日本の神様・神話 【2代綏靖天皇】カムヌナカワミミ・タギシミミ

      2016/12/22

日本の神様 日本神話
【2代天皇 綏靖天皇】

日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、神武東征によって大和に政権が誕生し、歴代天皇とその周りの人物が物語の主役となっていきます。

初代神武天皇は、九州日向の地から東征を開始し、大和に政権を確立することになりましたが、その後継者間で皇位をめぐる権力闘争が勃発します。

今回は、神武天皇の子と後継者争い、2代綏靖天皇について説明します。

スポンサーリンク

神武天皇の子

神武天皇には、東征開始前の日向にいたころ、薩摩の阿多隼人という豪族の家系の阿比良比売(別称:吾平津媛 アヒラヒメ)を妻にしていました。

このアヒラヒメとの間に、多芸志美美命(タギシミミ)岐須美美命(キスミミ)の二人の子供が生まれています。

日向の地を離れ、神武天皇は大和で政治を行うために正式な后を探し、これに応えた大久米命(オオクメ)が一人の乙女を推します。

比売多多良伊須気余理比売(別称:媛蹈鞴五十鈴媛命 ヒメタタライスケヨリヒメ 以下、イスケヨリヒメ)です。

昔、三輪の大物主神(オオモノヌシ)勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)という娘を見初めて赤い矢に変身して近づきました。

セヤダタラヒメがこの矢を拾って床のそばに置くと若者に変わり、二人は結婚しました。この二人の子がイスケヨリヒメです。

神武天皇はこのイスケヨリヒメを皇后とし、日子八井命(別称:彦八井耳命 ヒコヤイ)神八井耳命(カムヤイミミ)神沼河耳命(カムヌナカワミミ)の三人の皇子をもうけました。

オオモノヌシ大国主命(オオクニヌシ)の幸御魂、奇御魂であることから、この結婚は天津神系統と、国津神系統がここで一つになることを示しています。

天津神と国津神について↓

日本の神様・神話 【天津神と国津神】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【天津神と国津神】 古代日本人は、天の上のはるかかなたに高天原(タカマガハラ)という神々の住む世界を作り、人間が住む世界を葦原中国(アシハ


大物主神(大物主命)について↓

日本の神様・神話 【大国主命②】オオクニヌシ・スクナビコ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命②】 さて、2回に亘り紹介している大国主命(オオクニヌシ)ですが、前回までは、兄神たち八十神(ヤソガミ)に何回も殺され

神武天皇の死と権力闘争

神武天皇が137歳で死去すると、子供たちの間で権力闘争が勃発します。

日向で生まれた最年長タギシミミは、父の皇后であった義母のイスケヨリヒメを妻にして権力を掌握しようとする。

イヤイヤの結婚かな

さらに、イスケヨリヒメの3人の子、腹違いの兄弟を殺害しようと企みます。

この企みに気づいたイスケヨリヒメは、自分の子供たちに歌で危険を知らせました。

驚いた子供たちは、タギシミミを排除すべく立ち上がります。

まず、次兄カムヤイミミが武器を手にして殺害を試みるも、本人を前にすると手足が震えてできませんでした。

かわって末弟カムヌナカワミミが武器をとり、タギシミミの命を絶ちます。

長男は無関心?

何もできなかった次兄カムヤイミミは、弟の勇気に敬服し神武天皇の後継にカムヌナカワミミを立てることにしました。

こうしてカムヌナカワミミは2代目の天皇、綏靖天皇が誕生しました。

そして、綏靖天皇は皇后に叔母にあたる母の妹、五十鈴依媛(イスズヨリヒメ)を選び、磯城津彦玉手看天皇(シキツヒコタマテミノスメラミコト)が生まれます。

この子が第3代安寧天皇になります。

スポンサーリンク

おわりに

ちょいちょい神様の話も挟んできますが、ここらへんまでくると日本神話、日本の神々の話ではなくて、完全に人間の権力争いの話になっています。

権力を欲しなんでもする者、本番で震える者。

こんな古い時代でも人間の本質は現代と変わらないというのがよく分かりますし、そこが記紀の面白いところだと思います。

スポンサーリンク


日本の神様・神話 【天津神と国津神】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【天津神と国津神】 古代日本人は、天の上のはるかかなたに高天原(タカマガハラ)という神々の住む世界を作り、人間が住む世界を葦原中国(アシハ

