日本の神様・神話 【豊玉毘売の出産】トヨタマビメ

      2016/12/22

日本の神様 日本神話
【豊玉毘売の出産】

日本神話の中で様々な神様が登場し、高天原の神々の話から地上世界に舞台は移り変わり、天孫である天津日高日子番能邇邇芸命(別称:天津彦火瓊瓊杵尊 アマツヒコヒコホニニギ 以下ニニギ)の子、山幸彦こと火遠理命(ホオリ)が、海神、大綿津見神(オオワタツミ)の娘、豊玉毘売(トヨタマビメ)と結婚して、兄である海幸彦こと火照命(ホデリ)を懲らしめて自分の家臣にしました。

今回は、その後の山幸彦トヨタマビメについて説明します。

スポンサーリンク

豊玉毘売の出産

山幸彦が海神オオワタツミ宮に釣針を探しに来た時、山幸彦と海神の娘トヨタマビメは出会い結婚しました。

そして3年間の暮らしの中でトヨタマビメは、子を宿しますが、すでに山幸彦は兄を懲らしめるために故郷に戻っていました。

トヨタマビメは「天の神の子を海では産めない」と、山幸彦の元にやってきて妊娠を告げます。

さっそく山幸彦トヨタマビメは、出産のために海辺に鵜の羽を葺いた産屋を作ります。

さぞかし嬉しかったんでしょう

しかし、この産屋が出来上がる前にトヨタマビメに陣痛が起こってしまい、産屋に籠ります。

ここで、トヨタマビメは夫の山幸彦に「産むときの姿は決して見てはいけない」と言い渡しました。

また出た。絶対見てはいけないシリーズ!

でも、山幸彦は約束を破り、覗いてしまいます。

はい。絶対見ます。

すると、産屋の中では巨大な和邇(読み:ワニ 意味:サメ)が体をくねらせていました。

vlcsnap-2012-09-19-17h25m16s28

出典:http://foritismansnumber.blogspot.jp/



そう、トヨタマビメの本体はサメだったのです。

本当の姿を夫に見られたことを恥じ、いたたまれなくなってトヨタマビメは子を産むと海の国へ帰ってしまいました。

育児放棄

絶対見てはいけないシリーズ第1弾↓

日本の神様・神話 【伊邪那美の死】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【伊邪那美の汚物から生まれた神】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は実にたくさんの神様を産んでいます。


スポンサーリンク

鵜葺草葺不合命

トヨタマビメが残した子の名は、鵜葺草葺不合命(別称:彦波差瀲武鸕鷀草葺不合尊、鸕鷀草葺不合尊 ウガヤフキアエズ)

トヨタマビメは、息子ウガヤフキアエズを育てるため、妹の玉依毘売(タマヨリビメ)を夫の元へ遣わします。

本体がサメの妹ですが

ウガヤフキアエズはすくすく成長して成人し、この叔母であり、乳母であるタマヨリビメと結婚します。

ハショリがえげつない

そして、ウガヤフキアエズタマヨリビメは4人の子供を授かり、そのうちの1人が神武天皇となる神倭伊波礼毘古命(別称:若御毛沼命、始馭天下之天皇 カムヤマトイワレビコ)である。

おわりに

ここまでくると、もはや神話というかおとぎ話というか・・・おとぎ話自体が、神話を元に作られているのかもしれないですけど、面白いところが盛りだくさんですわ。

まず、嫁の本体がサメ。

んで、見るなと言われたら、逆に絶対何かあるでしょと思い、見る定番パターン。

見ていいことなんか起こるわけないよ。現代の恋人の携帯と一緒です。

んで、育児放棄、サメの妹が育てることに関して山幸彦はノーコメント。

サメの妹なんだから、もうサメか、最悪、何らかの海産物でしょ。

119-1-20110629134052

出典:http://www.odawara-uokuni.jp/about/



最後には、叔母で育ての親である海産物と結婚する子。

そして産まれたのが神武天皇

独創的すぎる・・・野島伸司でも書けんね。

ちなみに、タマヨリとは人(神)の名前などの固有名詞ではなく、神霊が依りつく乙女(神に仕える巫女)という意味の普通名詞で使う言葉らしく、処女懐胎で神の子を宿したり、選ばれて神の妻になったりする女性を指すみたいです。

うん。どうでもいい(笑)

スポンサーリンク


日本の神様・神話 【天津神と国津神】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【天津神と国津神】 古代日本人は、天の上のはるかかなたに高天原(タカマガハラ)という神々の住む世界を作り、人間が住む世界を葦原中国(アシハ

