おもしろきこともなき世をおもぶろぐ

歴史大好き葦尊彦による世の中のしょうもないことを前向きになるべく面白く考えていこうというお話。

大河ドラマ「おんな城主直虎」簡単なあらすじ⑤【ネタバレ・感想あり】

      2017/02/08

はじめに

平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」について楽しんで見るため、井伊直虎に関する簡単な説明・あらすじについて書いていきます。

今回は大河ドラマで語られる終盤のあらすじや時代背景について簡単に説明します。

大河ドラマのネタバレもあるので展開を知りたくない方は、注意して下さい。

001_size6

出展:http://mantan-web.jp/


スポンサーリンク


⑨虎松の仕官と活躍

天正2年(1574年)、井伊直親の十三回忌のの際、南渓瑞聞は鳳来寺から14歳になった虎松を呼び寄せます。

成長した虎政の姿を見た直虎たちは、すぐに井伊家再興の行動を起こし始めます。

まず、南渓瑞聞は鳳来寺と交渉し、虎松を寺に返さないようにします。そして、実母・しのの再婚先である松下清景に養子として松下姓を名乗らせ、井伊谷ではなく浜松に住まわせて身の安全を確保しました。

これまでの井伊家の男子の悲劇から学習した直虎たちの、念には念を入れた感じがよく分かります。

家康の密偵として活躍していた松下清景の弟・常慶は、もともと南渓瑞聞と交流がありました。このため、松下兄弟に頼んで家康と対面できるよう取り計らいます。

このころ、武田信玄の死後おとなしくしていた武田軍が遠江国の高天神城を奪取しています。

天正3年(1575年)、直虎、虎松らは、家康の鷹狩りに合わせて道端で待ち受けます。

家康は、虎松の父・井伊直親がかつて自分と親しくしたために謀反の罪を着せられて殺されたことを哀れに思い、虎松をすぐさま召し抱えます。

この際、家康は虎松に松下姓から井伊姓に戻すよう命じ、自分の幼名・竹千代にちなんだ「万千代」の名前と300石を与えました。

万千代が家康の小姓となって間もなく、織田・徳川連合軍と武田軍が衝突する長篠の戦いが起こります。

織田・徳川軍は、武田軍を破りますが、出仕したての万千代は参陣はしていませんでした。

天正4年(1576年)、長篠で敗れた武田勝頼は、劣勢を挽回すべく高天神城で軍備を整え徳川軍と対峙します。

この時、陣営で就寝中の家康のもとに賊が侵入し、それに気づいた万千代が賊を斬り命を救いました。

結局、勝頼は戦を交えることなく甲府に戻りましたが、万千代は大手柄によって井伊谷領3000石に加増されます。

これでついに井伊家のもとに井伊谷が戻ってきました。

これまでの井伊家の苦難の日々を考えると、直虎たちの喜びようはそらすごかったでしょう。ちなみにこの時、直虎は約40歳ぐらい。アラフォーです。

スポンサーリンク

⑩直虎の死と直政の元服

万千代が拝領した井伊谷3000石は、井伊家当主である直虎が預かりました。

すでに、井伊家の主体は万千代になっていましたが、万千代が井伊家の家督相続、元服を拒んでいたからです。

万千代にとって、井伊家の苦難の時期を必死に耐えて存続させてきた直虎こそが、井伊家の当主であるべきと考えていました。

直虎が元気であるうちは、家督相続しないと決めた万千代は、結局22歳まで元服を見送ります

天正6年(1578年)、万千代は田中城攻めで武勲を挙げて、1万3000石に加増されます。

この年、直虎の母・祐椿が死去。ちなみに上杉謙信も死去。

天正7年(1579年)、徳川家康が織田家との同盟維持のため、正室・築山殿(瀬名)を殺害し、嫡男・信康を切腹させる。

直接、井伊家には関係ありませんが、築山殿の母・佐名は井伊直平の娘です。井伊家の呪いはまだ解けていないのかと思わせる事件です。

天正8年(1580年)、20歳になった万千代は、2万石に加増され、山奥に籠っていた井伊家の分家である奥山六左衛門朝忠や中野越中守三孝が家臣として戻ります。

