麒麟がくる感想

麒麟がくる感想【第17話】涙!神回?さらば道三。斎藤親子の愛憎劇と明智家の分散が描かれた第17話

投稿日:2020年5月10日 更新日:

大河ドラマ麒麟がくる第17話

「長良川の対決」感想

スポンサーリンク

 

道三死す!明智家は逃亡へ

大河ドラマ麒麟がくる第17話「長良川の対決」どうでしたか?

死んじゃいましたね~斎藤道三(本木雅弘)・・・

案外、アッサリと逝っちゃいましたので涙は出なかったんですが、その後の高政(伊藤英明)や明智家のシーンでここぞとばかりに泣いやりました(笑)。

これで美濃編終了なので寂しい限りですが、ほぼ明智光秀は脇役的な役割だったので、今後はやっと主人公らしい活躍が見られるかも。

それでは第17話感想とあらすじです。

 

道三と高政の戦いが始まり、尾張では織田信長(染谷将太)がソワソワしまくり。

一方、帰蝶(川口春奈)は諦めた顔で写経をしていたが、信長が居ても立ってもおられず「助ける!」と言って出て行くと、「皆、愚か者じゃ」と言って信長を見送った。

美濃の高政の陣では竹腰道鎮が一番槍申請が許可され、高政が二番槍として続いて早々に決着をつけることに決定。

道三側には最近までの仲間もいて、高政の顔を見れば降参する者も出ると踏んでいたからだった。

そして同時に「道三は生け捕り、信長は合流する前に叩く」ことも決まったが、高政は参陣していない光秀たち明智一族が道三側に寝返っていると分かり腹を立てていた。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

信長の道三救援の話はもう少し描かれるのかなと思ったけど、意外とこの場面ぐらいで終わってしまって残念。

高政は的確な指示で作戦も明瞭だし、なかなかの名将ぷりを発揮してました。

歴史では道三が高政のことを褒めたって言われてますけど、麒麟がくるではそのエピソードの採用はなし。

 

早朝、ついに斎藤親子の戦いが始まった頃、光秀は道三の陣に向かっていた。

戦況高政が自ら大軍を率いて戦場に出たことで勝敗が決定的となり、道三の陣は混乱。

そんな中、道三は馬で敵陣向かって走りだし、高政に一騎打ちを仕掛ける。

槍を交えつつ、道三は「己を偽り、人を欺く者」と高政を罵倒し、「父の名を申せ!」と何度も叫ぶ。

すると高政は「わが父は土岐頼芸様!土岐源氏の棟梁ぞ!」と言う。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

これを聞いて道三は「そなたの父はこの斎藤道三じゃ!成り上がりの道三じゃ!」と笑うと、高政は周りの者に討ち取るように命じた。

そして道三は串刺しとなり、高政は「親殺し」の汚名を背負うことになった。

この場面、道三は高政を憎みつつ、我が子としての愛情をそそいでいるようにも見えた。

そう考えると、最期は高政にしがみつき絶命したことは幸せだったのかもしれない。

高政は「道三にハメられた。これから俺は親殺しとして見られる」みたいなことを言ってましたが、自分でも本当は道三が父親だと分かっていたんでしょうね。

じゃないと、生け捕りを指示しないし、最期の時にあんな寂しそうな表情しないでしょ。

この長良川の戦いは、本当は甘えん坊の高政に訪れた壮大な反抗期だったのかも。

一方、これで大河ドラマ退場となる本木道三には、最後の最後まで惹きつけられた。

見事な演技、見事な最期だった。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

その後、光秀が戦地に到着。

高政に本当の父親を訪ねると「土岐頼芸様」と答えたため、光秀は「土岐様は立派な人ではなかった。お前には道三様が持っていた自分への誇りがない」など話し、今後の高政政権への協力を拒否する。

これまで散々土岐源氏の一門であることを誇りにしていきたのに、急に土岐氏をディスる光秀(笑)

「お前には誇りがない」って、幼い頃より一緒に学んで親友のような間柄であったにもかかわらず、光秀も何でこうなる前に忠告とかできなかったんだろうか?