日本の神様・神話 【国産み神産み】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【国産み 神産み】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は「国産み」、「神産み」の神様として描かれてます。

日本の神様・神話 【伊邪那美の死】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【伊邪那美の汚物から生まれた神】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は実にたくさんの神様を産んでいます。

日本の神様・神話 【岩戸隠れ】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【岩戸隠れ(天岩屋戸・天岩戸)】 記紀神話では、伊勢神宮の内宮に祀られる太陽神の天照大御神(アマテラス)は高天原の総支配神であり、皇室の祖

日本の神様・神話 【須佐之男命①】スサノオ・アマテラス
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)①】 日本神話の中で、色々な神様が登場しますが人気ランキングでいけば、須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)は、間

日本の神様・神話 【須佐之男命②】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)②】 今回で2回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、前回までのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【須佐之男命③】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)③】 今回で3回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、これまでのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【大国主命①】オオクニヌシ・ヤソガミ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命①】 日本神話の中で色々な神様が登場し、現在、最も尊い神として君臨するのは伊勢神宮に祀られる太陽神、皇祖神の天照大御神

日本の神様・神話 【大国主命②】オオクニヌシ・スクナビコ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命②】 さて、2回に亘り紹介している大国主命(オオクニヌシ)ですが、前回までは、兄神たち八十神(ヤソガミ)に何回も殺され

日本の神様・神話 【国譲り①】アマテラス・オオクニヌシ
日本の神様 日本神話 【国譲り①】 葦原中国(地上世界)を大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、大いに発展することになったこの国は、このまま平和なまま時代

日本の神様・神話 【国譲り②】タケノミカヅチノオ
日本の神様 日本神話 【国譲り②】 大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、葦原中国(地上世界)は大いに発展していきますが、高天原(天上の世界)の天照大御神

日本の神様・神話 【2代綏靖天皇】カムヌナカワミミ・タギシミミ
日本の神様 日本神話 【2代天皇 綏靖天皇】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、神武東征によって大和に政権が誕生し、歴代天皇とその周りの人物が物語の

日本の神様・神話 【天孫の結婚】ニニギ・コノハナサクヤビメ
日本の神様 日本神話 【天津日高日子番能邇邇芸命の結婚】 日本神話の中で様々な神様が登場し、活躍する舞台も変わってきましたが、ここからは現在の我々が住む地上世界

日本の神様・神話 【海幸彦と山幸彦】ホオリ・オオワタツミ
日本の神様 日本神話 【海幸彦と山幸彦】 日本神話の中で様々な神様が登場し、「天孫降臨」によって舞台が我々が住む地上世界移り変わっていきます。 天照大御神

日本の神様・神話 【豊玉毘売の出産】トヨタマビメ
日本の神様 日本神話 【豊玉毘売の出産】 日本神話の中で様々な神様が登場し、高天原の神々の話から地上世界に舞台は移り変わり、天孫である天津日高日子番能邇邇芸命(

日本の神様・神話 【神武東征①】イツセ・イワレビコ
日本の神様 日本神話 【神武東征①】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、今回の主役は神武天皇になりま

日本の神様・神話 【神武東征②】イワレビコ・ニギハヤヒ
 日本の神様 日本神話 【神武東征②】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、前回に続いて主役は神武天皇

日本の神様・神話 【2代綏靖天皇】カムヌナカワミミ・タギシミミ
日本の神様 日本神話 【2代天皇 綏靖天皇】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、神武東征によって大和に政権が誕生し、歴代天皇とその周りの人物が物語の

日本の神様・神話 【欠史八代】綏靖天皇~開化天皇
日本の神様 日本神話 【欠史八代】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、初代神武天皇神武、2代綏靖天皇の即位以降、日本の神様・神話としての要素は圧倒的

 - 日本神話