麒麟がくる感想

麒麟がくる感想【第15話】斎藤一族による暗殺祭り!帰蝶は彦五郎、高政は孫四郎を殺害!道三激怒の第15話

投稿日:

大河ドラマ麒麟がくる第15話

「道三、わが父に非ず」感想

スポンサーリンク

 

道三VS高政

大河ドラマ麒麟がくるの第15話「道三、わが父に非ず」どうでしたか?

いよいよ、斎藤家の親子ゲンカが始まりましたねぇ。

ということは、明智光秀の「美濃編」もこれで終わりってことかぁ~。

本木道三ももうすぐ見納めになると思うと、ちょっと寂しくなります。

それでは第15話、感想とおさらいです。

 

前回、深芳野(南果歩)の死によって家督を譲ることになった斎藤利政(本木雅弘)。

頭を剃って「道三」を名乗り、家督はすんなり嫡男・斎藤高政(伊藤英明)へ。

道三は「新しい世を作るのは新しい血」として家臣らの団結を求めていました。

なんだか急に聞き分けがよくなった道三。

深芳野の死もあるんだろうけど、それだけでガックリきてるんだとすれば、やっぱり歳ってことなのかな?

頭と同じで丸くなったね。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

この家督継承ののち、光秀は明智光安(西村まさ彦)に呼ばれて明智城に行くと、そこには道三の次男・孫四郎(長谷川淳)がいた。

孫四郎は高政への家督継承を不満に思っていたところ、尾張と美濃の関係悪化を危惧する姉の帰蝶(川口春奈)から明智家に相談しろと言われて来たらしい。

相変わらず暗躍してますね~帰蝶は。

しかし、道三自体は高政が信長と敵対する可能性があることは承知の上で「譲ってみて初めて見えるものがある」と行方を見守るつもり。

光秀は孫四郎から高政排斥のため協力要請されたが、即座に断り、光安もこれに同意。

すると孫四郎はブチギレして城を去っていった。

 

斎藤孫四郎龍重(長谷川淳)

 

出典:https://www.instagram.com/

 

 

その後、光秀は高政に呼び出されて城に行くと、高政は孫四郎が明智城へ行ったこと、黒幕が帰蝶であること、光秀が協力を断ったことを知っていた。

そして高政は光秀に尾張に行って帰蝶に「いらんことするな」と釘を刺してこいと言う。

今まで道三のムチャぶりには悉く応じてきた光秀。

でも、この高政の命令にはすんなりとは従わず、なぜか道三に相談しに行ってしまう。

「家督継承は高政の考えを認めて行ったこと?信長との関係をどうするつもり?すすむべき道筋がはっきりと決まってるの?」と光秀。

すると道三は「そもそも道筋などない。自分も定まった道を歩いてきていない。ただ無我夢中で乱世を渡ってきた。高政もそうするほかないのだ。力があれば生き残り、力が無ければ道は途切れる。帰蝶も信長も孫四郎もみんな同じこと」と返す。

戦国時代の申し子のド正論の回答、ぐうの音も出ん。見事。これぞ道三。カッコイイ。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

一方、尾張。

清須の尾張守護・斯波義統が織田彦五郎の家老・坂井大膳に殺害される事件が発生し、その子が信長に助けを求める。

信長は織田彦五郎を討つことを約束しましたが、何とも言えない不敵な表情を浮かべてました。

どんどん狂気性を増してきてます。

何をするのかと思っていると、ここで活躍するのが帰蝶。

またお前か(笑)

帰蝶は信長の叔父・織田信光(木下ほうか)の元に行き、織田彦五郎暗殺を企てる。

というか、完全にそそのかしてる(笑)。

「(碁を)打てばいい → (彦五郎を)討てばいい」と聞こえるような言い方。

万一、失敗したら「え?そんなこといいましたっけ?」で逃れるつもりなのかな?

