西郷どん関連

ユタと里千代金(さとちよかね)【西郷どん(せごどん)】歌手・里アンナが演じる実在しないオリジナルキャラクターたち

投稿日:2018年5月11日 更新日:

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
ユタ・里千代金(さとちよかね)

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第18話「流人 菊池源吾」から奄美大島編がスタートし、魅力的で神秘的な女性たちが多く登場してきます。

その中で今回は、大河ドラマ西郷どん(せごどん)のオリジナルの人物である、秋山菜津子さんが演じるユタと、里アンナさんが演じる里千代金(さとちよかね)について簡単に紹介していきます。

 

 

出典:https://4travel.jp/

スポンサーリンク

 

 

ユタ

秋山菜津子さんが演じるのは、神様に仕える女性『ノロ』のユタ。

原作では、西郷が奄美大島にやってくる前にユタたち『ノロ』が海岸で神祭りを行い、村の女たちだけが神に捧げる酒や料理を持って見守っていました。

『ノロ』の神々への感謝と一年の願いを込めた唱えが終わると、オホリと呼ばれる浜送りが行われ、供え物を持って波打ち際まで進んで再び祈り、村の女たちは『ノロ』と酒や料理を楽しみます。

ここで『ノロ』の長老であるユタ(原作ではヲンニヤダロ)は「とぅま(愛加那)」に、「もうじきお前の夫がやってくる。海の向こうからね」と神のお告げを伝えています。

これが菊池源吾と名乗っていた西郷吉之助のことらしく、その後「とぅま(愛加那)」はユタの予言通りに結婚することになしました。

また、この『ノロ』の役割としては、成人した島の女性の手に魔除けのハジキ(刺青)を施すことも行っており、ユタも成人した「とぅま(愛加那)」の右手に、結婚後は左手にハジキを施しています。

原作では、ほとんど登場シーンはありませんが、不思議な力を持つユタは大河ドラマでは「とぅま(愛加那)」の良き相談相手となってアドバイスを行っていくと思われます。

 

とぅま(愛加那)がしている入れ墨「ハジキ」とは

 

 

出典:https://www.nhk.or.jp/

スポンサーリンク

 

里千代金(さとちよかね)

大河ドラマ西郷どん(せごどん)のテーマ曲で「アーアーアーアーアーアアー・・・・」と美声と聞かせてくれている奄美の歌姫・里アンナさんが演じるのは富堅の妻である里千代金。

里千代金は唄が上手な島の女性として登場しますが、実際の富堅が結婚していたのは乙千代金という女性らしく、里千代金は大河ドラマのオリジナルキャラクターです。

おそらく乙千代金の名前を里千代金と変えているのは、里アンナさんの名前を活かしているのかと。

ドラマの中で、この里千代金は義妹である「とぅま(愛加那)」と西郷の祝言の日に、美しい島唄を披露して式を盛り上げてくれますが、物語の中ではそこまで登場シーンは多くないと予想されます。

しかし、YouTubeで拝見する限り、素晴らしい歌声!大河ドラマでも里アンナさんの歌声には注目です。

 

 

出典:https://www.nhk.or.jp/

 

スポンサーリンク

 

大河ドラマ西郷どん(せごどん)【愛加那(とぅま)・富堅・龍佐民・ユタ・里千代金など】奄美大島の人物をまとめて紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 【愛加那(とぅま)・富堅・龍佐民・ユタ・里千代金など】 奄美大島の人物をまとめて紹介! 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、登場する人物
大河ドラマ西郷どん(せごどん)愛加那(あいかな)二階堂ふみが演じる島妻は失意の西郷を蘇らせた菊次郎を産んだ2番目の妻
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 愛加那(あいかな) 大河ドラマ西郷どんで、二階堂ふみが演じるのが奄美大島へ島流しされた西郷吉之助(隆盛)を懸命に支えた2番目の妻・愛加那
とぅま(愛加那)西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる奄美大島の島妻とのなれそめ、二人のラブラブ生活とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) とぅま(愛加那) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、二階堂ふみが演じるのが「とぅま」という奄美大島の女性。 この「とぅま」は、のちに西
ユタと里千代金(さとちよかね)【西郷どん(せごどん)】歌手・里アンナが演じる実在しないオリジナルキャラクターたち
大河ドラマ西郷どん(せごどん) ユタ・里千代金(さとちよかね) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第18話「流人 菊池源吾」から奄美大島編がスタートし、魅力的で神秘的な女
木場伝内(こばでんない)と田中雄之介【西郷どん(せごどん)】奄美大島の島人を苦しめる薩摩藩士たち
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 木場伝内(こばでんない)と田中雄之介 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第18話「流人 菊池源吾」から奄美大島編がスタートし、西郷吉之助と
ケンムンとは?西郷どん(せごどん)で「愛加那(とぅま)」が子供たちを脅かした奄美大島の妖怪ケンムンの正体
大河ドラマ西郷どん(せごどん) ケンムン 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第18話「流人 菊池源吾」で紹介された「ケンムン」という物の怪。 奄美大島の子供たちは、奇妙
西郷どん(せごどん)西郷菊草(大山菊草)夫のDVに苦しんだ愛加那(とぅま)と西郷隆盛の一人娘の人生とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷菊草(大山菊草) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる「愛加那(とぅま)」と西郷が別れた後に生まれるのが西郷隆盛の一人
【西郷菊次郎】せごどんで愛加那(とぅま)との間に生まれた西郷隆盛の子供のその後とは?
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 西郷菊次郎 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で二階堂ふみが演じる「愛加那(とぅま)」と西郷の間に生まれた西郷菊次郎。 幸せな奄美大島での

スポンサーリンク

 

-西郷どん関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

大河ドラマ西郷どん(せごどん)お由羅と「お由羅騒動」呪いが薩摩藩お家騒動の原因か?赤山靱負や大久保父らが処分された大事件

大河ドラマ西郷どん(せごどん) お由羅と「お由羅騒動」 大河ドラマ西郷どんで、島津斉興の側室として登場する「お由羅」は個性的なキャラで、小柳ルミ子はまさにはまり役。 斉興と久光を溺愛し、斉彬を嫌う「お …

【薩長同盟】大河ドラマ西郷どん(せごどん)坂本龍馬の仲介で薩摩藩、長州藩の軍事同盟が成立!想定していた敵は?

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 薩長同盟 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第32話で成立する薩摩藩と長州藩の「薩長同盟」。 一橋慶喜との決裂以降、「倒幕」を考えるようになった西郷吉之助は大久保一蔵らと …

反射炉とは?西郷どん(せごどん)で島津斉彬が推進した集成館事業の目玉!軍艦や大砲を建造可能にした反射炉って何だ?

大河ドラマ西郷どん 反射炉とは 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、日本が欧米諸国に対抗するために島津斉彬が日本で先駆けて取り組んだ「集成館事業」。 その目玉というべきものが「反射炉」の建造です。 歴史 …

山城屋事件|西郷どん(せごどん)山縣有朋の汚職事件!闇に消えた陸軍の公金65万円

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」 山城屋事件 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第41話、大久保利通らが渡欧している間、留守を預かる後藤象二郎や江藤新平ら土佐、肥前の者たちは、政府の主導権を薩長出身者 …

西郷どん(せごどん)岩倉具視の手紙の宛先【二条斉敬】とは?孝明天皇から絶大な信頼を得た日本史上最後の関白

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 二条斉敬(にじょうなりゆき) 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第30話では、笑福亭鶴瓶が演じる岩倉具視が本格的に登場し、「倒幕」と目論む西郷吉之助らは朝廷から追放されて …