将来の主君になると思っていたと光秀は語っていたんだから、いけないところはもっと早く言うべきでしょー。

急に呆れられても、高政も「はぁ?」ですよ(笑)

しかも、一回約束したのに高政を裏切ってるし。

親友を裏切るってヒドイよ。だから本能寺の変なんてできるのかもねー。

すいません。

高政がかわいそすぎて、光秀に怒りの矛先が向いちゃいましたww。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

その後、戦場から戻った光秀が明智城に入ると、光安から明智家の家督を譲られ、明智家存続のために逃亡するよう命じられた。

高政の軍勢は明智城に進軍しており、一刻の猶予も許されない事態。

光安との別れ、藤田伝吾(徳重聡)や民衆との別れ、母の牧のワガママなど感動的なシーンが続き、涙を誘う。

泣けるんですけど、「早う、逃げろよ!」とツッコミも入れたいぐらいそれぞれの別れのシーンが長かったです。

もしかすると、コロナの関係でもっと合戦シーンがあったにもかかわらず撮影ができないってことで、こちらの逃亡シーンが分厚くされたのかも。

不自然なぐらい、それぞれが別れのシーンを順番待ちしてましたもん(笑)

そういや合戦シーンも、序盤の織田家との戦より、兵の人数が圧倒的に少なかったような・・・。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

次回・大河ドラマ麒麟がくる第18話

「越前へ」あらすじと期待度

大河ドラマ「麒麟がくる」第18話以降のあらすじ予想

麒麟がくる第41話~第47話(最終回)までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第36話~第40話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第31話~第35話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第26話~第30話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第21話~第25話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第16話~第20話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第11話~第15話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第 6話~第10話までのあらすじ、期待度まとめ

麒麟がくる第 1話~第 5話までのあらすじ、期待度まとめ

 

スポンサーリンク

 

大河ドラマ「麒麟がくる」あらすじ関連記事

下の記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじや登場する人物、キャスト、ゆかりの場所などを紹介しています。本編の予習、復習にお使い下さい。

大河ドラマ【麒麟がくる】全話あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ(初回から最終回まで)
大河ドラマ「麒麟がくる」 全話あらすじ・ネタバレ 感想・期待度まとめ この記事では、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」全話のあらすじ・ネタバレと共に、各

2020大河ドラマ【麒麟がくる】人物・キャスト・関連記事|明智光秀の物語を予習、復習して楽しもう!
2020大河ドラマ「麒麟がくる」 人物・キャスト・関連記事 この記事では、大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する人物、本編にある背景など、史実をもとに紹介した関連記事、疑問

スポンサーリンク

 

-麒麟がくる感想

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麒麟がくる感想【第14話】染谷信長の覚醒に本木道三がベタ惚れした聖徳寺の会見

大河ドラマ麒麟がくる第14話 「聖徳寺の会見」感想 関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第14話あらすじ 大河ドラマ「麒麟がくる」全話あらすじ・ネタバレ スポンサーリンク     染 …

麒麟がくる【織田彦五郎信友】清須城で信秀、信長の邪魔をした守護代「織田大和守家」の当主。

大河ドラマ麒麟がくる 織田彦五郎信友 大河ドラマ「麒麟がくる」で織田信秀、信長親子を嫌い、最も苦しめた人物として登場するのが「織田彦五郎信友」という人物です。 ドラマの序盤では、たびたび織田信秀、信長 …

麒麟がくる感想【第2話】衝撃!道三の奇襲と暗殺!織田信秀と土岐頼純がマムシに食われた第2話

大河ドラマ麒麟がくる感想 第2話「道三の罠」 関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第2話「道三の罠」あらすじ 大河ドラマ「麒麟がくる」第2話ネタバレ補足記事 大河ドラマ「麒麟がくる」全話あらすじ・ネタバ …

麒麟がくる感想【第16話】道三の遺言?光秀に託した大きな国!斎藤親子の対決に悩む第16話

大河ドラマ麒麟がくる第16話 「大きな国」感想 関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第16話あらすじ 大河ドラマ「麒麟がくる」全話あらすじ・ネタバレ スポンサーリンク     光秀に …

麒麟がくる感想【第9話】菊丸の正体は?妻木煕子と光秀、帰蝶と信長がイイ感じに?

大河ドラマ麒麟がくる感想 【第9話】信長の失敗 関連記事 大河ドラマ「麒麟がくる」第9話あらすじ 大河ドラマ「麒麟がくる」第9話ネタバレ補足記事 大河ドラマ「麒麟がくる」全話あらすじ・ネタバレ スポン …

スポンサーリンク