日本の神様・神話 【国産み神産み】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【国産み 神産み】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は「国産み」、「神産み」の神様として描かれてます。

日本の神様・神話 【伊邪那美の死】イザナギ・イザナミ
日本の神様 日本神話 【伊邪那美の汚物から生まれた神】 記紀神話では、伊邪那岐命(イザナギ)、伊邪那美命(イザナミ)は実にたくさんの神様を産んでいます。

日本の神様・神話 【岩戸隠れ】アマテラス・スサノオ
日本の神様 日本神話 【岩戸隠れ(天岩屋戸・天岩戸)】 記紀神話では、伊勢神宮の内宮に祀られる太陽神の天照大御神(アマテラス)は高天原の総支配神であり、皇室の祖

日本の神様・神話 【須佐之男命①】スサノオ・アマテラス
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)①】 日本神話の中で、色々な神様が登場しますが人気ランキングでいけば、須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)は、間

日本の神様・神話 【須佐之男命②】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)②】 今回で2回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、前回までのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【須佐之男命③】スサノオ・クシナダヒメ
日本の神様 日本神話 【須佐之男命(素戔嗚尊)③】 今回で3回目となる須佐之男命(別称:素戔嗚尊 スサノオ)の話ですが、これまでのスサノオの話をザックリおさらい

日本の神様・神話 【大国主命①】オオクニヌシ・ヤソガミ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命①】 日本神話の中で色々な神様が登場し、現在、最も尊い神として君臨するのは伊勢神宮に祀られる太陽神、皇祖神の天照大御神

日本の神様・神話 【大国主命②】オオクニヌシ・スクナビコ
日本の神様 日本神話 【大国主命 大己貴命②】 さて、2回に亘り紹介している大国主命(オオクニヌシ)ですが、前回までは、兄神たち八十神(ヤソガミ)に何回も殺され

日本の神様・神話 【国譲り①】アマテラス・オオクニヌシ
日本の神様 日本神話 【国譲り①】 葦原中国(地上世界)を大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、大いに発展することになったこの国は、このまま平和なまま時代

日本の神様・神話 【国譲り②】タケノミカヅチノオ
日本の神様 日本神話 【国譲り②】 大国主命(オオクニヌシ)が治めるようになり、葦原中国(地上世界)は大いに発展していきますが、高天原(天上の世界)の天照大御神

日本の神様・神話 【豊玉毘売の出産】トヨタマビメ
日本の神様 日本神話 【豊玉毘売の出産】 日本神話の中で様々な神様が登場し、高天原の神々の話から地上世界に舞台は移り変わり、天孫である天津日高日子番能邇邇芸命(

日本の神様・神話 【天孫の結婚】ニニギ・コノハナサクヤビメ
日本の神様 日本神話 【天津日高日子番能邇邇芸命の結婚】 日本神話の中で様々な神様が登場し、活躍する舞台も変わってきましたが、ここからは現在の我々が住む地上世界

日本の神様・神話 【海幸彦と山幸彦】ホオリ・オオワタツミ
日本の神様 日本神話 【海幸彦と山幸彦】 日本神話の中で様々な神様が登場し、「天孫降臨」によって舞台が我々が住む地上世界移り変わっていきます。 天照大御神

日本の神様・神話 【豊玉毘売の出産】トヨタマビメ
日本の神様 日本神話 【豊玉毘売の出産】 日本神話の中で様々な神様が登場し、高天原の神々の話から地上世界に舞台は移り変わり、天孫である天津日高日子番能邇邇芸命(

日本の神様・神話 【神武東征①】イツセ・イワレビコ
日本の神様 日本神話 【神武東征①】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、今回の主役は神武天皇になりま

日本の神様・神話 【神武東征②】イワレビコ・ニギハヤヒ
 日本の神様 日本神話 【神武東征②】 日本神話の中で様々な神様が登場してきましたが、「天孫降臨」によって物語も神代から人代に変わり、前回に続いて主役は神武天皇

日本の神様・神話 【2代綏靖天皇】カムヌナカワミミ・タギシミミ
日本の神様 日本神話 【2代天皇 綏靖天皇】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、神武東征によって大和に政権が誕生し、歴代天皇とその周りの人物が物語の

日本の神様・神話 【欠史八代】綏靖天皇~開化天皇
日本の神様 日本神話 【欠史八代】 日本神話では、様々な神々が登場してきましたが、初代神武天皇神武、2代綏靖天皇の即位以降、日本の神様・神話としての要素は圧倒的

 - 日本神話