したたかやな~帰蝶。

怖すぎまっせ。親子そろって人を殺すことにためらいなさすぎ。

戦国時代だからしょうがないけど。

そして信光は織田彦五郎に味方すると見せかけ、招かれた城内で織田彦五郎を殺害。

これで信長の尾張統一が一気に加速していくこととなった。

 

織田信光(木下ほうか)

織田彦五郎信友

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

さて、信長の尾張統一が見えたことで危機感を覚えたのが高政。

稲葉良通から「このままでは孫四郎が信長の支援を受けて稲葉山城を取りにくるかもしれない」と助言され、孫四郎の暗殺を計画する。

道三の子供って正室(小見の方)の子は孫四郎ですからね。

いくら道三が深芳野を気に入ってたとしても、高政は側室の子。

ここらへんの家督継承権の争いって微妙ですね。

織田家は信広という兄がいながらも、正室の子である信長に家督を譲ってますし。

跡継ぎである「嫡男」という定義がよくわかんないな~。

やがて高政の孫四郎暗殺計画は実行に移されると道三はブチギレ。

高政許さんぞ~みたいな雰囲気ですけど、あんた「力があれば生き残り、力が無ければ道は途切れる。帰蝶も信長も孫四郎もみんな同じこと」って言ったばっかりやん!

思いっきりブーメランで返って来てますよ(笑)

だいたい帰蝶も含め、あんたら斎藤一族は暗殺しすぎでしょうが。

因果応報でっせ。コレは。

 

→正室・小見の方(片岡京子)

→側室・深芳野(南果歩)

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

次回・大河ドラマ麒麟がくる第16話

「大きな国」あらすじと期待度

大河ドラマ「麒麟がくる」第16話「大きな国」あらすじ

麒麟がくる第41話~第47話(最終回)までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第36話~第40話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第31話~第35話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第26話~第30話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第21話~第25話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第16話~第20話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第11話~第15話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第 6話~第10話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第 1話~第 5話までのあらすじ、期待度まとめ

 

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」あらすじ関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじや登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ 感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

 

-麒麟がくる感想

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麒麟がくる感想【第18話】潔癖症?朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に注目!信勝暗殺事件も描かれた第18話

大河ドラマ麒麟がくる第18話 「越前へ」感想 関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」全話あらすじ・ネタバレ スポンサーリンク     潔癖症?朝倉義景が登場! 大河ドラマ麒麟がくる第1 …

麒麟がくる感想【第13話】帰蝶、道三の謀略戦!頼芸、高政の精神力がもろすぎる第13話

大河ドラマ麒麟がくる第13話 「帰蝶のはかりごと」感想 関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第13話あらすじ 大河ドラマ「麒麟がくる」全話あらすじ・ネタバレ スポンサーリンク     …

麒麟がくる【織田彦五郎信友】清須城で信秀、信長の邪魔をした守護代「織田大和守家」の当主。

大河ドラマ麒麟がくる 織田彦五郎信友 大河ドラマ「麒麟がくる」で織田信秀、信長親子を嫌い、最も苦しめた人物として登場するのが「織田彦五郎信友」という人物です。 ドラマの序盤では、たびたび織田信秀、信長 …

麒麟がくる感想【第11話】何でもかんでも光秀頼み!織田と今川の戦を将軍が止める第11話

大河ドラマ麒麟がくる感想 【第11話】将軍の涙 関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第11話あらすじ 大河ドラマ「麒麟がくる」全話あらすじ・ネタバレ スポンサーリンク   何でもかんでも光秀頼 …

麒麟がくる感想【第9話】菊丸の正体は?妻木煕子と光秀、帰蝶と信長がイイ感じに?

大河ドラマ麒麟がくる感想 【第9話】信長の失敗 関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第9話あらすじ 大河ドラマ「麒麟がくる」第9話ネタバレ補足記事 大河ドラマ「麒麟がくる」全話あらすじ・ネタバレ スポン …

スポンサーリンク