀は、すぐに美濃に戻ろうとしたが、信秀に命じられた追手から追いかけられる。

やっぱり、信秀も仲は良いものの、心から東庵のことは信用してないんだね。さすがだわ。

山の中で光秀は追手に囲まれるが、山の中から大量の石が飛んできて、そのすきに光秀は逃亡。

まるで『もののけ姫』のしょうじょうたちの名場面、「俺たち人間食う」の再来かと思いました(笑)

どうも菊丸が手配していたような雰囲気はありましたが、この時にその真意はハッキリせず。

でも、菊丸はただのの農民じゃなくて、何らかの使命を受けた隠密のような存在なのでしょう。

 

怪しい?菊丸(岡村隆史)とは

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

その後、光秀は美濃に戻り、利政に尾張の情報を報告。

そして翌日、再び城に呼び出された光秀は、同席していた常在寺の日運和尚から鉄砲の情報を聞く。

日運が言うには鉄砲の生産には京の「本能寺」が深く関わっているとのこと。

この段階で「本能寺」の名がでるとわ。

今回は、少し「本能寺の変」に向けて何かを考えさせようとする回だったのかも。

 

当時の本能寺の役割

本能寺の変の予想

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

次回大河ドラマ麒麟がくる
第5話「伊平次を探せ」あらすじと期待度

大河ドラマ「麒麟がくる」第5話「伊平次を探せ」あらすじ

麒麟がくる第41話~第47話(最終回)までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第36話~第40話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第31話~第35話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第26話~第30話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第21話~第25話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第16話~第20話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第11話~第15話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第 6話~第10話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第 1話~第 5話までのあらすじ、期待度まとめ

 

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」あらすじ関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじや登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ 感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

 

-麒麟がくる感想

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麒麟がくる感想【第14話】染谷信長の覚醒に本木道三がベタ惚れした聖徳寺の会見

大河ドラマ麒麟がくる第14話 「聖徳寺の会見」感想 関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第14話あらすじ 大河ドラマ「麒麟がくる」全話あらすじ・ネタバレ スポンサーリンク     染 …

麒麟がくる感想20話 最終形態の家康(風間俊介)への母の愛に涙!桶狭間の戦いが迫る第20話

大河ドラマ麒麟がくる第20話 「家康への文」感想 関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第20話あらすじ 大河ドラマ「麒麟がくる」全話あらすじ・ネタバレ スポンサーリンク     すく …

麒麟がくる感想【第16話】道三の遺言?光秀に託した大きな国!斎藤親子の対決に悩む第16話

大河ドラマ麒麟がくる第16話 「大きな国」感想 関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第16話あらすじ 大河ドラマ「麒麟がくる」全話あらすじ・ネタバレ スポンサーリンク     光秀に …

麒麟がくる【織田彦五郎信友】清須城で信秀、信長の邪魔をした守護代「織田大和守家」の当主。

大河ドラマ麒麟がくる 織田彦五郎信友 大河ドラマ「麒麟がくる」で織田信秀、信長親子を嫌い、最も苦しめた人物として登場するのが「織田彦五郎信友」という人物です。 ドラマの序盤では、たびたび織田信秀、信長 …

麒麟がくる感想【第13話】帰蝶、道三の謀略戦!頼芸、高政の精神力がもろすぎる第13話

大河ドラマ麒麟がくる第13話 「帰蝶のはかりごと」感想 関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第13話あらすじ 大河ドラマ「麒麟がくる」全話あらすじ・ネタバレ スポンサーリンク     …

スポンサーリンク