麒麟がくる|斎藤孫四郎龍重(長谷川純)斎藤家の家督を狙った道三の次男

   

大河ドラマ麒麟がくる
斎藤孫四郎龍重

大河ドラマ「麒麟がくる」では本木雅弘演じる斎藤利政(道三)が手の込んだ策略で美濃国を陥れ、身内である長男・高政(義龍)にも痛烈な言葉を浴びせるなど、血も涙もないような冷徹な男として存在感を示しています。しかし、そんな道三には高政の他にも「斎藤孫四郎(龍重)」と「斎藤喜平次(龍定)」という子がおり、この二人を大変可愛がっていたという話が残っています。この記事では道三の寵愛を受け、大河ドラマ「麒麟がくる」では姉の帰蝶が斎藤家の跡継ぎに推していた「斎藤孫四郎(龍重)」について簡単に紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

斎藤孫四郎龍重(?~1554)

斎藤孫四郎は美濃を実質支配していた斎藤道三の次男として生まれました。

母は道三の愛妾だった深芳野、または正室の小見の方の両方の説があります。

生年は分かっていませんが、兄には斎藤高政(義龍)、弟には斎藤喜平次(龍定)がおり、三兄弟は父と共に稲葉山城に住んでいたといいます。

やがて孫四郎は元服して「龍重」を名乗りましたが、この頃になると道三と高政の対立が深まっていました。

このことにより、父から寵愛を受けていた孫四郎は「左京亮」を名乗らされ、斎藤家中でも跡継ぎ候補として存在感を示すようになりました。

その後の孫四郎は、同じく父からの寵愛を受けていた弟・喜平次とともに調子に乗って奢り高ぶり、しだいに兄をも侮るようになっていったといいます。

 

天文23年(1554)の道三の隠居時、斎藤家の家督は兄・高政が継ぐことになりました。

しかし、道三は高政よりも孫四郎や喜平次らを偏愛していたため、高政の廃嫡を考え始めました。

一方、高政も自身が廃嫡されること考え、先手を打って弟たちの殺害を計画していきます。

そして弘治元年(1555)、孫四郎と喜平次は病を装った高政に呼び出され、酒に酔ったところを日根野備中守弘就によって殺害されました。

この事件により、道三と高政は完全に不和となり、長良川の戦いで親子が激突することになっていきます。

 

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

 - 麒麟がくる関連