ここまで女城主として井伊家の政務を取り仕切ってきた直虎は、万千代の成長を喜び、自分が男として生きる必要がなくなったことを実感しました。

直虎は、南渓瑞聞に願い出て、井伊家を継ぐものを意味する「次郎」の名の入った「次郎法師」ではなく、尼僧「祐圓」として出家しました。

このころから、祐圓は病気がちになってしまいます。

万千代の成長と共に、これまでの張りつめていたものが切れたのでしょう。

天正本能寺10年(1582年)、の変がおこり、織田信長が明智光秀に討たれる。

万千代は、信長の招きで上洛していた家康に付き添っており、堺から「伊賀越え」を経て、なんとか岡崎城に生還します。

この間も、祐圓は病床から万千代の無事を祈り続けていました。

帰還した万千代は、本能寺の変を好機と見た北条氏直と甲斐で対陣します。

この時、一族の苦難を乗り越え、井伊家に光を取り戻した大河ドラマの主人公・祐圓(井伊直虎)が死去。

万千代は、家康から北条家との和睦の使者に任命されていたため、直虎の死に目には会えませんでした。

しかし和睦交渉は康の娘・督姫が氏直に嫁ぐことで成立し、この功績で万千代は4万石に加増され、武田の遺臣たちと「赤備え」を組織します。

大河ドラマの主人公・井伊直虎は、万千代が元服し直政と名乗り、徳川四天王の一人に列するところは自分の目で見ることはできませんでしたが、万千代の華々しい活躍と井伊家の再興を実感しながら、ここで生涯を閉じます。

その後の簡単なあらすじ

大河ドラマ「おんな城主直虎」簡単なあらすじ⑥【ネタバレ・感想あり】
はじめに 平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」について楽しんで見るため、井伊直虎に関する簡単な説明・あらすじについて書いていきます。 既に大河ドラマの主人公・井


簡単なあらすじまとめ

大河ドラマ「おんな城主直虎」簡単なあらすじまとめ【ネタバレ・感想あり】
はじめに 平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」について楽しんで見るため、井伊直虎に関する簡単な説明・あらすじについてまとめています。 近年の戦国ゲーム人気で井伊


スポンサーリンク


大河ドラマ直虎 最終回あらすじ
大河ドラマ直虎 49話あらすじ
大河ドラマ直虎 48話あらすじ
大河ドラマ直虎 47話あらすじ
大河ドラマ直虎 46話あらすじ
大河ドラマ直虎 45話あらすじ
大河ドラマ直虎 44話あらすじ
大河ドラマ直虎 43話あらすじ
大河ドラマ直虎 42話あらすじ
大河ドラマ直虎 41話あらすじ
大河ドラマ直虎 40話あらすじ
大河ドラマ直虎 39話あらすじ
大河ドラマ直虎 38話あらすじ
大河ドラマ直虎 37話あらすじ
大河ドラマ直虎 36話あらすじ
大河ドラマ直虎 35話あらすじ
大河ドラマ直虎 34話あらすじ
大河ドラマ直虎 33話あらすじ
大河ドラマ直虎 32話あらすじ
大河ドラマ直虎 31話あらすじ
大河ドラマ直虎 30話あらすじ
大河ドラマ直虎 29話あらすじ
大河ドラマ直虎 28話あらすじ
大河ドラマ直虎 27話あらすじ
大河ドラマ直虎 26話あらすじ
大河ドラマ直虎 25話あらすじ
大河ドラマ直虎 24話あらすじ
大河ドラマ直虎 23話あらすじ
大河ドラマ直虎 22話あらすじ
大河ドラマ直虎 21話あらすじ
大河ドラマ直虎 20話あらすじ
大河ドラマ直虎 19話あらすじ
大河ドラマ直虎 18話あらすじ
大河ドラマ直虎 17話あらすじ
大河ドラマ直虎 16話あらすじ
大河ドラマ直虎 15話あらすじ
大河ドラマ直虎 14話あらすじ
大河ドラマ直虎 13話あらすじ
大河ドラマ直虎 12話あらすじ
大河ドラマ直虎 11話あらすじ
大河ドラマ直虎 10話あらすじ
大河ドラマ直虎 9話あらすじ
大河ドラマ直虎 8話あらすじ
大河ドラマ直虎 7話あらすじ
大河ドラマ直虎 6話あらすじ
大河ドラマ直虎 5話あらすじ
大河ドラマ直虎 4話あらすじ
大河ドラマ直虎 3話あらすじ
大河ドラマ直虎 2話あらすじ
大河ドラマ直虎 1話あらすじ

 - 直虎あらすじ