麒麟がくる【第4話】あらすじ・ネタバレ関連記事まとめ

      2020/02/09

大河ドラマ麒麟がくる【第4話】
あらすじ・ネタバレ・関連記事

大河ドラマ「麒麟がくる」第4話では、堺正章が演じるオリジナルキャラクター・望月東庵と本木雅弘が演じる斎藤利政(道三)の駆け引き、高橋克典が演じるちょっとお茶目な織田信秀、のちに徳川家康となる松平竹千代くんのかわいさが注目されるであろう回になっています。本編前に予習したい方、本編終了後に復習したい方はここで紹介する記事をご活用下さい。

第4話の本編あらすじは↓から。※ネタバレ注意!

大河ドラマ「麒麟がくる」第4話あらすじ

 

スポンサーリンク

 

織田信秀」と「小豆坂の戦い

大河ドラマ「麒麟がくる」の第4話では、遠江国と尾張国の間にある三河国で今川義元と「織田信秀」が激突するところからスタートします。

美濃への侵攻は斎藤利政(道三)の策にまんまとハマり、大敗北を喫した「織田信秀」ですが、今度の相手は『海道一の弓取り』といわれた今川義元。

戦の内容は本編で詳細に描かれることはありませんが、下の記事では、他国との戦にはめっぽう弱い「織田信秀」と、今回の戦「小豆坂の戦い」について紹介しています。

麒麟がくる|織田信秀(高橋克典)信長の父は超保守的な戦国大名?ライバル道三としのぎを削った尾張の虎の生涯
大河ドラマ「麒麟がくる」 織田信秀 大河ドラマ「麒麟がくる」で高橋克典が演じるのが戦国の風雲児・織田信長の父・織田信秀。 今回の「麒麟がくる」では、これまでイメージを
麒麟がくる|小豆坂の戦い[織田]対[今川+松平]三河の覇権をかけた重要な戦いにまたしても信秀が奇襲に敗れる!
大河ドラマ麒麟がくる 小豆坂の戦い 大河ドラマ「麒麟がくる」で斎藤利政(道三)の罠にかかって大敗した織田信秀は、一時美濃への侵略を中断して尾張の東に位置する三河への侵略

小見の方」と「望月東庵

大河ドラマ「麒麟がくる」の第4話では、明智光秀が京から連れてきた医師「望月東庵」のおかげで、斎藤利政(道三)の正室「小見の方」の病に明るい兆しが見えるようになります。

「小見の方」は登場以来、ずっと病床に臥していてさほど登場機会もありませんでしたが、下の記事では、深芳野の後に道三に嫁いで正室におさまった「小見の方」について紹介するとともに、この回で道三とヒリヒリするような駆け引きを繰り広げる医師「望月東庵」について紹介しています。

麒麟がくる|小見の方(片岡京子)帰蝶の母は深芳野を押しのけて道三の正室になった謎多き女性
大河ドラマ麒麟がくる 小見の方(おみのかた / こみのかた) 大河ドラマ「麒麟がくる」で片岡京子か演じるのが、のちに信長の正室となる帰蝶の母で、斎藤道三の正室である小見
麒麟がくる|望月東庵(堺正章)ギャンブル依存症の実在しない架空の人物
大河ドラマ麒麟がくる 望月東庵 大河ドラマ「麒麟がくる」で堺正章が演じるのが、望月東庵という医者。望月東庵は実在する人物ではなく、ドラマの中で作られた架空のオリジナルキ

於大の方」と「水野信元

大河ドラマ「麒麟がくる」の第4話では、尾張国に潜入した明智光秀と菊丸が、望月東庵の動向を探っていると、かわいい子供が声をかけてきます。

この子は名を松平竹千代といい、三河の松平氏の人質として織田氏が預かっている重要な子供でした。

ご存じのとおり、のちに徳川家康となるこの松平竹千代くん。三河から離れて寂しい思いをしていましたが、不幸中の幸いだったのが尾張国には実の母「於大の方」がいたことでです。

下の記事では、家康の母として数奇な運命を辿った「於大の方」と、その兄で尾張と三河の調整役として活躍した「水野信元」について紹介しています。

麒麟がくる|於大の方(松本若菜)水野家に生まれ、運命に翻弄された家康の母
大河ドラマ麒麟がくる 於大の方 大河ドラマ「麒麟がくる」では松平竹千代(のちの徳川家康)の母として松本若菜が演じる「於大の方」が登場します。この「於大の方」は、大河ドラ
麒麟がくる|水野信元(横田栄司)尾張と三河の調整役として権勢を誇った家康の伯父
大河ドラマ麒麟がくる 水野信元 大河ドラマ「麒麟がくる」では、松平竹千代(のちの徳川家康)の叔父である水野信元(横田栄司)が登場してきます。超有名な武将ではないものの、

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

 - 麒麟がくる関連