西郷どん関連 その後

天璋院(篤姫)のその後|西郷どん(せごどん)明治維新後の篤姫はどうなった?最後まで徳川家のために生きたその後の人生とは

投稿日:2018年9月26日 更新日:

大河ドラマ西郷どん(せごどん)
天璋院(篤姫)のその後

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第36話で西郷吉之助と再会を果たした天璋院(篤姫)。

第37話では、天璋院(篤姫)が西郷吉之助と徳川家の始末について話し合います。

 

第37話の簡単なあらすじ

西郷吉之助は、天璋院(篤姫)がてっきり徳川慶喜の命乞いをするものだと思っていたが、天璋院(篤姫)から出た言葉は意外なものだった。

「慶喜殿の首ひとつで、この戦を終わらせておくれ」

天璋院(篤姫)は慶喜の命と自らが自決することで徳川家を救おうと考えていた。

このとき西郷吉之助は天璋院(篤姫)の願いを断り、あくまで徳川家を叩き潰すことを主張するが、その後、勝海舟との会談を経て江戸総攻撃は中止となる。

そして江戸城は新政府に明け渡されることとなり、天璋院(篤姫)は大奥をあとにすることとなった。

 

この記事では、江戸城を退去したあとの「天璋院(篤姫)のその後」について簡単に紹介していきます。

 

出典:https://www.instagram.com/

スポンサーリンク

 

 

天璋院(篤姫)のその後

天璋院(篤姫)は江戸城の引き渡しが決まったあと、混乱する奥女中たちに、徳川家の女主人として全員の行く先は自らが責任を持つと宣言し、大奥を立ち退いた。

大奥を出てからの天璋院(篤姫)は鹿児島には戻らず、東京千駄ヶ谷の徳川宗家邸で暮らしていた。

生活費は島津家からは一切貰おうとはでず、あくまで徳川の人間として振舞ったという。

その後、一橋邸をはじめ東京の各地を転々として、旧幕臣・勝海舟や静寛院宮(和宮)とも度々会っていた。

規律の厳しかった大奥とは違った自由気ままな生活を楽しんでいたという。

しかし、奥女中たちに宣言した通り、天璋院(篤姫)は自分の所持金を切り詰めてでも元大奥関係者の就職・縁組に奔走していた。

そのために自らの生活が困窮することがあったが、薩摩藩からの金銭援助を頑として断り、死後に確認された所持金は3円(現在の6万円ほど)しかなかったという。

また、徳川宗家16代・徳川家達に英才教育を受けさせ、最後の最後まで『徳川』の人間としての人生を貫いた。

明治16年(1883)に徳川宗家邸で脳溢血で倒れた天璋院(篤姫)は、意識が回復しないまま死去。享年49。

葬儀に集まった者は1万人にのぼったといい、天璋院(篤姫)は徳川将軍家の菩提寺である上野の寛永寺境内にあった夫・家定の墓の隣に埋葬された。

 

スポンサーリンク

 

西郷どん(せごどん)あらすじ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ【初回から最終回まで】
大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全話 あらすじ・ネタバレ・感想・期待度まとめ この記事では、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」全47話のあらすじ・

西郷どん(せごどん)記事まとめ

大河ドラマ西郷どん(せごどん)の【説明記事一覧】疑問に思った内容や人物を簡単に紹介!
大河ドラマ西郷どん(せごどん) 背景・関連記事・説明記事一覧 この記事では、大河ドラマ西郷どん(せごどん)の本編にある背景や、史実をもとに紹介した関連記事、疑問に思うワ

スポンサーリンク

 

-西郷どん関連, その後

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

田原坂(たばるざか)の戦い|西郷どん(せごどん)西南戦争の激戦地!熊本救援を目指す官軍を薩軍が迎え撃つ

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 田原坂の戦い 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第46話、西南戦争で一番の激戦となった「田原坂の戦い」が始まり、西郷軍の副司令官格・篠原国幹ほか、旧庄内藩の伴兼之、榊原政 …

横山安武|西郷どん(せごどん)政府へ抗議の切腹!西郷隆盛の心が震えた国を想う若者の死

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 横井安武 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第39話で、横井安武という一人の若い侍が登場します。 この横井安武は政府の政策に不満を持ち、鹿児島で農民のような生活を送る西郷 …

大河ドラマ西郷どん(せごどん)論語とは?名君・斉彬がすぐに改革をしなかった理由は、論語の『襲封(しゅうほう)して3年~』の一節から

大河ドラマ西郷どん なぜ、斉彬はすぐに改革しなかったのか? 論語『襲封(しゅうほう)して3年~』の意味 大河ドラマ西郷どんの第5話「相撲じゃ!相撲じゃ!」の冒頭、新藩主に就任した島津斉彬に対し、有村俊 …

反射炉とは?西郷どん(せごどん)で島津斉彬が推進した集成館事業の目玉!軍艦や大砲を建造可能にした反射炉って何だ?

大河ドラマ西郷どん 反射炉とは 大河ドラマ西郷どん(せごどん)で、日本が欧米諸国に対抗するために島津斉彬が日本で先駆けて取り組んだ「集成館事業」。 その目玉というべきものが「反射炉」の建造です。 歴史 …

【蛤門と乾門】大河ドラマ西郷どん(せごどん)の禁門の変で激戦地となった京都御所の門の名前の由来とは?

大河ドラマ西郷どん(せごどん) 蛤門と乾門 大河ドラマ西郷どん(せごどん)の第27話で勃発する禁門の変(蛤御門の変) 京に攻め入ってくる長州藩の暴発に、西郷吉之助率いる薩摩藩は戦闘を避け、当初は「乾門 …

スポンサーリンク