西郷どん関連

【ええじゃないか】西郷どん(せごどん)幕末に世直しを求めた民衆の狂乱騒ぎと伊勢神宮「おかげ参り」との違いとは

投稿日:

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
ええじゃないか

大河ドラマ西郷どん(せごどん)で西郷吉之助たちの討幕が佳境を迎える頃、京都では「ええじゃないか」という民衆の狂乱騒ぎが発生していました。

世直しを求めたこの「ええじゃないか」の騒ぎに、おそらく吉之助は民衆たちが「早く世の中を変えてくれ!」と言っているように聞こえたことでしょう。

この「ええじゃないか」の騒ぎは、爆発的な伊勢参りを生んだ「おかげ参り(お蔭参り)」と混同されることも多いですが、今回は「ええじゃないか」の説明と共に「おかげ参り(お蔭参り)」との違いについても簡単に紹介します。

 

 

出典:http://www.city.osaka.lg.jp/

スポンサーリンク

 

ええじゃないか

「ええじゃないか」は、幕末の慶応3年(1867)8月~12月にかけて、「天から御札が降ってくる、これはめでたいことが起こる前触れだ」と信じ、民衆が仮装するなどして「ええじゃないか」等を連呼しながら町々で熱狂的に踊った騒動のこと。

近畿、四国、東海地方などで踊られたもので、伊勢神宮の御札が降る『おかげ参り(お蔭参り)』(後述)と違い、「ええじゃないか」の御札は地域で信仰された社寺の御札が降って、町全体で祀られ祭事が行われた。

なぜ、この「ええじゃないか」が発生したのか、どんな目的があったのかは分かっていないが、一般的には幕末の不穏な情勢の中、世直しを訴える民衆運動であったとされている。

また、明治維新直前の騒動だったため、倒幕派が幕府の目をそらさせるよう『おかげ参り(お蔭参り)』を利用して混乱を誘った作戦だったという説もある。

岩倉具視は、京でも8月下旬に神符がまかれて「ええじゃないか」が発生し、12月9日の「王政復古の大号令」の日まで続いたと記している。

「ええじゃないか」の歌詞は各地で異なり、性的な言葉を含めたもの、政治情勢を語るものががあったが、基本的には「今年は世直りええじゃないか」のような世直しを強調したものが多かった。

近畿や四国では「ええじゃないか」の掛け声で踊られたが、東海地方では掛け声はなく、御札が降ることだけが共通していた。

 

出典:http://eiga-chirashi.jp/

 

スポンサーリンク

 

おかげ参り(お蔭参り)

「おかげ参り」は、お札が降るなど噂をきっかけにして庶民が奉公先から抜け出して、伊勢参りに出かける人が急増した現象のこと。

江戸時代の元和3年(1617)から約60年周期で繰り返し自然発生し、3ヶ月月~5ヶ月ほど沈静化した。

明和8年(1771)の「おかげ参り」の記録では300~400万人、文政13年(1830)は3ヶ月で約500万人が伊勢に殺到したという。

当時の日本の人口は約2700万人であり、およそ国民の18.5%が短い間に伊勢神宮を訪れたことになる。

ちなみに伊勢神宮の最大年間参拝者数は、20年周期で行われる式年遷宮があった平成25年の1,420万人であるが、このときの日本の人口は1億2729万人なので伊勢を訪れた国民は11%となる。

統計上で考えれば、江戸時代の国民全員が伊勢神宮を参拝するには「おかげ参り」を約1年5ヶ月続ければ達成できるが、現在では式年遷宮を毎年行っても9年の月日が必要となる。

車も電車もない江戸時代の「おかげ参り」は、これほどまでに異常な行動だった。

 

出典:http://hachi-style.jugem.jp/

 

スポンサーリンク

 

風流踊り

「ええじゃないか」との共通するものとして「風流踊り」というものもあります。

この「風流踊り」については、2017年大河ドラマ「おんな城主直虎」でも今川氏真がハマって楽しんでいます。過去の記事になりますが興味のある方はどうぞ↓

 

大河ドラマ直虎 風流踊り(ふりゅうおどり)とは?今川氏真が女装しハマった風流踊りは盆踊りの源流となる
大河ドラマ「おんな城主 直虎」 今川氏真がハマった「風流踊り」とは? 氏真「政次っ!お前も踊ろうぜっ!」 出典:https://www.instagr

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

スポンサーリンク

 

-西郷どん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【妙円寺詣り】西郷小吉(隆盛)も参加した島津義弘の関ケ原敵中突破を記念した伝統行事

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 【妙円寺詣り】 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第1話の中で、西郷小吉(隆盛)らの下加治屋町郷中と、らの尾田栄作らの平之郷中が一番乗りをかけて争いを繰り広げる「妙円寺詣 …

西郷どん(せごどん)【一君万民・草莽崛起(いっくんばんみん・そうもうくっき)】とは?吉田松陰らが唱えた尊王攘夷思想の根本

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 一君万民(いっくんばんみん) 草莽崛起(そうもうくっき) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、薩摩藩の有馬新七、長州藩の久坂玄瑞、土佐藩の吉村虎太郎ら尊王攘夷思想を持った …

木場伝内(こばでんない)と田中雄之介【西郷どん(せごどん)】奄美大島の島人を苦しめる薩摩藩士たち

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 木場伝内(こばでんない)と田中雄之介 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第18話「流人 菊池源吾」から奄美大島編がスタートし、西郷吉之助と島民たちの物語が繰り広げられます …

紀尾井坂の変|西郷どん|大久保利通暗殺!犯人は誰?動機は?新しき国を夢見た英雄の最期とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 紀尾井坂の変 西郷隆盛の最期をもって終了する大河ドラマ西郷どん(せごどん)。 西郷とは違う道を進むことを決め、西南戦争を鎮圧した大久保利通でしたが、翌年には志半ばであっ …

大村益次郎|西郷どん(せごどん)林家正蔵が軍神?火吹きダルマのあだ名を持つ幕末の大軍略家の生涯とは

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 大村益次郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で噺家・林家正蔵が演じるのが、長州藩士の大村益次郎。 西郷隆盛、坂本龍馬などと比べればマイナーな人物ですが、実はこの人、見た目 …

スポンサーリンク