西郷どん(せごどん35話あらすじネタバレ)龍馬暗殺の犯人は西郷?武力討幕を掲げる吉之助が変貌した第35話

      2018/09/16

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)
第35話「戦の鬼」あらすじ

平成30年大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第35話「戦の鬼」のあらすじ・ネタバレについて書いていきます。

詳細なネタバレもあるので先の展開を知りたくない方は、【ネタバレ注意】は読まないほうがいいです。

たまに、私がところどころふざけてセリフや文章を考えて書いているところがありもすが、決して本編の大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」ではそのようなことはありもはん。

なお、放送後の感想については、別ページで書いていきますのでそちらもよろしくお願いします。

 

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

西郷どん(せごどん)
第35話「戦の鬼」
NHK公式 あらすじ

「大政奉還」を断行した慶喜(松田翔太)の裏側に龍馬(小栗旬)の手引きがあった。吉之助(鈴木亮平)は龍馬と討幕をめぐり決裂。そんな時、龍馬が惨殺される。薩摩藩邸に現れたお龍(水川あさみ)は、吉之助に「あんたが殺した!」と怒りをぶつける。弟・信吾(錦戸亮)も戦の鬼と化していく兄に戸惑い反発する。それでも吉之助は大久保(瑛太)とともに慶喜を排除するため「王政復古」のクーデターを決行する。

NHK公式サイト 大河ドラマ「西郷どん」第35話「戦の鬼」より抜粋

スポンサーリンク

西郷どん(せごどん)
第35話「戦の鬼」
あらすじ【ネタバレ注意】

この35話は詳細な内容、あらすじについては上記のNHK公式発表から読み取るしかありません。

しかし、この大河ドラマ西郷どん(せごどん)の原作となっている林真理子の「西郷どん」からある程度の内容、あらすじは分かっていますので下に紹介しておきます。

これまでも大河ドラマでは原作を異なった内容がかなり盛り込まれていますので【参考】という形の紹介ですが、かなり本編に近い内容となっていると自負しています。

 

西郷どん(せごどん)34話35話36話37話あらすじネタバレ!龍馬暗殺、大政奉還、江戸城無血開城、そして明治へ!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 34話35話36話37話 あらすじネタバレ 大河ドラマ西郷どん(せごどん)第34話からは、西郷吉之助が幕末、明治維新の流れに翻弄される

西郷どん(せごどん)35話あらすじネタバレ関連記事「龍馬暗殺とお龍のその後」「大政奉還と王政復古」についての記事で35話を深く知ろう!
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第35話 あらすじ・ネタバレ・関連記事 ここでは、より大河ドラマ西郷どん(せごどん)を楽しんでもらうため、西郷どん(せごどん)第35話

 

龍馬暗殺「近江屋事件」とは

水川あさみが演じる坂本龍馬の妻「お龍」前半生

龍馬暗殺後の「お龍のその後」とは

世直しを求めた民衆の狂乱「ええじゃないか」とは

討幕派が仕組んだ偽勅?「討幕の密勅」とは

討幕派によるクーデター王政復古の大号令とは

慶喜の辞官納地を決めた「小御所会議」とは

慶喜を追い詰める「辞官納地」とは

 

スポンサーリンク

次回 西郷どん(せごどん)第36話「慶喜の首」あらすじ↓

大河ドラマ「西郷どん」第36話「慶喜の首」あらすじ

西郷どん(せごどん)
放送後の感想について

放送後に別ページにまとめています。

大河ドラマ「西郷どん」第35話【感想】

スポンサーリンク

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話のあらすじ・ネタ

スポンサーリンク

 - 西郷どんあらすじ